• 関連の記事

「アパレル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アパレル」に関する情報が集まったページです。

バブルの34年前とは「時価総額」も様変わり、上位10社を比べる
22日の東京株式市場で、日経平均株価がバブル経済期の平成元年12月29日のの水準を超え、史上最高値を更新した。同日時点の企業の値段を示す時価総額をみると、トヨタ自動車が57兆4450億円で圧倒的首位に立ち、上位10社には製造業から通信、アパレルまで幅広い業種が入った。(2024/2/23)

スイーツ市場は横ばいなのに、シャトレーゼ「一人勝ち」のなぜ 不二家、コージーコーナーとの違い
近年横ばいが続く、菓子市場。その中で一人、気を吐くのがシャトレーゼだ。不二家や銀座コージーコーナーといった競合が苦しむ中、なぜ「一人勝ち」できるのか。(2024/2/22)

「京王百貨店 新宿店」3月にリニューアルが完了 どう変わる?
京王百貨店新宿店は、4・6・7階に11店舗を新規オープン、約30店舗をリニューアルオープンする。(2024/2/20)

“パチ好き”の藤田ニコル、ついにパチ台とコラボ 「エヴァ15」着た姿に「これ着て打ちにエヴァいきます」と反響
パチンコ屋がおしゃれに見える。(2024/2/16)

長濱ねる、“激シブ旧車”話題で饒舌さMAX 「背面の流線型!! 初期丸目!!」語る姿にファン「推せる」
魅力にハマっているもよう。(2024/2/14)

テクノロジーで変えるネット通販の返品問題【第4回】
顧客エクスペリエンス向上につながる返品処理 その実現方法とは
オンラインショッピングの普及と共に消費者による商品の返品行動が増加した。商品の発信元である小売業者にとっての改善策にはどのようなものがあるのか。(2024/2/13)

ニトリが「もうすぐ1000店舗」記念で約900アイテムのセール ソファ5000円引き、ダウンパンツ1000円引きなど
「もうすぐ世界で、ニトリグループ1,000店舗達成記念祭」を実施中です。(2024/2/9)

75店舗が出店:
東急プラザ原宿「ハラカド」4月オープン 特徴は?
東急不動産は、東急プラザ原宿「ハラカド」を4月17日に開業すると発表した。「多様な人々の感性を刺激する、新たな原宿カルチャーの創造・体験の場」として、個性的な75店舗が出店する。(2024/2/9)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
リベンジ消費やインバウンド復活だけじゃない 三陽商会、ワールド、オンワード アパレル各社の「V字回復」戦略
コロナ禍が落ち着きを見せ、大手アパレルが業績の回復を見せている。三陽商会・ワールド・オンワードホールディングスの3社に着目し、好調の要因を探る。(2024/2/9)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
レジ待ち不要、商品を「冷蔵庫にしまってくれる」?――Walmartの顧客体験はここまで進化する
「生成AIによる検索機能強化」「WalmartアプリでのAI活用」「ドローン配達」。Walmartが発表した、24年に行う顧客体験改善の取り組みを見てみましょう。(2024/2/9)

謎が謎を呼ぶ謎だらけのアパレルショップに行ったら、これからの“服の選び方”が変わる体験をしてしまった
問題、めっっっっっちゃムズい。(2024/2/9)

材料技術:
エプソンが香港の研究機関と協業、繊維再生の新技術を開発
セイコーエプソンは、香港に本社を構える香港繊維アパレル研究開発センターと、共同開発に関する契約を2024年1月18日に締結したと発表した。(2024/2/7)

ローソン、TOBのメリット享受できるか
KDDIは6日、コンビニ大手のローソンに株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。ローソンの株式50%を保有する三菱商事以外の一般株主から残り50%の株式を買い取る。(2024/2/6)

38歳アイドル、“ショップ店員”として情報番組に登場→年齢超越した姿に驚がくの声「全然見えへん」「20代じゃないんですか!?」
現役アイドルとしても活動。(2024/2/6)

テクノロジーで変えるネット通販の返品問題【第3回】
返品したら終わりじゃない――小売業者の苦悩を軽減するテクノロジーの力とは
インターネット通販における返品は小売企業にとって頭の痛い問題だ。返品件数を減らし、消費者の顧客満足度を高めるためには、テクノロジーをどう活用すればよいのかを検討する。(2024/2/6)

材料技術:
三井化学が開発した“体温でなじむ素材”がダンスの動きを形にした衣装で採用
三井化学は「nano tech 2024 第23回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」に出展し、人の体温を感知して、体になじむ素材シート「HUMOFIT」とその採用事例を披露した。(2024/2/5)

磯部孝のアパレル最前線:
“パクリ疑惑”続出のSHEINを、なぜ日本の若者は支持するの? ユニクロが訴訟を起こした根本的理由
ユニクロは1月16日、模倣商品の販売停止などを求めて、SHEINブランドを展開する3社を提訴したと発表した。パクリ騒動が後を絶たないSHEINはなぜ、若者に支持され続けているのか。(2024/1/31)

テクノロジーで変えるネット通販の返品問題【第2回】
返品問題は環境問題? 技術で問題解決に挑む英国ファッション協会の提言とは
コロナ禍を経てオンラインショッピングの利用件数が急増した。その便利さの裏側で、アパレル企業は返品件数の増加に頭を悩ませている。英国ファッション協会の調査レポートから返品問題の解決策を探る。(2024/1/30)

なぜ「IKEAのサメ」「コストコのクマ」が人気? 大人がこぞってぬいぐるみに熱中する理由
家具関連の小売各社がぬいぐるみを販売し、人気を博している。また、ぬいぐるみを旅行に連れていくサービスや、ぬいぐるみ向けの病院も開院するなど関連市場が活況だ。少子化の今、なぜぬいぐるみに注目が集まっているのだろうか。(2024/1/29)

開発と運用で重みを増す「自動化」【後編】
DXの影で疲弊するIT管理者、AIOpsは救世主になるのか
DXが進展するほど社内には管理対象のシステムが増え、IT管理者は疲弊する。効率化だけではない、AIOps(AI技術を使ったシステム運用)の価値とは。(2024/1/29)

くら寿司、銀座エリアに初出店 国内6店目の「グローバル旗艦店」を4月下旬に開業
くら寿司が銀座エリアへ初出店する。インバウンド観光客などを狙う「グローバル旗艦店」を発表した。国内では6店舗目。(2024/1/26)

古田拓也「今さら聞けないお金とビジネス」:
ニトリ、ニデック、幸楽苑……相次ぐ「創業者の出戻り」 業績が改善しても、手放しに喜べないワケ
ニトリホールディングス(HD)は、創業者である似鳥昭雄氏が10年ぶりに社長に復帰することを発表した。国内企業でのこうした”出戻り劇”は珍しくない。創業者の采配で業績を回復させるケースも少なくないが、しかし手放しに喜ぶことはできない。(2024/1/26)

朝倉未来、発掘したモデル・美月の“電撃デキ婚”炎上に即対応 33歳の相手男性には苦言「あいさつも来てない」
朝倉さん「祝福していただけたら」(2024/1/23)

NECが「恋の味」するパン開発 100年企業がタッグを組んだ舞台裏
NECがAIを使ってユニークな一手を仕掛けた。日本で生成AIのベースとなる大規模言語モデル(LLM)開発競争で一歩先を行く同社が、老舗パンメーカー「木村屋總本店」とタッグを組んだ。(2024/1/23)

なぜ、ファミマで「普通の服」を売ろうとしているのか 「ユニクロ並み」価格を実現できた背景
ファミリーマートがアパレル商品を展開している。これまでは靴下やTシャツなどがメインだったが、2023年12月からは本格的な商品も発売。「ユニクロ並み」の価格でラインアップをそろえており、新たな定番商品としての期待がうかがえる。(2024/1/22)

テクノロジーで変えるネット通販の返品問題【第1回】
「返品手数料は無料」はもう終わり? 英国アパレル企業の動きが示すものとは
英国のアパレル企業が相次いで消費者からの返品に手数料を請求する動きを見せている。その背景にはどのような問題があるのか。(2024/1/22)

朝倉未来、プロデュースする23歳モデル・美月の“デキ婚”に衝撃 年間契約抱えての告白に「耳を疑いました」「このタイミングか」
「後悔はありません」と美月さん(2024/1/21)

次世代トランシーバーサービス登場 NTTの技術で「聞こえづらいなどの課題」解決へ
NTT子会社で音響関連事業を行うNTTソノリティは1月18日、BONXの「BONX WORK」を用いた次世代トランシーバーサービスの立ち上げに伴い、都内で発表会を実施した。同日、BONXの関連会社化(資本提携)の他、両者が4月1日に開始する音声DXサービス「ゼロからはじめるNTTの現場DX(仮名)」の詳細が語られた。サービス提供の背景にある課題とは……?(2024/1/18)

熊本県初、合志市に「ゆめモール合志」が今春オープン
スーパーマーケットを運営するイズミは熊本県合志市に「ゆめモール合志」を今春オープンする。(2024/1/18)

日本にはない「混雑しないファストフード」 シンガポールで見つけた“ささやかな”リテールDX
筆者はシンガポール旅行で”ささやかな”リテールDXをいくつも体験した。一つ一つが画期的で想像もしていなかったわけではないが、日本国内では実現できていないものが多かった。シンガポールのリテールDXを踏まえて、顧客体験(CX)向上について考えてみたい。(2024/1/18)

無印、3COINSを脅かす? ダイソー系列のこだわり「300円ショップ」が急増している背景
100円ショップ「ダイソー」を展開する大創産業が、300円ショップを精力的に展開している。どのような背景や狙いがあるのか。(2024/1/18)

夢の糸で「繊維革命」幕開け バイオ素材量産 慶大発スパイバー
丈夫で環境にも優しい“夢の糸”が、石油を原料としたポリエステル以来ともいわれる繊維革命を起こそうとしている。(2024/1/16)

「スヌーピーミュージアム」リニューアルオープン 新発売のグッズは160点以上、カフェには新メニューも登場
隣接の「PEANUTS Cafe」も同日リニューアル。(2024/1/24)

33階建て:
名古屋の新「中日ビル」が4月開業、特徴は?
名古屋市で建て替え工事が進んでいた「中日ビル」が、4月23日に全面開業。93のテナントが出店する。(2024/1/13)

浜辺で突然知らないおじさんに「これ何かわかる?」と声を掛けられ…… 女性のナイスな切り返しと実物に「めちゃくちゃ立派」
おじさんありがとう。(2024/1/13)

開業7周年:
「GINZA SIX」が新規16店舗をオープン どう変わる?
銀座の商業施設「GINZA SIX」が、2〜4月にかけてリニューアル。銀座初出店、新業態出店を含む16店舗がオープンする。(2024/1/12)

セキュリティソリューション:
大手アパレルのバックアップ運用コスト削減術 Rubrik Security Cloudを導入
大手アパレルのCarharttはRubrik Security Cloudを導入してクラウドとオンプレミスでのデータ回復力を強化し、運用コストを50%以上削減した。(2024/1/12)

今日のリサーチ:
米国ホリデーシーズンのEC売り上げが過去最高を更新、モバイルがデスクトップを上回るのは初――Adobe調査
「Adobe Analytics」のデータによると、米国の2023年のホリデーシーズンにおけるオンライン売上高は2022年を上回る2221億ドルで、過去最高を更新しました。(2024/1/11)

「HUNTER×HUNTER」と「サマンサベガ」がコラボ ゴンやキルアをイメージしたアイテム登場
「ゴン」「キルア」」「クラピカ」「レオリオ」「ヒソカ」「クロロ」をイメージしたファッションアイテムが登場します。(2024/1/8)

新たなトレンドになるか:
箱根駅伝イメージした「駅伝パック」 ナイキ筆頭に、三つ巴のシューズ争い勃発
各スポーツメーカーが箱根駅伝をイメージしたシューズ「駅伝パック」の販売に力を入れている。どういった狙いがあるのかというと……(2024/1/2)

2024年に「100周年」の企業は全国に2019社 上場企業の顔ぶれは?
帝国データバンクが、2024年に100周年など節目を迎える「周年企業」の調査結果を発表した。100周年を迎える企業は全国に2019社ある。どんな顔ぶれなのか?(2024/1/2)

多角化進めるニトリ 2年前に始めた「レストラン」は今、どうなっているのか
2021年にニトリが始めた外食事業。発表から2年以上が経過しており、店舗数は6つまで増えている。一方で、業態は現在3つを展開する。どのような狙いがあるのか。(2023/12/30)

“謎”を解かないと服が買えない……? 謎めいたアパレルブランド「トキキル」が新宿に登場 1月22日から
例として公開されたナゾがすでに難しい……。(2023/12/29)

自然豊かなエリア:
スノーピーク直営の「キャンプフィールド」米国で誕生、特徴は?
スノーピークの北米での事業展開を推進する子会社「スノーピークUSA」は、米国初となる直営キャンプフィールド「Snow Peak Long Beach Campfield」を2024年2月に開業する。(2023/12/29)

自動応答だと思って公式LINEに長文を送ったら…… 恥ずかしすぎる内容と公式からの手動返信に「声出して笑ったwww」
送った内容がじわじわくる(後日談有り)。(2023/12/28)

5万円分買う人も:
ファミマ、麻布台ヒルズ店で「服」が爆売れ コンビニならではの強みとは
ファミマでデニムジャケットやスウェットパーカーが飛ぶように売れている――。麻布台ヒルズ店で行った挑戦と、得られた示唆とは。(2023/12/27)

アルバイトが集まりやすいブランド 3位「カルディ」、2位「セリア」、1位は?
アルバイトの採用に強いブランドはどこか。50ブランドを対象に実施した調査結果を、ツナグ働き方研究所が発表した。(2023/12/27)

全9種:
『ちいかわ』のイラスト&名前入りのスタンプが登場、特徴は?
シヤチハタは、イラスト&名前入りのオーダー式「どこでももちものスタンプ」より、人気キャラクター『ちいかわ』のイラストを採用した新商品を発売する。価格は各1980円。(2023/12/27)

糸井重里が語る「ほぼ日手帳の海外売上33%増のワケ」 売上高は過去最高
ほぼ日の2023年8月期の決算は、売上高が68億1842万円で過去最高となった。純利益も4億1191万円で増収増益。主力商品『ほぼ日手帳』の海外販売の増加が好調な業績をけん引した。(2023/12/26)

北川景子、泉里香ら“セーラー戦士”が地上波で再集結 中高生時代から20年……最近の活動をまとめてみた
もう20年もたつんですねぇ。(2023/12/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。