ニュース
» 2022年05月09日 10時00分 公開

2030年以降に機器/設備のIoT化がほぼ実現か、国内M2M市場予測発表製造マネジメントニュース

矢野経済研究所は、国内外のM2M市場の調査結果を発表した。製造や工場ではIoT型遠隔監視の導入が進み、2025年以降は中堅、準大手メーカーへの浸透が見込まれ、2030年以降にほぼ全ての製造機器、設備のIoT化が実現すると予測する。

[MONOist]

 矢野経済研究所は2022年4月21日、国内外のM2M(Machine to Machine、機器間通信)市場の調査結果を発表した。2025年度には2910億円規模になると予測する。

キャプション 国内M2M市場規模推移、予測[クリックで拡大] 出所:矢野経済研究所

 2020年度の国内M2M市場規模(事業者売上高ベース)は、前年度比1.4%増と微増推移だった。2021年度は前年度比2.8%増の2190億円になる見込み。両年度とも、新型コロナウイルス感染症の影響から、人手不足や遠隔リモートなどに対する需要増が追い風となったが、新規受注が低迷するなどして微増にとどまった。

 2022年度以降は、5G対応モジュールによる新たな需要喚起が期待される。また、大手通信キャリアが法人向けのIoT(モノのインターネット)、M2M志向を強めていることに加えて、MVNOへの参入促進と新サービス創出が奏功して、伸長率はやや鈍化するものの拡大基調は継続するとしている。

 製造や工場では、エネルギー設備などでIoT型遠隔監視が導入されており、大型、高額な生産機器や設備での普及も開始している。工場の新設や設備更新時には、IoT機能を組み込んだ機器、設備を導入する動きも見られる。

 そのため、2025年頃までは売上規模3000億円以上の大手メーカーが主導するが、以降は同500〜3000億円の中堅、準大手メーカーへの浸透が見込まれる。大手メーカーでの成功を前提とし、2030年以降にはほぼ全ての製造機器、設備のIoT化が実現すると予測。その結果、規模にかかわらず、ほとんどの製造業でIoT型遠隔監視システムの活用が可能になるとしている。

⇒その他の「製造マネジメントニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.