デジタルツインを実現するCAEの真価
連載
» 2022年04月13日 10時00分 公開

実践! 密度法によるトポロジー最適化に挑戦してみようフリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(7)(2/6 ページ)

片持ちはりのトポロジー最適化:LISAの解析結果の読み込み(2)

 LISAの結果ファイルの読み込みが完了すると、図6のように表示されます。変数の意味は図7の通りです。

「LISA」の結果ファイルを読み込んだところ 図6 「LISA」の結果ファイルを読み込んだところ[クリックで拡大]
シートの変数の意味 図7 シートの変数の意味[クリックで拡大]

 図8は、LISAの結果ファイルを読み込んだ後のK列以降の内容です。そして、図9は変数の意味の続きです。

「LISA」の結果ファイルを読み込んだところ:K列以降 図8 「LISA」の結果ファイルを読み込んだところ:K列以降[クリックで拡大]
シートの変数の意味:K列以降 図9 シートの変数の意味:K列以降[クリックで拡大]

 M4セルは、体積減少目標aです。ここでは0.375[-]としておりますが、肉抜き後の体積を元の体積の0.375倍とすることを目標としています。この数値は希望の値にしてください。P4セルは最も重要なパラメータです。最小化する目的関数の値、つまり「物体全体に蓄えられる仕事量」で式1を計算しています。この量が小さくなることをモニターする必要があります。

式1 式1

 Q4セルは、連載第6回の式9のλの初期値です。第1世代のときだけ使用します。L11セル以降は、連載第6回の式6のDです。Dが1よりも大きいか/小さいかで、次の世代のρiを決定します。

 図10に、シートの1209行目と2480行目の近傍を示します。1209行目の近くには節点番号と節点座標のデータが入っています。一方、2480行目の付近には要素番号、要素を構成する節点番号、要素の中心座標が入っています。オリジナルアルゴリズムを作る際の情報としてください。

シートの情報 図10 シートの情報[クリックで拡大]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.