• 関連の記事

「SUBARU」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SUBARU」に関する情報が集まったページです。

西川善司の「日産GT-Rとのシン・生活」:
断絶危機の純ガソリンスポーツカーにして人生最後のクルマ「GT-R nismo Special Edition」、ついに納車されました
2022年と2026年は多くの純ガソリンエンジン搭載スポーツカーが生産終了に追い込まれる。その理由を説明しよう。(2022/1/22)

お姉さんたちの美ボディにメロメロ! 「東京オートサロン2022」美女コンパニオンまとめ第3弾
全力で撮り続けた美女コンパニオンフォトレポート第3弾。(2022/1/21)

最新スーパーEV「E-RA」世界初公開 「東京オートサロン2022」スバルのブースレポート S4やレヴォーグのSTI仕様コンセプトカーも
東京オートサロンに出展したスバルのブースレポート。(2022/1/20)

今回もヤベーやつたくさん! 東京オートサロンでキラリと光っていた「ブッ飛び学生カスタム」大集合
車名「軽ニッヒ」「逆襲の車アー」だとぉ、こりゃなんだぁぁ!(2022/1/19)

ボディーはインプレッサ、フロントはランエボ!? ライバル同士を合体させた魔性のニコイチカスタムカー爆誕
あんまり違和感がないのがスゴイ。(2022/1/17)

「ファクト」から考える中小製造業の生きる道(11):
「多様性の経済」という価値の軸を、中小製造業が進むべき方向性とは
苦境が目立つ日本経済の中で、中小製造業はどのような役割を果たすのか――。「ファクト」を基に、中小製造業の生きる道を探す本連載。最終回となる今回は、連載の主題でもある「中小製造業の生きる道」について見ていきます。(2022/1/17)

「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
スーパーGTの日産系チーム総監督を務めた柿元邦彦さんもTwitterで反応。(2022/1/16)

自動車業界の1週間を振り返る:
クルマが文化としていつまでも豊かなものでありますように
これを書いている金曜日は、千葉の海風に吹かれて凍える思いをしていました。海風に吹かれながらどこに行ってきたかというと、この週末に幕張メッセ(千葉市美浜区)で開かれる「東京オートサロン2022」です。(2022/1/15)

コレは一体何だぁぁ! スバル、東京オートサロン2022で謎のスポーツカー「STI E-RA CONCEPT」世界初公開
「STI」エンブレムがキラリ! あれ、謎のクルマは「2台」あるようですね!【更新】(2022/1/14)

夢のバトルが実現!? 「86vsハチロク」を描くトヨタ「GR86」PV公開 アニメ「頭文字D」とコラボ
GR86にはプロドライバーの土屋圭一さんが搭乗!(2022/1/8)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
ソニーも参入 各社からEV出そろう2022年、消費者は本当にEVを選ぶ?
22年は、これまで以上に「EV」に注目の年となることは間違いありません。なぜなら、22年は市場に販売できるEVがそろう年になるからです。(2022/1/7)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
2022年はEVの年に、日本市場の反応やいかに
理屈では拭いきれない不安を乗り越える。(2022/1/5)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
自動車メーカー8社のカーボンニュートラル戦略
各社のカーボンニュートラル戦略はどうなっているのかについて、俯瞰的に見てみたいと思う。(2022/1/1)

白銀の世界に、秋田犬がお顔からズボーーッ!! 雪が好きすぎて散歩が進まないワンコの動画に「今年イチ笑った」
雪の感触楽しいよね。(2021/12/27)

ゼロから作るデータドリブン組織への道(3):
1人で始めた「脱Excel」が部門を越えたデータ活用に SUBARU 航空宇宙カンパニーを動かした熱い思い
現場から経営陣まで、ごく自然にデータを活用し、判断に生かせる文化を作りたい――。多くの企業が悩むデータドリブンな組織作りに自然な形で挑んでいたというのがSUBARU 航空宇宙カンパニーだ。1人の“熱い思い”に自然と周囲が共鳴したというが、それは一体何だったのか。(2021/12/23)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
「BEV」君、きみって昔「EV」だったよね? 電動カーに略語が多いので整理してみた
ハイブリッドカーやPHEV、FCVなんて言葉がたくさん存在するクルマ業界。そこに新たに「BEV」が加わった。もともとはEVと言われていたはずなのに……。モーターを使ったクルマの略語が多いので一通り整理してみた。(2021/12/22)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
「トヨタの本気」全力攻勢のEVに、Teslaオーナーが期待すること
衝撃のトヨタのEV(BEV)展開をTesla乗りは面白くない? いやいやそんなことはないです。(2021/12/22)

1400馬力V8が吠える! フーニガン「マスタング」がホンダ「K20」搭載フォーミュラカーとドラッグレースで勝負
どっちが勝ってもおかしくないスペック。(2021/12/17)

スバル、SUBARU XVの特別仕様車を発表 誕生10周年を記念
スバルは、SUBARU XVの一部改良と誕生10周年を記念した特別仕様車「Advance Style Edition」を発表した。月間1700台の販売を計画しているという。(2021/12/16)

トヨタもEV投資に本腰:
猪瀬直樹が日本の自動車産業に警鐘 「テスラとではガラケーとスマホくらい違う」
2050年までのエネルギー革命について「もはや選択の余地はない」と語るのは、作家であり元東京都知事である猪瀬直樹氏だ。「今の日本の自動車と、テスラとではガラケーとスマホくらい違う」と話す同氏に、EV(電気自動車)を巡る日本の自動車産業の構造的課題と、エネルギー政策の展望を聞いた。(2021/12/16)

MAX織戸、真っ赤な新車「GR86」を披露 誕生日納車にウキウキしまくり「これめちゃくちゃいいじゃん!」
早速イジっちゃうはずですが、まずはノーマルで!(2021/12/15)

トヨタ、BEV戦略目標を大幅上方修正 2030年までに350万台、全方位に30車種「BEV新車種」もチラ見せ
電動化に今後計8兆円投資、「EVに否定的なのではない。全方位/フルラインを目指している」と豊田社長。(2021/12/14)

トヨタ、2030年までに30車種のバッテリーEVを投入 フルラインアップで提供
トヨタは12月14日、2030年までに30車種のバッテリーEV(BEV)を投入する計画を明らかにした。BEV専用プラットフォームを開発し、乗用、商用それぞれにおいて、フルラインアップで提供する。30年には、BEVのグローバル販売台数350万台を目指す。(2021/12/14)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
2021年乗って良かったクルマ
年末恒例の乗って良かったクルマだが、2021年の新型車のデビューは、マツダは1台もなし、スバルはBRZがあるけれども、来年のエントリーにしたい。もちろんGR86も同じ。スバルWRX S4は公道で乗っていない。結局は、トヨタのMIRAIとランドクルーザー、アクアとカローラクロスというトヨタ大会になってしまった。どれも数日以上借り出して、1000キロくらいは走ってきた。(2021/12/13)

【SUBARU BRZ】国産FRスポーツの決定版、全方位で進歩を遂げた2代目の実力とは スタイリング編
ドライバーの心に刺さる国産FRスポーツ! 2代目BRZ、進化のポイントを徹底解剖します。(2021/12/12)

この「賭ケグルイ」ハイエース、何百万円かかってんだ!? 大阪「EXPO痛車天国2021」現地で見かけた個性派痛車まとめ デコトラ風「アズレン」など
大型トラックも痛車に(2021/12/12)

【スバル フラッグシップ対決】流行のSUVか? それとも伝統のワゴンか? 新型レガシィアウトバック vs. レヴォーグ 前編
レガシィ アウトバックが待望のフルモデルチェンジ! そうなると気になるのがレヴォーグとの力関係。ポイントごとに両モデルを比較していきます。(2021/12/11)

異色の日本人社長が見た米国モノづくり最前線(3):
航空産業で高いポテンシャルを秘めるサプライヤーとしての日本企業
オランダに育ち、日本ではソニーやフィリップスを経て、現在はデジタル加工サービスを提供する米プロトラブズの日本法人社長を務める今井歩氏。同氏が見る世界の製造業の現在とは? 今回は「航空宇宙産業」に光を当てる。(2021/12/8)

「ファクト」から考える中小製造業の生きる道(10):
日本の中小製造業は本当に多すぎるのか、その果たすべき役割とは?
苦境が目立つ日本経済の中で、中小製造業はどのような役割を果たすのか――。「ファクト」を基に、中小製造業の生きる道を探す本連載。第10回は、いよいよ日本経済における中小製造業の役割についての考察となります。(2021/12/6)

ターボ、テイオー、ライスなど激マブずらり 「ウマ娘」人気が感じられた「EXPO痛車天国2021」写真まとめ
今回はアイドルをテーマに痛車の写真をお届けしていきます。(2021/12/5)

目指すは1000馬力オーバー! スバル「インプレッサ WRX STI」にV12エンジンを移植するカスタムカーがやばそう
どうなっちゃうの……!(2021/12/3)

自動車のイノベーションランキング 3位レクサス、2位ベンツ、1位は?
J.D.パワーは「2021年日本自動車テクノロジーエクスペリエンス」調査の結果を発表した。各ブランドがどれだけ迅速、効果的に新しい機能、装備を市場導入しているのかを、実際にクルマを購入したユーザーへのアンケートから調べた。(2021/11/30)

車載ソフトウェア:
自動車産業の魅力は新型車だけじゃない、CASEやソフトウェアならではのやりがい
日本自動車工業会(自工会)は2021年11月27日、オンラインイベント「JAMA次世代モビリティキャンパス2021」を開催した。乗用車メーカーや二輪車メーカー、商用車メーカーの現場の社員が参加し、従来の製品の枠にとどまらない「モビリティ」の将来や、ソフトウェアエンジニアが活躍する領域について語った。(2021/11/29)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
全然違う! トヨタGR86とスバルBRZ
トヨタGR86とスバルのBRZに公道で試乗する機会がようやくやってきた。あらかじめ言っておくが、この2台、もう目指す走り方が全然違う。ビジネス面から考えると、ある程度かっちりとした成功を見込みたいスバルと、あくまでも攻めの姿勢を貫くことで、ある種のブレイクスルーを遂げてブランド価値を高めたいトヨタ。そのそれぞれのアプローチの違いだ。(2021/11/29)

かっこよくてカワイイ! 大阪「EXPO痛車天国2021」VTuber痛車の写真まとめ サメちゃん満載bB、百鬼あやめスカイライン、文野環ロードスターなど
VTuberの勢いが止まらない!(2021/11/28)

自動車業界の1週間を振り返る:
カギ代わりのスマホアプリにトラブル、新しい機能や装備の満足度を高めるには
さて、先週の土曜日、テスラのオーナー向けスマートフォンアプリで障害が発生したと報じられました。アプリがサーバに接続できず正しく動作しなかったため、車両とアプリの接続もうまくいかなかったようです。その結果、リモコンキーを持ち歩かずアプリを鍵代わりにしていたユーザーは、クルマに乗れなかったり、始動したりできなかったとのこと。(2021/11/27)

【狙うべきクルマたち】今こそ乗って欲しい、注目すべきセダン 4選(TOYOTA クラウン/NISSAN スカイライン/MAZDA マツダ3セダン/SUBARU インプレッサG4)
セダン好きなら思わずニヤリとしてしまう魅力を持つ、注目の4モデルを紹介。(2021/11/26)

自動車メーカー生産動向:
2021年度上期の自動車生産は2019年の同時期から2割マイナス、回復まで道半ば
半導体不足や東南アジアのロックダウンなどの影響が自動車生産へ大きなダメージを与えている。日系乗用車メーカー8社合計の2021年9月のグローバル生産台数を見ると、三菱自動車以外の7社が前年実績の4分の3以下に落ち込んだ。国内生産に至っては4分の1以下まで減産するメーカーもあるなど、事態が深刻化している。(2021/11/26)

キター! SUBARU、新型「WRX S4」発表 275馬力の2.4リッター直噴ターボ、“気持ちが高ぶる”楽しさ演出
ブラックパーツで武装したチューニンググレード「STI Sport R」も!(2021/11/25)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
スバルは、どこで儲けている? 国内もASEANも中国も欧州でも売れてない
小さなメーカーですが、他にないキラリと光る優れた技術を持っているというのがSUBARU。しかし、どれだけSUBARU車が売れているかといえば、国内ではトヨタの10分の1。しかもASEANも中国も欧州でも、ぜんぜん売れていないのです。では、どこでSUBARUは儲(もう)けているのでしょうか?(2021/11/25)

トヨタ新型電気自動車「bZ4X(ビージィーフォーエックス)」を発表 2025年までに7車種の電気自動車を投入予定
トヨタ自動車が、BEV(電気自動車)の導入を発表した。(2021/11/22)

白上フブキ×ハイエースの存在感……! 痛車イベント「天下無双」写真まとめ ハルウララ×スーパーカブなど痛バイクも
会場内には力作がずらり。(2021/11/21)

カローラシリーズ、世界累計5,000万台達成記念特別モデルが発売
カローラに特別モデル登場。(2021/11/20)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
“堅い”業界で培ったエッジの信頼性をコトづくりに、OKIが取り組むDXへの挑戦
ATM(現金自動預け払い機 )や通信システムなど社会インフラを担うさまざまなモノづくりを担ってきた信頼性や、AIエッジ技術をベースとし、さまざまな領域でのパートナーシップを通じて共創を広げているのがOKIである。OKIでDX/イノベーション統括担当の執行役員を務める田中信一氏に話を聞いた。(2021/11/15)

エコカー技術:
バイオ燃料でマツダスバルトヨタがスーパー耐久参戦、水素エンジンは二輪4社の共同開発へ
川崎重工(カワサキ)、SUBARU(スバル)、トヨタ自動車、マツダ、ヤマハ発動機は2021年11月13日、会見を開き、代替燃料を使ったモータースポーツ活動や共同開発を行うと発表した。(2021/11/15)

自動車業界の1週間を振り返る:
日米独仏中が参加しなかった、「2040年までに全てゼロエミッション車」の宣言
さて、今週で「COP26」(国連気候変動枠組条約第26回締約国会議)が終わりました。自動車に直接関係のある話題としては、パリ協定の目標達成に向けてゼロエミッション車への移行を加速する宣言と、2022年の行動計画があります。(2021/11/13)

バンドリ、ラブライブ、デレマスなどアイドル推し痛車がずらり 「天下無双 東西最強痛車決戦」フォトレポート
BMWやフォルクスワーゲンもアイドル痛車に。(2021/11/14)

自動車大手、相次ぐ販売見通し引き下げ
自動車大手7社の令和3年9月中間連結決算が11日、出そろった。新型コロナウイルス禍で前年同期に落ち込んだ販売が回復したほか、円安も追い風となり、全ての社が増収。トヨタ自動車、ホンダ、スズキ、SUBARU(スバル)の4社が増益を確保し、日産自動車、マツダ、三菱自動車の3社が黒字に転換した。一方、東南アジアのコロナ感染再拡大による部品調達難や半導体不足で減産幅が拡大したことを踏まえ、通期の世界販売見通しを下方修正する動きが相次いだ。(2021/11/12)

電気自動車:
トヨタとの共同開発で「良いEVが完成した」、スバルが「ソルテラ」を世界初公開
SUBARU(スバル)は2021年11月11日、新型EV(電気自動車)「SOLTERRA(ソルテラ)」を世界初公開した。参考値となるWLTCモードでの走行距離は、FWD車で530km前後。ソルテラにはトヨタ自動車とスバルが共同開発したEV専用プラットフォームを採用した(トヨタ自動車は「bZ4X」として発売)。(2021/11/12)

グローバル展開へ:
スバルが新型BEV「ソルテラ」世界初公開 トヨタと共同開発のプラットフォームを採用
SUBARUが、バッテリーEV(BEV)の新型車「SOLTERRA(ソルテラ)」を世界初公開した。(2021/11/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。