ニュース
» 2022年07月20日 11時56分 公開

産業用ロボットを実寸大でAR表示、設置シミュレーションサービス開始産業用ロボット

スギノマシンは、同社製産業用ロボットをAR表示して、最適な設置シミュレーションができるサービスを開始した。専用アプリケーションは不要で、スマートフォンやタブレットを利用して設置スペースや動きのイメージを確認できる。

[MONOist]

 スギノマシンは2022年6月30日、スマートフォンやタブレットを利用して、AR(拡張現実)で産業用ロボットの最適な設置をシミュレーションするサービスを開始した。

ロボットAR設置シミュレーション ロボットAR設置シミュレーション 出所:スギノマシン

 同社の産業用ロボット「CRb」シリーズを配置したい場所にAR表示するため、工場内や屋外などの作業現場で、実寸大で動く産業用ロボットの設置イメージを確認できる。利用時に専用アプリケーションのインストールは不要で、スマートフォンやタブレット端末で同社Webサイトの2次元バーコードを読み取り、ロボットAR設置シミュレーションのページにアクセスすれば利用できる。

 ARビューアーを起動後、スマートフォンやタブレットのカメラを動かして配置したい場所を認識させたら、自動で配置されたARを自由に動かし、設置イメージを確認する。ロボットの位置は、前後左右の移動や回転で調整できる。

 設置シミュレーションに対応するCRbシリーズは、独自構造の多関節ロボット。高い剛性と直進性を備え、ワークの搬送や脱着、加工に適している。垂直または水平な軸に取り付けたアームが開閉、旋回する仕組みで、アームがロボット本体の背面に飛び出さないため、省スペースでの設置に対応する。

産業用ロボット「CRb」シリーズ 産業用ロボット「CRb」シリーズ[クリックで拡大] 出所:スギノマシン

⇒その他の「産業用ロボット」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.