ニュース
» 2022年01月12日 07時00分 公開

受光波形モニターをセンサー本体で表示できるレーザー変位センサーFAニュース

オプテックス・エフエーは、受光波形表示用の有機ELディスプレイを搭載したレーザー変位センサー「CD2H」シリーズを発表した。センサー本体で受光状態を簡単に確認でき、短時間で最適な設置角度や感度調整が可能になる。

[MONOist]

 オプテックス・エフエーは2021年12月20日、受光波形表示用の有機ELディスプレイを搭載したオールインワンレーザー変位センサー「CD2H」シリーズを発表した。標準価格は9万8000円(税別)で、2022年1月から販売を開始する。年間1万2000台の販売を目指す。

キャプション オールインワンレーザー変位センサー「CD2H」シリーズ[クリックで拡大] 出所:オプテックス・エフエー

 CD2Hシリーズは、視認性に優れた有機ELディスプレイを搭載しており、センサー本体でレーザー光の受光波形をモニタリングできる。従来のセンサーのように、専用ソフトウェアや別売りのコントローラーを使うことなく、受光状態を現場で確認し、短時間で最適な設置角度や感度調整が可能になる。

 測定値の表示は3種類の切り替えができ、内部温度や動作時間など多様な表示が可能だ。7つの表示言語に対応する。

キャプション センサー本体でレーザー光の受光波形をモニタリングできる[クリックで拡大] 出所:オプテックス・エフエー

 超高感度イメージセンサーATMOSにより、さまざまな材質において安定した測定ができる。サンプリング周期は従来比3.8倍高速の133.3マイクロ秒、分解能は0.1μm(30mmタイプ)など、優れた性能を備える。

 測定範囲が10mm、20mm、350mm、500mm、1000mmの5種類を用意しており、ワークの種類が多い場合でも段取り替えの手間を省ける。また、デジタル信号で上位のネットワークに接続する通信技術「IO-Link」に対応し、センサーレベルで生産現場の各種データを交換可能になるため、工場のスマート化にも寄与する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.