• 関連の記事

「BMW」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「BMW」に関する情報が集まったページです。

ガチガチに固まった泥が…… 高圧洗浄機でみるみるきれいになるBMWに「素晴らしい」「本当によくやった」と称賛の声
同じクルマとは思えない。(2024/2/18)

外交官を狙った「Cozy Bear」の攻撃【後編】
「一般公開のメールアドレス」が危ない BMWでだます攻撃が広がる実態
サイバー犯罪集団Cozy Bearは、外交官を標的にした攻撃活動を実施している。Cozy Bearはどのようにして標的の狙いを定めているのか。要注意の国とは。(2024/1/22)

外交官を狙った「Cozy Bear」の攻撃【前編】
「BMWの格安中古車」はまさかの偽物だった? 外交官を狙った巧妙な手口
ロシアが侵攻したウクライナで働く外交官を標的にした攻撃活動が活発だ。攻撃者はロシア政府が絡むCozy Bearだ。高級車を餌にして、標的をわなに掛ける方法とは。(2024/1/15)

Hulu、BMWの車内モニターで視聴可能に
「Hulu」を運営するHJホールディングスは12日、BMWの車内モニターで「Hulu」の視聴が可能になると発表した。(2024/1/12)

ダイアモンド☆ユカイ、愛車を披露&ボディーの“ヒョウ柄カスタム”に自信 “ハイレベルやんちゃ”で「ロックな感じ」突き詰める
ユカイさんの愛車はBMW「3シリーズ」。(2023/12/8)

この頃、セキュリティ界隈で:
「AirTag」に車の盗難防止効果を期待、米警察が現地住民に無料配布 カナダではBMWを取り戻した例も
米首都ワシントンやニューヨーク市の警察が、車の盗難防止対策としてAppleの紛失防止タグ「AirTag」を住民に無料で配布している。米国では車の盗難が急増し、警察や自治体が対応を模索していた。(2023/11/24)

全世界の工場で「Rise with SAP」の利用も
BMWが基幹システムの大型刷新でまずMINI工場に「SAP S/4HANA」 その狙いとは?
BMWは自動車ブランド「MINI」の工場に「SAP S/4HANA」を導入した。この施策は同社の生産戦略「BMW iFACTORY」に基づくものだ。この戦略が目指す「自動車製造のデジタル化」とは。(2023/10/12)

高級車の魅力度ランキング 3位「ベンツ」、2位「BMW」、1位は?
顧客満足度調査を行うJ.D. パワー ジャパン(東京都港区)は「2023年日本自動車商品魅力度調査」を発表した。(2023/10/6)

CIO Dive:
BMWグループがAWSを採用 自動運転プラットフォームの進化を目指す
高級車メーカーのBMWグループは、新しい車両技術のエンジニアリングシステムなどをオンプレミスからクラウドに移行する。(2023/10/5)

サービス満足度が高い高級車 3位「BMW」、2位「ボルボ」、1位は?
顧客満足度調査を行うJ.D. パワー ジャパン(東京都港区)は、「2023年日本自動車サービス顧客満足度調査」を発表した。(2023/9/29)

設計やMBOM、EBOM削減などで生成AI活用が進む:
製造業の「生成AI」導入で2033年までに105億米ドルの収益増加と予測 ABI Research
ABI Researchは、BMW、Boeing、ByteLAKE、General MotorsなどのメーカーとOpen AIなどの製造ソフトウェアプロバイダーの協業が進んでおり、今後、製造業の主要4分野で生成AIの導入が進むと予測した。(2023/9/19)

高級車の顧客満足度ランキング 3位「BMW」、2位「ボルボ」、1位は?
顧客満足度調査を行うJ.D. パワー ジャパン(東京都港区)は「2023年日本自動車セールス顧客満足度調査」を発表した。(2023/9/6)

電動化:
燃料電池の触媒反応をモデル化、BMWやエアバスが量子コンピュータで
QuantinuumはエアバスやBMWグループとともに燃料電池の触媒の化学反応をテーマにハイブリッド量子古典ワークフローを開発した。(2023/8/8)

電動化:
北米で自動車メーカー7社で急速充電器を整備、少なくとも3万基設置
ホンダとBMW、GM(General Motors)、ヒョンデ、キア、メルセデス・ベンツ、ステランティスの7社は北米でEVの充電インフラを整備する合弁会社の設立に合意した。(2023/7/28)

組み込み採用事例:
BMWの次世代EVがバッテリーセルのコンタクティングシステムを採用
BMWグループの次世代電気自動車クラスに、Molexの「Volfinityセルコンタクティングシステム」が採用された。セル検知機能、セルのモニタリングおよびバランシング機能、温度測定機能を統合し、機能安全要件を満たす。(2023/7/14)

秋野暢子、新たな愛車“オープン仕様のBMW”を披露 まるで「AIスマホ」な新機能に苦戦中 「いやはやなんとも難しい〜」
かっこいい!(2023/5/22)

「House of Instagram Reels Day」レポート:
アディダス、BMW、集英社 先進企業は「リール広告」をどう活用しているのか?
「つながり」と「楽しみ」を両立させる「Instagramリール」は消費者との接点として無視できない存在だ。では広告媒体として、具体的にどのような訴求が可能なのか。最新の成功事例を基に活用のポイントを紹介する。(2023/5/17)

日刊MONOist月曜版 編集後記:
「BMWアイス事件」に対し、取り得る対応を考えてみる
避ける方法はあったのでしょうか。(2023/5/1)

電動化:
BMWがEV用バッテリーの生産拡大、セルコーティングラインが稼働
BMWは車載用バッテリーの生産を拡大する。(2023/2/6)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
「昔はよかった」に対するBMWとシュワちゃんからのメッセージ
確かに昔はよかった、でもこれからも「いい」と思えるようにしていく。(2023/1/11)

CES2023:
E Inkで32色に変わるクルマ、電界発光で音楽に合わせて光るクルマ
消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2023」において、BMWやフォルクスワーゲン(VW)がクルマの外観の自由度を高める技術を提案した。(2023/1/10)

オンリーワンの希少車が環境活動家の餌食に ウォーホル作「BMW M1アートカー」に小麦粉を撒き散らす暴挙 実行者は現場で取り押さえられる
なんということを。(2022/11/19)

フロントグリル、デケー! BMWの高級SUV「X7」一部改良して発売 シフトレバーも廃止に
お値段1339万円から。(2022/11/17)

モデルの古畑星夏、モンスター性能の鬼速BMW「M3 超限定車」ズドンとお買い上げ! 「しかもMT!」「笑顔とのギャップやばい」
す、すげークルマ買っちゃった……!(2022/10/31)

J.D. パワー ジャパン調べ:
高級車の魅力度ランキング 「BMW」「ベンツ」を抑えた1位は?
J.D. パワー ジャパンは、「J.D. パワー 2022年 日本自動車商品魅力度調査」の結果を発表した。「ブランドランキング」の総合1位は「レクサス」だった。(2022/10/21)

モビリティサービス:
AWSとBMWがクラウドベースの車両データプラットフォーム、処理能力3倍に
Amazon Web Services(AWS)とBMWグループは2022年10月18日、クラウドベースの車両データプラットフォームの開発で連携すると発表した。協業により、数百万台規模のコネクテッドカーのデータ配信と管理を簡素化するとともに、カスタマイズ可能なクラウドソフトウェアを開発する。(2022/10/20)

AWSと独BMWが連携 コネクテッドカー用データプラットフォーム開発
米Amazon Web Servicesと独BMWグループが共同で、コネクテッドカーのデータ管理用クラウドソフトウェアを開発する。(2022/10/18)

BMW「MINI」でギリギリを攻める! 「狭い場所で縦列駐車をキメるEV」ギネス世界記録が樹立
とんでもねぇドライブテクだな……!(2022/8/27)

電動化:
BMW「M」もゼロエミッションへ、4モーターの高性能EVで走行テスト
BMWのモータースポーツ部門であるBMW M(M社)は2022年8月17日、4モーターのハイパフォーマンスEV(電気自動車)のコンセプトカーで最初のテスト走行を実施したと発表した。4つの駆動用モーターとドライビングダイナミクスコントロールからなる四輪駆動システムによって、「前例のないレベルの性能と体験」(M社)を提供するという。(2022/8/19)

スピードワゴン井戸田、いきなりBMW「330ci カブリオレ」400万円現金で購入 「12年待ってやっと買えた!」エピソードがなぜかドラマチック
なぜか小沢さんが絡んでいた……!(2022/8/14)

刮目せよ、YMD! 「ホロライブ」6期生ラプラス・ダークネスを推したBMW痛車が超イケてる
さすラプ。(2022/7/10)

分散するデータを価値に変える
BMWの「データ管理」術とは? EVの走行データで新車投入をスピードアップ
BMWグループは全世界の拠点において一貫性のあるデータ管理を目指す。その一環で、同社はデータ管理とデータ分析の新たな仕組みを導入した。その具体的な内容とは。(2022/7/4)

6月15日から:
BMW、「2シリーズ アクティブツアラー」新型モデル発売
ビー・エム・ダブリューは、プレミアム・コンパクトSAT(スポーツ・アクティビティ・ツアラー)「BMW 2 シリーズ アクティブ ツアラー」の新型モデルを、6月15日から販売する。(2022/6/15)

量子コンピュータ:
BMWや日本製鉄が採用、最新の量子計算化学向けソフトウェアプラットフォーム
Quantinuumは、量子計算化学ソフトウェアプラットフォーム「InQuanto」を発表した。計算化学分野において、量子コンピュータの量子アルゴリズムを容易に活用できるようにする。(2022/6/9)

BMWとPasqalが協業:
自動車の設計に量子コンピューティングの適用を目指す
自動車メーカーのBMWと、量子コンピューティング技術の開発を手掛けるフランスの新興企業Pasqalは、協業の新たなフェーズに入った。その中で両社は、金属成形のアプリケーションモデルに対する量子計算アルゴリズムの適用性を分析することを目指す。(2022/5/30)

CAEニュース:
AnsysとBMWがADASや自動運転用のシミュレーションツールチェーンを共同開発
AnsysとBMWグループは、両社の協業を拡張し、先進運転支援システムと自動運転および自律走行機能の開発、検証を目指すと発表した。安全原則に基づいたエンドツーエンドのシミュレーションツールチェーンを共同開発する。(2022/5/27)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
ミニが6年連続の輸入車種ナンバー1に その人気の理由とカラクリ
BMWのMINI(ミニ)が6年連続の新車販売ナンバー1を獲得しました。そこには、いくつかの理由が考えられます。そして、その前提としてBMWミニが上位につけるカラクリが存在します。(2022/5/26)

電動化:
BMWが次世代リチウムイオン電池の試験生産、2022年秋から拠点が稼働
BMWグループは2022年5月23日、ドイツ・ミュンヘン郊外にセル生産コンピテンスセンター(CMCC)を2022年秋に開設すると発表した。(2022/5/24)

ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
危なかった……。(2022/5/23)

テーマは航空機 BMW「R nine T」をカスタムしたレトロフューチャーなバイク「ストーム」
パーツの各所はリベットで止められています。(2022/5/21)

米メタも協力:
エフエム東京とBMW Japan、VRでラジオ番組の生放送 EVの魅力発信
エフエム東京とBMW Japanが、VR(バーチャルリアリティ)を活用したラジオ番組を生放送する。エフエム東京としては新技術を活用した番組制作、BMWとしてはスポンサー企業として自社製EVの魅力を発信する狙いがある。(2022/4/29)

BMWが「HPE GreenLake edge-to-cloud」を採用 EVのデータ分析に活用
BMWグループは「HPE GreenLake edge-to-cloud」を採用した。世界中の拠点に分散し、膨大な量に上るデータを管理するプラットフォームとして期待を寄せる。(2022/4/18)

車載セキュリティ:
コネクテッドカーに採用されたデュアルeSIMソリューション
Giesecke+DevrientのデュアルeSIMソリューションが、BMW Groupの「BMW iX」「BMW i4」に採用された。2種のeSIMを搭載することで、ナビゲーションなど向けの通信と並行して、車内でプライベートなデジタルサービスを利用できる。(2022/4/15)

クルマの“スマホ化”何ができる? ドコモとBMW、「5G」「コンシューマeSIM」の新コネクテッドカーサービス開始
クルマも「5G」しれっと搭載、のようなイメージです。(2022/3/7)

車載情報機器:
BMWが「日本初」の5G対応コネクテッドカー、車両とスマホで電話番号を共有可能に
BMWの日本法人ビー・エム・ダブリューとNTTドコモは2022年3月1日、「iX」「i4」で5GとコンシューマーeSIMに対応したコネクテッドカーサービスの提供を開始したと発表した。NTTドコモによれば、5GとコンシューマーeSIMに対応した自動車向けのサービスは「日本初」だという。対応車種は今後順次拡大していく。(2022/3/2)

ドコモとBMW、5G対応のコネクテッドカーサービス開始 月額550円
ドコモとBMWがコネクテッドカーサービスの提供を始める。BMWはeSIMを搭載している。ドコモのeSIMとBMWのeSIMを同時に有効化する技術を使って両社のサービスを利用できる。(2022/3/1)

スパイダーマンっぽいシートもいいね BMW、アメコミ風ポップデザインのアートカー「THE 8 X JEFF KOONS」発表
限定99台の生産です。(2022/2/23)

車載ソフトウェア:
QNX技術をBMWにライセンス供与、次世代車載テクノロジーを共同開発へ
BlackBerryとBMWグループは、次世代自動車向け車載テクノロジーの共同開発における複数年契約を締結した。B(2022/1/19)

グラデーションにも対応 BMW、ボディーカラーが変化する「E Ink」採用コンセプトカー発表
ボディカラーを黒から白にチェンジすると省エネにも?(2022/1/10)

ソニー損保調べ:
新成人が「欲しい車」ランキング 3位はレクサス、2位はBMW、1位は?
ソニー損害保険は新成人(2001年4月2日〜02年4月1日生まれ)を対象に実施した「2022年 新成人のカーライフ意識調査」の結果を発表した。新成人が欲しい車とは?(2022/1/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。