特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2017年04月19日 08時00分 公開

IoT活用の「やりたい」に注力できる、「sakura.io」は月額料金60円製造業IoT(3/3 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2|3       

LoRaを使えば月額料金は20円以下に!?

 さくらインターネットでは、LTE以外の通信インフラとして、LPWA(Low Power Wide Area)ネットワークの1つであるLoRaの活用も検討してきた。今回のsakura.ioの正式発表に併せて、LoRa通信モジュール+ゲートウェイの検証プログラムへの参加募集を始める。検証プログラムの期間は2017年6月下旬〜10月で募集件数は最大10社となっている。

検証プログラムの概要参加条件、募集件数など LoRa通信モジュール+ゲートウェイの検証プログラムの概要(左)と参加条件、募集件数など(右)(クリックで拡大) 出典:さくらインターネット

 LoRaは、LTEに比べて消費電力が小さい一方で通信容量も小さいことを特徴としている。このため価格も抑えられる見込みだ。山口氏は「通信モジュールの単価で5000円以下、月額利用料金で20円以下を目標としている」と意気込む。

「sakura.io」のLora通信モジュールの価格と月額利用料金 「sakura.io」(クリックで拡大) 出典:さくらインターネット

「sakura.io」の開発パートナーも拡大へ

 会見では、sakura.ioの開発パートナーも登壇。通信モジュールの機能を含めたIoTデバイスのカスタム開発や製造委託に対応できるエイビットや、教材向けとなるIoTカーの販売を計画している共立電子産業、IoTデバイスに用い外装や成型品の設計や小ロット生産に対応するHARMONIQUA(ハーモニカ)などがsakura.ioとの連携をアピールした。

エイビット 開発部 担当部長の椚座淳介氏「sakura.io」のパートナーとしての役割 エイビット 開発部 担当部長の椚座淳介氏(左)と「sakura.io」のパートナーとしての役割(右)(クリックで拡大)
共立電子産業 取締役 営業部長の長者原亨氏「IchigoSAKURA IoTカー(仮)」 共立電子産業 取締役 営業部長の長者原亨氏(左)と教材としての展開を検討している「IchigoSAKURA IoTカー(仮)」。2017年5月ごろに約1万5000円での販売を検討している。会見では、IoTによる制御ができていることを示すために、動作中のIoTカーを大阪から遠隔で強制停止するデモを披露(右)(クリックで拡大)
HARMONIQUA CEOの松山亮祐氏IoTビジネスに立ちはだかる「量産の壁」を打ち破る HARMONIQUA CEOの松山亮祐氏(左)。IoTビジネスに立ちはだかる「量産の壁」を打ち破るべく「sakura.io」と連携していくという(右)(クリックで拡大)
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.