ニュース
» 2021年10月28日 09時30分 公開

正社員の平均副業月収は「約17万円」、東海が最も高く約23万円キャリアニュース

転職サービス「doda」が「地域別・最新の副業実態調査」の結果を発表した。月平均の副業収入は「約17万円」だった。月平均の副業収入が多い上位2地域は「東海」「北海道」で、「株/FX」をしている人が多い地域の順位と一致していた。

[MONOist]

 パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda(デューダ)」は2021年10月15日、「最新の副業実態調査(地域別)」の結果を発表した。

 同調査の対象者は、22〜59歳の正社員男女で、1万5000件の有効回答を得た。まず、現在勤めている会社で副業が認められているかを尋ねたところ、「認められている」と回答したのは全体の23.3%だった。一方、「禁止されている」は52.6%となり、半数以上は副業が禁止されていることが分かった。

 これを地域別に見ると、副業が「認められている」が最も多かった地域は「関東」(26.6%)で、次いで「九州、沖縄」(24.7%)、「関西」(22.9%)となっている。「禁止されている」が最も多かったのは「北海道」(56.5%)だった。

キャプション 勤めている会社では副業は認められているか[クリックで拡大] 出所:doda

 続いて、今、副業をしているかを尋ねたところ、「している」が8.0%、「していない」が74.2%、「検討中」が17.8%だった。

 「(副業を)している」と回答した人が最も多かった地域は「北信越」(9.7%)だった。次いで「関西」と「中国、四国」(同率8.6%)、「関東」(8.4%)となっている。

キャプション 今、副業をしているか[クリックで拡大] 出所:doda

 副業をしている人が最も多かった「北信越」の副業内容を具体的に見てみると、「サービス業(接客、販売)」の割合が1番高かった。

キャプション どのような副業をしているか 出所:doda

月平均の副業収入が高い地域は「東海」「北海道」「関東」

 次に「副業の月収」を尋ねたところ、全体の月平均副業収入は「約17万円」で、月に平均10万円以上稼ぐ人の割合は34.4%だった。地域別に見ると、月平均の副業収入が最も高かったのは「東海」で約23万円となっている。次いで「北海道」が約21万円、「関東」が約20万円となっている。

 「東海」「北海道」「関東」の月平均の副業収入が、他の地域よりも高い要因の1つとして、24時間取引でき、比較的大きなお金が動きやすい「株/FX」の副業をしている人が多いことが考えられる。「株/FX」をしている人の割合を見ると、1位「東海」(25.9%)、2位が「北海道」(25.6%)となっており、副業月収の1位、2位と一致していることから、「株/FX」をしている人が多い地域は副業月収も高い傾向にあると言えそうだ。

キャプション 副業の月収[クリックで拡大] 出所:doda

 「副業をやってよかった点」で最も多かったのは、「収入増」(77.5%)だった。「収入増」と回答した人が最も多かった地域は「東海」で、89.0%と平均をはるかに上回っている。

キャプション 副業をやってよかった点[クリックで拡大] 出所:doda

 名古屋国税局の発表によると、愛知、岐阜、三重、静岡の東海4県では2020年の雑所得が前年比で16.2%増加している。愛知をはじめ、東海には製造業が多い。製造業は新型コロナウイルス感染症の拡大によって、一時休業や残業時間が減少している業態の1つであり、働き方が変化したことで、副業や兼業をする人が増えたと考えられる。

 「副業をやっていて悪かった点」で最も多かったのは「プライベートの時間がなくなる」(41.7%)だった。次いで「心身の疲労が大きい」(36.1%)。地域別で見ても、「プライベートの時間がなくなる」と「心身の疲労が大きい」が多い傾向にあった。

キャプション 副業をやっていて悪かった点[クリックで拡大] 出所:doda

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.