• 関連の記事

「サステナビリティ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サステナビリティ」に関する情報が集まったページです。

ZEB:
パナソニック初のZEB化「久辺の里」を沖縄で現地取材、本土復帰50周年ライトアップも
シンクタンクの矢野経済研究所によると、今後もさらにZEBの注目度は高まっていくと予測しており、市場規模は2030年に7000億円を突破するとみている。ZEBの市場にいち早く参入すべく、パナソニック エレクトリックワークス社はZEBに関する専門知識を特化させた組織「ZEB推進チーム」を設立。建築主などの依頼に基づき、建物の設計から、施工、コンサルティングまでを一貫してサポートしている。(2022/8/16)

3つの重要な技術トレンドがある:
Web3、NFTはどこ? 「ハイプ・サイクル」が示す先進技術の普及予想
Gartnerは「Hype Cycle for Emerging Technologies, 2022を公開した。そこで示された25の先進テクノロジーは、没入体験の進化と拡大を可能にし、人工知能(AI)の自動化を加速し、技術者による成果の提供を最適化する見込みだ。(2022/8/15)

Marketing Dive:
メタバースが新たな戦場? コカ・コーラとペプシのライバル関係のこれからを占う
長年の間ライバル関係にある2つのブランドが、メタバースにおいて新たな局面を迎えている。持続可能性を巡る社会の要請は、競争を協力に変えるかもしれない。(2022/8/15)

鮮やかなブルー:
ユニクロ、錦織圭選手着用ウェアのレプリカを発売 特徴は?
ユニクロは8月15日、錦織圭選手が8月以降の大会で着用するゲームウェアのレプリカを一部店舗およびオンラインストアで発売する。(2022/8/12)

各業界が取り組むサステナビリティ【第2回】
サステナブルは苦難の道? 英国が踏み込む“根深い問題”とは?
各業界で温室効果ガス削減への動きが強まり、オフィスビルなど建物の運用に関してもエネルギー消費の効率化が注目されている。環境負荷低減に必要なのは何か。(2022/8/9)

Marketing Dive:
コカ・コーラ vs. ペプシ マーケティング視点で振り返る「コーラ戦争」の歴史
20世紀以前からライバル関係にあるCoca-ColaとPepsi。両社のマーケティングにおける競争は、社会の変化に伴い形を変えながら続いている。(2022/8/8)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「乗客1000人未満」でローカル線を廃止? 存廃議論「国は積極的に関与すべき」
国土交通省が7月25日に「地域の将来と利用者の視点に立ったローカル鉄道の在り方に関する提言」を発表。新聞やテレビなどで「乗客1000人未満のローカル線は存廃論議」と報じられているが、断片的な報道より、原典で真意を読み取ってほしい。(2022/8/6)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
実は“看板倒れ”でない東証の市場再編
“看板倒れ”との声も多い東証の市場再編。しかし、フィデリティが実際にエンゲージメントを進めていると、そうした評価とは異なる印象を受けます。その理由について、ESG専門家のフィデリティ投信の井川智洋が説明します。(2022/8/8)

大規模調査:
地元住民からの好感度が高い企業 2位は福島県の「ヨークベニマル」、1位は?
「第4回地域版SDGs調査2022」の結果を発表した。地域住民からの好感度が最も高い企業は?(2022/8/4)

エイサー、サステナビリティに考慮したノートPC/液晶ディスプレイを発表
日本エイサーは、製品本体に再生プラスチックを用いたノートPC「Acer Vero」および液晶ディスプレイ「Vero BR7」シリーズを発表した。(2022/8/3)

製造マネジメントニュース:
ESG戦略は企業価値にどう影響するのか、AIツールでインパクトを予測/分析する
アクセンチュアは2022年8月1日、ESG関連の取り組みが企業価値に与える影響をAIモデルで可視化、予測する「AI Powered Enterprise Value Cockpit」を提供開始すると発表した。(2022/8/3)

8月6日に開業:
兵庫県にダイソーのおしゃれな新業態「Standard Products」が初出店
「Standard Products by DAISO」を兵庫県に初出店する。ピオレ明石(兵庫県明石市)内に、8月6日に開業。(2022/8/1)

各業界が取り組むサステナビリティ【第1回】
ビルの温室効果ガス削減の鍵は“あの技術”にあった
オフィスビルなどの商業ビルをエネルギー効率に優れた設計にし、温室効果ガスを削減するためには、ソフトウェアの活用が有効だ。ソフトウェアのどのような機能を使えばいいのか。(2022/8/1)

「ThinkPad」が生まれて30年 次の30年を占う2022年モデルはどんな感じ?
1992年、当時のIBMが「ThinkPad 700C」を発売した。それから30年たった現在も、ThinkPadは「日本生まれの世界ブランド」として健在だ。次の30年の進化を見据えて誕生したという2022年のThinkPadはどのような特徴を持っているのだろうか。ThinkPadの開発を担うレノボ・ジャパンの大和研究所が説明した。(2022/7/30)

経済アナリストが分析:
THE MATCH 2022が示したPPVビジネス成功の条件  日本のエンタメを変えるか
THE MATCH 2022での那須川天心と武尊のメインカードは5万6399人の観衆が堪能した。さらに1放送ごとに課金をして視聴権を得るPPV(ペイパービュー)は50万件を超えたという。この成功が日本のエンタメ業界をどのように変えていくのかを、経済アナリストの森永康平が分析する。(2022/8/16)

メルカリで転売も:
ポカリの「瓶」は本当にエコなのか 大塚製薬に聞いてきた
大塚製薬は、再利用を想定した「ポカリスエット リターナブル瓶 250ml」を発売した。循環型社会を実現するために、ビンでの販売しているわけだが、さまざまな課題も浮き彫りに。本当にエコな取り組みなのか……。(2022/7/29)

クラウドニュースフラッシュ
集英社がPower BIと組み合わせた「Azure」の“あのサービス”とは?
集英社の「Microsoft Azure」やNRIの「OCI Dedicated Region」の導入事例、IDC Japanのクラウドサービス市場予測など、クラウドに関する主要なニュースを紹介する。(2022/7/30)

国も見直し提言:
JR東、ローカル35路線すべての区間で赤字 収支を初公表したワケは?
R東日本は7月28日、利用客が極めて少ないローカル線を対象に、区間ごとの収支を初めて公表した。公表されたのは35路線66区間で、すべてが赤字だった。人口減少や近年の新型コロナウイルスの流行で鉄道利用者が激減し、存続が危ぶまれている路線も数多い。(2022/7/28)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
OTとITのノウハウを注入したDXを、横河デジタルの新たな挑戦
横河電機は2022年7月1日に、製造業の経営から現場までを見渡したDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する経営コンサルティング企業である横河デジタルを設立。同年10月1日から営業を開始することを発表した横河デジタルの代表取締役社長となった鹿子木宏明氏と、横河電機 フェローで横河デジタルの取締役に就任した勝木雅人氏に話を聞いた。(2022/7/28)

クラウドベンダー選定の注意点【前編】
クラウドストレージを使ってはいけない“危ないベンダー”の特徴
オンプレミスインフラからクラウドサービスにストレージを移行する際、注意すべき点がある。失敗しないクラウドベンダーの選び方とは。(2022/7/28)

サステナブルビジネスによる先行者利益を得るには
中堅・中小企業のための「サステナビリティ対応」指南 何から始めればよいのか
中堅中小企業や成長企業が喫緊に対応すべきテーマとして「サステナビリティ」がある。企業イメージや企業価値の向上という目的の他に、サプライチェーンの要請によって、ビジネスプロセスへの組み込みが始まっている。(2022/7/28)

HP INNOVATION SUMMIT 2022:
35億ドルの新規ビジネスを獲得できた――HPが“サステナビリティー”に注力する理由
日本HPがリアル/オンラインのハイブリッドイベント「HP INNOVATION SUMMIT 2022」を開催。米HPのエンリケ・ロレスCEOがリモート登壇し、HPグループのサステナビリティー(持続可能性)に関する取り組みを重視する理由を対話形式で語った。(2022/7/27)

JFMA調査研究部会のFM探訪記(7):
JFMAの「SDGsタスクフォース(その2)」 世界的な建築家など第一線論客によるシンポジウムや座談会
本連載では、日本ファシリティマネジメント協会(JFMA) 専務理事 成田一郎氏が「JFMA調査研究部会のFM探訪記」と題し、JFMA傘下で、マネジメントや施設事例、BIM×FMなどの固有技術をテーマにした合計18の研究部会から成る「調査研究部会」での研究内容を順に紹介していく。第7回は、SDGsタスクフォースのさまざまな活動について説明する。(2022/7/29)

電子ブックレット(製造マネジメント):
脱炭素に挑む日本と世界の違い、ハノーバーメッセ2022レポート
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、世界最大級の産業見本市「ハノーバーメッセ2022」に現地参加した執筆者によるレポートをまとめてお送りします。(2022/7/25)

工場セキュリティ:
PR:工場サイバー攻撃は物理と論理両面をひもといて防ぐ、攻撃者目線でリスクを明確化
工場へのサイバー攻撃が止まらない。スマート工場化により、製造現場の制御システムが社内ネットワーク上のサーバやインターネットとの接続が進む中、工場を狙い撃ちする攻撃が急増している。一方で製造現場ではセキュリティ対策の知見がなく、さらに設備の稼働を止めないことが最優先されるなどの特徴がいくつかあり、うまく対策を進められていないケースが多い。その中で対策の第一歩として考えられているのが攻撃経路をもとにしたセキュリティリスク評価だ。論理(オンライン)攻撃だけでなく、物理(オフライン)攻撃を含めた両方のリスクを一元的に把握する独自手法について紹介する。(2022/7/25)

「Pixel 6a」先行レビュー 手頃な価格だけでない魅力をチェック!
Googleが7月28日に発売する「Pixel 6a」。Pixel 6の廉価版という位置付けだが、一部の機能をカットしつつ、基本スペックはPixel 6のそれをキープしていることが特徴だ。今回、発売に先駆けて試用する機会に恵まれたので、どんなスマホなのか簡単に紹介したいと思う。(2022/7/22)

HP Japan INNOVATION SUMMIT:
HP Labsがあらためて示す3Dプリンティング技術の可能性とその方向性
日本HPは、HPの研究機関であるHP Labsをはじめとする最新のイノベーションを紹介するイベント「HP Japan INNOVATION SUMMIT」を開催。「HP Lasのイノベーション」に関するセッションでは、同社の3Dプリンティング/デジタルマニュファクチャリングに関する考えや方向性について、最新の取り組みなどを交えて紹介した。(2022/7/20)

Weekly Memo:
なぜDXとサステナビリティを「分けて考えてはならない」のか――SAP、Oracle、富士通の見解から探る
企業の重要な経営課題として挙げられるサステナビリティとDXは別個のものと考えられがちだが、望ましい関係とはどのような形か。SAPやOracle、富士通の見解から探る。(2022/7/19)

製造業×脱炭素 インタビュー:
爆発的に増えるデータと消費電力、脱炭素のためインテルは何をするのか
製造業の場合、GHGプロトコルが定めるスコープ3において「販売した製品の使用」時のGHG排出量が大きいことは珍しくない。インテルも同様に、データセンターにおける製品使用時のGHG排出量が大きな割合を持つ。ネットワーク全体のデータ量が爆発的に増加する中、インテルはどのような対策を講じているのか。インテル 執行役員 経営戦略室長の大野誠氏に話を聞いた。(2022/7/19)

NEWS
ITの消費電力量は“6倍以上”に増大 データセンターに必要な対策は?
「デジタル化が進み、ITの消費電力量は増え続ける」と予測するシュナイダーエレクトリック。サーバの稼働する場所が集約型データセンターから企業の各拠点や店舗へと広がる中で、同社が打ち出す対策とは。(2022/7/19)

クラウドベンダーの情報開示が不足?
サステナビリティ軽視のクラウドは使わない――企業の新しい判断基準とは
2025年までに、CO2排出がIT購買における主要な決定要因になるという。サステナビリティ重視の潮流を受け、AWSやGoogle、Microsoftなどのクラウドベンダーはどう動くのか。(2022/7/15)

Salesforceも波乱の参入 「NFT」ビジネス活用の今【中編】
賛否両論の「NFT」をビジネスに使いたい企業に必要な“覚悟”とは?
NFTは企業に有益なデータや新たな事業機会をもたらす可能性がある。NFT事業に参入する際は、どのようなことに気を付ければよいのか。(2022/7/15)

役員改革が始まった:
似たり寄ったり? 社外取締役の提言が「どこも同じ」になってしまう理由
「ESGの実践度合を評価すべきではないか」「株式報酬の比率をもっと高めるべきではないか」。これらは、よくある社外取締役の提言です。決して間違った意見ではありませんが、どんな企業にも当てはまる問題意識でしょう。なぜ、どんな企業でも一様になってしまうのでしょうか。(2022/7/13)

SAP、サステナビリティ経営を総合支援する新サービスを開始
SAPジャパンは、サステナビリティ経営を支援する「サステナビリティサービスパッケージ」の提供を開始した。計画策定からソリューション導入、運用までを総合的に支援する。(2022/7/13)

日本のIT課題克服にオラクルが挑む オラクルだけのクラウド性能でIT化を推進できるか
日本が抱えるITコストの増加、労働生産人口の減少などの課題に対し社会はどのように対応するべきなのか。日本オラクルの新戦略はこれまでの課題を克服し、日本社会のIT化を推進するという。その中身が分かった。(2022/7/12)

日立の米国子会社がサステナビリティ評価で平均値を超えるスコアを獲得
GlobalLogicは、NQCのSupplierAssuranceプラットフォームを通じて「グリーン」評価を獲得した。世界の平均値を超える同社の評価の中で、特に高いカテゴリは何か。(2022/7/11)

CIO Dive:
メタバース、AR、Web3.0の「誇大広告」に要注意 ビジネスで“本当に使える”最先端テクノロジーを考える
メタバースやAR、Web3.0など最先端のテクノロジーには大きな期待がかかっているが、それらがビジネスで有用かどうかには議論の余地がある。世界のITリーダーは今、これらのテクノロジーをどう活用しようとしているのか。先行する米国企業の“実際のところ”を見てみよう。(2022/7/8)

3DEXPERIENCE CONFERENCE JAPAN 2022:
サステナビリティの促進に貢献するバーチャルツイン
ダッソー・システムズは年次カンファレンス「3DEXPERIENCE CONFERENCE JAPAN 2022」をオンラインで開催(会期:2022年7月6〜26日)。本稿では、基調講演の中から同社 技術部 ディレクターのセバスチャン・カーデット氏の講演「バーチャルツインが加速する持続可能な世界」の内容をお届けする。(2022/7/8)

Salesforceも波乱の参入 「NFT」ビジネス活用の今【前編】
Salesforceの「NFT Cloud」とは? 社員はなぜ抗議したのか?
NFTの作成と販売のためのクラウドサービス「NFT Cloud」の試験提供を進めるSalesforce。こうした同社のNFT関連事業は、従業員の批判を集めている。NFTが抱える問題点とは。(2022/7/8)

「保存時」「転送時」だけでなく「処理中」のデータをいかに守るか:
PR:“データから価値を生み出す”時代に「コンフィデンシャルコンピューティング」が注目される理由
DX時代には「データ」から価値を生み出すことが重要とされるが、そのデータを強固に保護する「コンフィデンシャルコンピューティング」への関心が高まっている。ハードウェアベンダーとして取り組むインテルと、クラウドサービスを提供する日本マイクロソフトの担当者に、コンフィデンシャルコンピューティングが求められる背景や、必要な技術的要素、具体的なユースケースなどを聞いた。(2022/7/13)

KDDI、自社イベントの開催を見送り 通信障害の発生を「重く受け止める」
KDDIは、ビジネス向けの大型イベント「KDDI SUMMIT 2022」の開催を見送ると発表した。7月2日から約86時間にわたって発生した通信障害を受けての判断で、「障害を発生させたことを重く受け止める」としている。(2022/7/7)

3DEXPERIENCE CONFERENCE JAPAN 2022:
SDGsを成長と未来への基盤づくりの機会に、ダッソーが示す製造業のあるべき姿
ダッソー・システムズは年次カンファレンス「3DEXPERIENCE CONFERENCE JAPAN 2022」をオンラインで開催(会期:2022年7月6〜26日)。本稿では、基調講演の中から同社 代表取締役社長のフィリップ・ゴドブ氏の講演「新たな視界から、世界と向き合う」の内容をお届けする。(2022/7/7)

Marketing Dive:
ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、両ブランドはZ世代の共感を呼ぶための努力を惜しまない。もちろんデジタル空間でも精力的にその存在感をアピールする。次なる戦いの場はメタバースか。(2022/7/6)

製造マネジメントニュース:
サステナビリティを顧客拡大のカギに、シュナイダーエレクトリックが国内展開強化
Schneider Electric(シュナイダーエレクトリック)は2022年6月29日、日本市場向けの戦略説明会を開催し、カーボンニュートラル化に向けた動きへの提案を入口とし、新規顧客拡大を進めていく方針を示した。(2022/7/4)

組み込みイベントレポート:
ヤマト運輸が進める宅急便DX、エッジ端末で事業をサイバー化
ヤマト運輸 執行役員 DX推進担当の中林紀彦氏は、NVIDIA主催のオンラインイベント「NVIDIA AI DAYS 2022」(2022年6月23〜24日)の初日に行われた「EDGE DAY」において「エッジコンピューティングで加速する宅急便のDX」と題して講演し、ヤマト運輸が進めるDX(デジタルトランスフォーメーション)やエッジコンピューティングへの取り組みについて紹介した。(2022/7/1)

LPWAの相互運用性の実現も視野に:
Sigfoxは次世代へ、新たなオーナーUnaBizの戦略
フランスSigfox社を買収し、IoT業界を驚かせたシンガポールのスタートアップUnaBiz。同社は、Sigfoxネットワークの新たなオーナーとして、次世代のSigfox構築を目指している。(2022/6/30)

最長10年間までICTインフラを保守 日鉄ソリューションズら3社が協業を開始
日鉄ソリューションズとアラクサラネットワークス、サイバートラストの3社は、協業によって装置の保守期間を最長10年間まで提供する。機器群の調達や廃棄を軽減する他、短いスパンで発生していた機器関連の計画業務に割かれていたリソースを別分野に充てることで企業の成長を支援する。(2022/6/30)

中国のブロックチェーン活用事例は世界とは違う? 中国が目指す未来の世界とは
暗号資産取引を2021年に「全面禁止」した中国だが、ブロックチェーンの社会実装は進んでいるようだ。世界各国とは違う形で進化する中国のブロックチェーン事情を解説する。(2022/6/30)

テルえもんの3Dモノづくり相談所【番外編】:
テルえもんが見た「日本ものづくりワールド 2022」現地レポート
“テルえもん”こと、小原照記氏が、東京ビッグサイトで開催された「日本ものづくりワールド 2022」の展示会場をレポート。3Dプリンタや3Dスキャナーなどを中心に、実際に見聞きした中から、テルえもんイチオシの装置やツール、最新技術などを紹介します!(2022/6/29)

木造化:
「渋谷マルイ」が木造化!2026年開業に向け英国の建築集団「Foster+Partners」が設計
渋谷マルイが2022年8月28日に閉店し、2026年に9階建ての木造商業施設へと生まれ変わる。設計のリードデザイナーは、ノーマン・フォスター氏が率いる「Foster+Partners」が担当し、最高水準の持続可能技術を採用して環境負荷を軽減したサステナブル施設とする。(2022/6/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。