ニュース
» 2022年03月14日 07時00分 公開

半導体製造装置事業の強化に向け、新開発棟と新生産棟を建設工場ニュース

荏原製作所は、CMP装置をはじめとする装置事業の強化に向け、藤沢事業所に新開発棟を、熊本事業所に新生産棟を建設する。新棟の建設により、開発力と生産力を強化し、さらなる事業拡大を図る。

[MONOist]

 荏原製作所は2022年2月14日、CMP装置をはじめとする装置事業の強化に向け、藤沢事業所(神奈川県藤沢市)に新開発棟(仮称:V8棟)を、熊本事業所(熊本県玉名郡南関町)に新生産棟(仮称:K3棟)を建設すると発表した。新棟の建設により、開発力と生産力を強化し、さらなる事業拡大を図っていく。

 新開発棟の建築面積は約4300m2。開発エリアを拡充し、IoT(モノのインターネット)ネットワークによる開発を加速させる。開発には最先端の開発装置、検査装置、ユーティリティー環境を活用。顧客へのプロセス評価と提案力を強化する。着工は2022年10月、完成は2023年12月を予定している。

キャプション 開発棟完成予想イメージ 出所:荏原製作所

 新生産棟の建築面積は約1万4500m2。従来に比べて生産能力を1.5倍以上に拡大し、生産システムにはIoT技術を活用。DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進し、高効率生産ラインを確立する。着工は2023年7月、竣工は2024年6月を予定している。

キャプション 生産棟完成予想イメージ 出所:荏原製作所

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.