ニュース
» 2022年05月06日 07時00分 公開

三菱電機が中国共創センターを開設し、中国でのFAシステム事業を拡大FAニュース

三菱電機は、中国のMitsubishi Electric Automation(China)内に「中国共創センター」を開設し、FA製品のアプリケーション開発業務を開始した。中国でのアプリケーション開発体制を強化し、FAシステム事業の拡大を図る。

[MONOist]

 三菱電機は2022年4月1日、中国のMitsubishi Electric Automation(China)内に「中国共創センター」を開設し、FA製品のアプリケーション開発業務を開始した。中国でのアプリケーション開発体制を強化し、FAシステム事業の拡大を図る。

キャプション 「中国共創センター」が入居するMitsubishi Electric Automation(China) 出所:三菱電機

 Mitsubishi Electric Automationは、中国におけるFA製品販売会社。同社内に新たに開設する中国共創センターでは、主にシーケンサー、サーボ、表示器、インバーターを対象に、カスタム機能やモーションプログラム、画面カスタムなどFA製品のアプリケーション開発を手掛ける。

 サポート地域は中国国内で、2025年度にエンジニア100人の配置を計画している。個々のニーズに合わせたFA製品のアプリケーション開発や個別仕様に対応し、ユーザー満足度の向上とFAシステム事業の拡大を図る。

 三菱電機では、2023年度以降に、北米、欧州、インドなどでも共創センターの開設を予定している。2025年には、グローバルで200人以上のエンジニアの配置を計画しており、各国でFA製品のアプリケーション開発体制の強化を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.