ニュース
» 2022年09月06日 13時00分 公開

機能集約で業務を効率化、スギノマシンが本社を移転へ工場ニュース

スギノマシンは、本社を富山県滑川市の早月事業所内に移転すると発表した。本社を移転し、早月事業所内に機能を集約することで、業務の効率化とイノベーションの活性化を推進する。

[長沢正博MONOist]

 スギノマシンは2022年8月25日、富山県滑川市の早月事業所内への本社移転を発表した。早月事業所内での業務は、同年10月3日に開始する予定。移転により機能を集約することで、業務の効率化とイノベーションの活性化を推進する。

早月事業所 早月事業所(富山県滑川市)[クリックで拡大] 出所:スギノマシン

 今回の移転により、本社と事業所の距離という隔たりがなくなるため、意思決定のスピードが速まる。また、本社の管理部門が、早月事業所内にある開発、技術、生産、営業部門に加わることから、コミュニケーションがより活発化する。

 1945年6月から77年間、富山県魚津市に本社を置く同社は、「切る、削る、洗う、磨く、砕く、解す」の6つの技術を核に、幅広い商品を世界中の各業界に向けて展開している。今後も、世界各国のユーザーや時代のニーズに迅速に対応し、高品質な商品を提供していくとしている。

⇒その他の「工場ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.