連載
» 2014年06月12日 11時00分 公開

充電インフラの整備には「BMW i8」みたいなカッコいい電気自動車が必要!今井優杏のエコカー☆進化論(11)(4/4 ページ)

[今井優杏,MONOist]
前のページへ 1|2|3|4       

あの質問を「i8」のデザインチーフに聞いてみた!

 そうそう、本題から外れますが、国際試乗会では普段、日本での新車発表の際などには来日することのない本国の技術責任者やデザイナーに会えるのも大きな歓びの1つです。

 今回は幸いにもデザインチーフであるBenoit Jacob(ブノワ・ヤコブ)氏とランチをご一緒することができました。いろいろなお話をしましたが、個人的にどうしても、ど〜しても聞きたかったことに回答を得たことを、ここで話ておかなければいけません。

 それは前回、当連載のi8の記事でも書かせていただいた「i8のテールランプ形状が洗車しにくそう……」という素朴なギモンについて(笑)。

「i8」のテールランプ 「i8」のテールランプ(クリックで拡大)

 や、待って引かないで! だって洗車ってカーライフですごく大事なコトでしょう?

 実はここにもさすがBMW! なお答えをいただいたのです。

 このリヤエンドのランプ周りのデザインは、ヤコブ氏が強いこだわりをもって制作したそうです。幾つもテストパーツを作り、洗車機で細部まで洗えるかどうか、きちんとテストを重ねたんだとか。

 「だから洗車機に入っても全く問題はありませんよ!」と笑って答えてくれたヤコブ氏に、「いや、でもこんな高いクルマ、洗車機に入れる人なんていないと思うんですけど、手洗いは面倒ですよね」と質問したら、「え、日本人って手でクルマ洗うの? ドイツはどんな高級車だってブ〜ンと洗車機で洗ってハイお終い! なんだけどな」とビックリされてしまいました。

「i8」について説明するBMWのブノワ・ヤコブ氏 「i8」について説明するBMWのブノワ・ヤコブ氏(一番左側の人物)

 意外なところで国民性論争に発展してしまいましたが、そんなわけでメンテナンス性も高いi8、公式に洗車機OKだそうです。日本上陸の折に、実際に洗車機に入るi8が見られるかどうかも含めて、導入が本当に楽しみですね!

プロフィール

photo

今井 優杏(いまい ゆうき)

レースクイーン、広告代理店勤務を経て自動車ジャーナリストに転向し、Webメディア、自動車専門誌に寄稿。そのかたわら、モータースポーツMCとしての肩書も持ち、サーキットや各種レース、自動車イベントなどでMCも務め、日本全国を飛び回る日々を送っている放浪系女子。自動二輪と自転車、両方の意味でのバイク好きでもある。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員、2013〜2014日本カーオブザイヤー選考委員。



前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.