ニュース
» 2022年01月31日 11時00分 公開

「ThinkPad X1」が採用したFPGAとエッジAI向けソリューション組み込み採用事例

Lattice SemiconductorのFPGA「CrossLink-NX」とAI向けソフトウェアソリューション「Lattice sensAI」が、Lenovoの「ThinkPad X1」3製品に採用された。

[MONOist]

 Lattice Semiconductor(ラティスセミコンダクター)は2022年1月5日、同社のFPGA「CrossLink-NX」およびAI(人工知能)向けソフトウェアソリューション「Lattice sensAI」が、Lenovoの「ThinkPad X1」3製品に採用されたと発表した。

 CrossLink-NX FPGAは、低消費電力のFPGAと、28nmプロセスによるFD-SOI技術を組み合わせた「Lattice Nexus」プラットフォームをベースとしている。小型、低消費電力で、コンピューティングをはじめ、産業、車載、コンシューマーアプリケーション向けの組み込みビジョンやAIソリューションの開発に必要な性能を有する。

 Lattice sensAIは、エッジデバイス開発向けのAIおよびML(機械学習)ツールやIPコア、レファレンスデザイン、デモ、ハードウェアプラットフォーム、カスタム設計サービスなどを備える。視線によるPC操作のアシストや、のぞき見検知などを備えるMirametrixの「Glance」にも対応している。

キャプション AI向けソフトウェアソリューション「Lattice sensAI」のイメージ[クリックで拡大] 出所:Lattice Semiconductor

 両製品を採用したLenovoのThinkPad X1製品は、「X1 Carbon 10th Gen」「X1 Yoga 7th Gen」「X1 Nano 2nd Gen」の3種となっている。

 3製品の価格と利用開始時期は、X1 Carbon 10th Genが1639ドル、X1 Yoga 7th Genが1749ドルで、いずれも2022年3月から利用可能。X1 Nano 2nd Genは1659ドルで、同年4月から利用できる。

⇒その他の「組み込み採用事例」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.