連載
» 2013年12月10日 19時00分 公開

製造業は、儲かるアフターマーケットで稼ぐべし――PTC製造マネジメント インタビュー(2/2 ページ)

[三島一孝,MONOist]
前のページへ 1|2       

PTC、エニグマの統合製品は1年後

MONOist PTCによるエニグマ買収の影響について教えてください。

ガッバイ氏 エニグマは21年間アフターサービス分野に特化してサービス用部品などの情報プラットフォームを提供してきた企業だ。顧客企業には製造業が多く、PTCと顧客企業が重なっている。一方でPTCの中心顧客は設計・開発系の部門で、エニグマはアフターマーケットにおけるメカニック系の部門が中心で、お互いに補完関係となっており、相乗効果が発揮できると考えている。

 PTCにとってはサービジスティクス買収以降、積極的に取り組んできたSLMの強化につなげられる利点がある。一方でエニグマにとってもグローバル展開が可能になるという利点がある。実はエニグマは一時日本にも拠点を持っていたことがあったが、数年で撤退したということがある。規模の問題でグローバルをカバーしていくのが難しいケースもあったため、今回の買収は価値のあるものだと考えている。

 7月の買収発表以降、PTCとエニグマの統合製品の開発なども順次進めているが、現状では連携止まり。本格的な統合製品は約1年後に出てくることになるだろう。

MONOist 現状でのエニグマの強みは?

ガッバイ氏 エニグマのサービスは、アフターサービスパーツの情報をBOMベースで統合管理する情報プラットフォームで、ユーザー企業が情報を登録することで、部品情報を管理できる。オープンプラットフォームでPTC以外の情報も統合管理できることが特徴だ。日本ではまだ実績はないが、早期に成功事例を作りたい。



前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.