• 関連の記事

「パーソナルモビリティ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「パーソナルモビリティ」に関する情報が集まったページです。

キター!! “Kawasaki”の電動3輪ビークル「ノスリス」ついに製品化決定 2023年春発売へ
クラファンで即完売したあの「カワサキ」の電動車だー。(2022/5/18)

プラマイデジタル:
レベル4の自動運転を実装するのに必要なものとは何か?
自動運転の運用を検証する実証実験が大阪で行われた。自動運転の1つの到達目標であるレベル4を見据えたものだ。(2022/5/6)

「いよいよ納車日です!」 乙武洋匡、待望の「新車」を購入 「新車カッコいいじゃん」「サムネに騙されたーw」の声
「納車」ってみんなホントうれしくなっちゃう!(2022/3/2)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
「C+pod」で考える、超小型モビリティの仕様はどこで誤ったのか?
昨年末の記事で、トヨタの「C+pod」について、限り無く全否定に近い評価をした。試乗する前に開発者とも話しているので、当人の顔が思い浮かんで、非常に気は重かったが、とはいえ、読者に本当のことを伝えないなら原稿を書く意味がないので、そこはもう正直に忖度(そんたく)なく書かせてもらった。(2022/1/31)

メカ設計メルマガ 編集後記:
「世の中にない全く新しいモノを作る」とは、どういうことか?
本質的な考え方は何も変わらないのかもしれませんね。(2022/1/18)

目指すは「リアル版AWS」──トヨタの未来都市は何がすごいのか
「リアル版AWSを目指している」――これは、トヨタ自動車が静岡県に建設中の実証実験都市「Woven City」のメディア向けプレゼンで飛び出したワードだ。一体どういうことか。(2021/12/29)

ヤマハ発動機の展望【後編】:
ヤマハ発動機・日高祥博社長に聞く「EVの先行き」 エンジンはなくならない
コロナ禍を追い風にして好業績を上げているヤマハ発動機。「電動アシスト自転車は欧州などからの注文が急増して生産が追い付かない状態」という日高祥博社長に、同社が得意とするパーソナルモビリティの展望やEV(電気自動車)の先行きなどを聞いた。(2021/12/16)

モビリティ×デジタルは何を創造するか:
トヨタとNTTが「ウーブンシティ」で目指す未来
トヨタが建設中の「ウーブンシティ」はどのような街になるのか。トヨタとNTTが考えるスマートシティのあるべき姿とは。(2021/11/11)

東京都主催の電動バイク展示イベント「EVバイクコレクション in TOKYO 2021」 12月4、5日開催
フワちゃんも来るよぉぉ。(2021/11/1)

モビリティサービス:
ウーブンシティーを生かして地方創生、裾野市がトヨタに期待寄せる
静岡県裾野市は2021年10月5日、トヨタ自動車が建設を進めている「ウーブンシティー(Woven City)」との連携について、オンラインで住民向けに説明した。(2021/10/6)

自動運転技術:
「幸せの量産」に向けて、自動運転からウーブンシティーに広がるトヨタの試み
2021年9月8〜10日にオンラインで開催されたイベント「オートモーティブワールド」で、トヨタ自動車 先進技術開発カンパニー プレジデントの奥地弘章氏が「モビリティカンパニーへの変革」をテーマに講演した。(2021/10/5)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
2025年の大阪・関西万博で、鉄道の路線図はどうなるのか
2025年に大阪、夢洲で「2025年大阪・関西万博」が開催される。政府は主要公共交通機関に大阪メトロ中央線を位置付けた。このほか会場へのアクセスには船とバス、さらに具体化していない鉄道ルートが3つ、近畿日本鉄道の構想もある。また会場内の交通には、3種類のモビリティが計画されている。(2021/9/18)

「これええやん!」 千原せいじ、最高時速45キロの「快速電動キックボード」を体験 楽しい乗り心地で即ご満悦
「カプセルコーポレーションの乗りものみたい!」スイスイ走れて楽しそう〜。(2021/9/5)

テクノロジーで着実に進む「MaaS」変革 私たちの“移動”を変える3つのアプローチ
人の移動を変える「Mobility as a Service」の世界。日本国内で検討されている「大都市型MaaS」「郊外型MaaS」「観光型MaaS」の実例を解説。(2021/7/30)

高根英幸 「クルマのミライ」:
電動キックボードは日本の交通に馴染むのか
電動キックボードの実証実験が、全国の何カ所かの都市で始まっている。電動キックボード自体は、保安部品を装備して登録しヘルメットを被れば、原付きバイクと同じように最高速度時速30キロで車道の左側を走行することができるものだ。(2021/7/19)

実証運用:
セコムとトヨタ 公道をパーソナルモビリティで巡回 警備員の負担軽減
セコムが、トヨタ自動車と連携し公道でパーソナルモビリティを活用した巡回警備の実証運用を開始すると発表した。(2021/6/29)

搭乗ゲートまでスイスイ自動運転で 羽田空港の「WHILL自動運転システム」が国内線出発ゲート全域まで拡張、6月14日から
わぁぁこれいいかも。ゲートラウンジ、とても長ーいですからね。(2021/6/15)

デザインの力:
歩行をAI解析して健康に役立てる3Dカメラ搭載ロボットがデザインコンペで金賞
RDSは、イタリアの国際デザインコンペティション「A’Design Award&Competition 2020-2021」において、同社が開発を進めている「Gait Analysis Robot Medical Health Measurement System」が、メディカルデバイス・医療機器デザイン部門でゴールドを受賞したことを発表した。(2021/6/9)

うぉぉぉついに出たぁぁ! “Kawasaki”の電動自転車「ノスリス」登場 メット不要のフル電動モデルで32万円から
ワックワクな新しい乗りもの来ましたぁぁぁ! 電アシ自転車タイプは27万円から。【訂正】(2021/5/12)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
少しずつ見えて来たトヨタの未来都市「ウーブンシティ」
トヨタが実験都市「ウーブンシティ」の発表を行ったのは2020年1月のCES2020だ。ウーブンシティはさまざまな意味でまさに実験的な街である。そしてその面白さはいたずらにハードルを上げていないところにある。そもそもウーブンシティの基本構造はどうなっているのだろうか?(2021/4/5)

視点:
バズワードに終わらせないBeyond MaaS
一過性の実証実験にとどまることなく、ビジネスとして継続するためには、うまいビジネスのくくりを見つけることが必要になる。具体的にどのようなビジネスのくくり・パターンが想定し得るのか。(2021/4/5)

電子ブックレット(オートモーティブ):
いまさら聞けない 超小型EV
パーソナルモビリティや超小型EV(電気自動車)の記事をまとめた。(2021/3/29)

船も「CASE」:
CASEは自動車以外にも、陸海空のモビリティで自動運転や電動化の市場拡大
富士経済は2021年3月25日、自動車以外のモビリティでのCASE△△(※)△△対応に関する市場調査の結果を発表した。調査対象はフォークリフトやゴルフカートなど陸のモビリティ、船舶など海のモビリティ、航空機や“空飛ぶタクシー”など空のモビリティだ。(2021/3/26)

最前線で活躍するメカ設計が徹底検証:
PR:設計者向けハードウェア環境の新たな選択肢 「Intel NUC 9 Pro」の実力とは
NUCのコンパクトな筐体にIntel Xeonプロセッサを搭載し、ワークステーションクラスの高性能を実現した最新ハードウェア環境「Intel NUC 9 Pro」が登場した。妥協のない、より高いパフォーマンスが求められるミッドレンジ3D CADを用いた設計業務において、その実力を発揮するという。長年、設計者の道を歩み続けてきたR2の平田泰大氏に、日頃からミッドレンジ3D CADを活用する設計者の目線で、「Intel NUC 9 Pro」の実務での使用感を評価してもらった。(2021/3/3)

建設技術研究所、次世代型パーソナルモビリティサービスの実証実験を奈良公園内で実施
建設技術研究所は、次世代型パーソナルモビリティによる移動支援サービスの実証実験を2021年2月24〜28日の期間で行われた。モビリティによる公園利用者の周遊性向上を目指し、奈良県が実施。(2021/3/5)

うひょひょ〜ヤベー乗りものキター!! 水上をカッ飛ぶ電動ジェットボード「radinn」が日本上陸
アドレナリン出まくりそう。(2020/12/17)

自動車業界の1週間を振り返る:
EV販売より取り扱い終了を選ぶディーラーも? Uberは自動運転と空飛ぶクルマ手放す
みなさんこんにちは、金曜日です。寒いですね。1週間、お疲れさまでした。東京都が2030年までに都内で販売する新車を全て電動車にする方針を示したこともあり、先週に引き続き、今週も電動化の動向が話題になりましたね。(2020/12/11)

モビリティサービス:
レンタカーではなくパーソナルモビリティにこだわる、福岡県糸島のワーケーション
ワーケーションを通して、地域や移動の在り方を考えるきっかけに――。近畿日本ツーリスト九州と、シェアオフィスを運営するスマートデザインアソシエーションは、2021年2月末まで福岡県福岡市・糸島市における実証実験ツアーを提供している。(2020/12/10)

自動車業界の1週間を振り返る:
自動車業界の上期決算発表がスタート/燃料ポンプで大規模リコール
みなさんこんにちは。金曜日です。初めての試みですが、自動車業界の1週間の出来事を振り返れるような記事を載せてみようかと思い、このようなコーナーを始めました。メールマガジンの編集後記のような、ゆるくふわっとしたトーンでやっていきます。週末なので軽い気持ちで「こんな記事も出ていたんだな」と思っていただけるととてもうれしいです。(2020/10/30)

モビリティサービス:
パナソニックの独自技術をWHILLに詰め込んだ追従型モビリティ「PiiMo」
パナソニック プロダクションエンジニアリング(PPE)は、オンラインで新製品発表会を開催し、追従型ロボティックモビリティ「PiiMo(ピーモ)」を2020年11月から販売開始すると発表した。(2020/10/29)

近距離モビリティ:
羽田空港で走行! 自動運転が可能な「WHILL」は移動手段になるのか
車いすでもバイクでもないパーソナルモビリティ「WHILL」に、注目が集まっている。今年6月、自動運転システムを搭載したタイプが羽田空港で実用化。また、世界各国の空港でも導入の検討が進んでいるというWHILLは、新時代の移動手段となりえるのか。(2020/10/15)

車両デザイン:
風船構造のパーソナルモビリティが国際会議へ、マスカスタマイゼーションも実現
メルカリの社内研究開発組織であるmercari R4Dは、東京大学大学院工学系研究科 教授の川原圭博氏が総括する「ERATO川原万有情報網プロジェクト」との共同研究「風船構造のパーソナルモビリティpoimo(ポイモ)」に関する論文が、ヒューマン・コンピュータ・インタラクション(HCI)の国際会議「UIST 2020」に採択されたと発表した。(2020/9/30)

オフロードもいけるタフなやつ 時速50キロで走行可能な電動一輪車「inmotion V11」がおもしろそう
電動モーターだけでなく、エアサスペンションまで搭載しています!(2020/9/25)

「超小型モビリティの公道走行が解禁に」 つまりどういうこと?
どういうこと? それは何? 何が変わるの? を解説します。(2020/9/20)

ルネサス ISL94216:
16セル対応のバッテリーフロントエンドIC
ルネサス エレクトロニクスは、産業用モビリティ向け16セル対応バッテリーフロントエンドIC「ISL94216」を発売した。同社のICを組み合わせたインバーター制御向け「48Vモビリティソリューション」の提供も開始した。(2020/9/9)

車両デザイン:
ヤマ発の三輪バイクLMWに300ccモデル、NIKENのステア機構も応用
ヤマハ発動機は2020年8月24日、前2輪/後1輪の三輪バイクLMW(Leaning Multi Wheel)シリーズの新モデル「TRICITY(トリシティ)300 ABS」を発表した。LMWの大型スポーツモデル「NIKEN(ナイケン)」の技術を応用しながら、TRICITYシリーズの上位機種として開発。同年9月30日に発売する。税込メーカー希望小売価格は95万7000円で、日本国内の年間販売台数は400台を計画している。(2020/8/25)

中田英寿が挑む日本酒ビジネス【前編】:
高輪ゲートウェイ駅に全国の銘酒と高級レストランが集結 中田英寿とJ-WAVEが仕掛ける「NIHONMONO LOUNGE」
高輪ゲートウェイ駅前に元サッカー日本代表の中田英寿氏とJ-WAVEがコラボした期間限定のレストラン「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」がオープンした。中田氏が厳選した159蔵の銘酒と、国内で人気の高級レストランの料理が週替わりで登場する。中田氏に、コロナ禍の今だからこそ日本の魅力と文化を発信する意義を聞いた。(2020/7/28)

製造マネジメントニュース:
“日本の縮図”埼玉を舞台に社会課題解決型オープンイノベーションを促進
埼玉県、埼玉県産業振興公社、電子情報技術産業協会(JEITA)は、テクノロジーを活用して社会課題の解決を目指す「埼玉県社会課題解決型オープンイノベーション支援事業」のキックオフ記者説明会をオンラインで開催した。(2020/7/21)

ロボットが駅構内を消毒、荷物を搬送 JR東が高輪ゲートウェイ駅で実験
JR東日本が、高輪ゲートウェイ駅で計9機種のロボットやパーソナルモビリティを使った実証実験を行う。時期は7月以降。開発プロジェクトが終了する2025年以降に、市街地で活用する計画。(2020/7/7)

新世代の電動車いす「WHILL Model C」のシェアリング開始 神奈川県藤沢市で7月から
「移動が困難」が困難でなくなる時代、もうすぐきます。(2020/6/23)

モビリティサービス:
車いす型自動運転モビリティが羽田空港に正式導入、COVID-19対策にも貢献
WHILLは2020年6月8日、羽田空港第1ターミナルにおいて、車いす型の自動運転パーソナルモビリティの導入が決まったと発表した。(2020/6/10)

住宅・ビル・施設 Week 2019:
三菱地所が進める大手町ビル大規模改修の全貌
三菱地所は「OPEN INNOVATION FIELD」をテーマに掲げ、大手町ビルの大規模改修計画を中心に、丸の内エリアと大手町エリアの開発を進めている。(2020/5/20)

スマートビル:
ビル内の“3D地図”で複数のロボット・モビリティとビル設備を連携、三菱電機
三菱電機は、ビル内のエレベーター稼働状況やモビリティの位置情報を示した3次元地図を活用して、ロボットやモビリティの移動管制を行うシステムを開発した。(2020/3/19)

モビリティサービス:
アイシン精機のパーソナルモビリティが事業化、開発から5年で
アイシン精機は2020年3月6日、パーソナルモビリティ「ILY-Ai(アイリーエーアイ)」のリース提供を開始すると発表した。トヨタオートモールクリエイトが運営するショッピングセンター「カラフルタウン岐阜」(岐阜県岐阜市)向けに有償で提供する。来店客は、使い方の簡単なレクチャーを受けた上で無料で借りて利用することができる。(2020/3/10)

なぜ、トヨタは「実験都市」をつくるのか? その狙いと勝算を考える
トヨタ自動車が、あらゆるモノやサービスがネットを介してつながる都市「コネクティッド・シティ」を静岡県に建設すると発表した。海外の事例などから、トヨタが“実験都市”を建設する意義と勝算を考える。(2020/1/16)

モビリティサービス:
次世代モビリティの姿、自動運転、MaaS、エアモビリティ、地域連携がキーワードに
「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、幕張メッセ)、「第46回東京モーターショー2019」(会期:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)の関連イベントとして2019年10月18日、リレーカンファレンス「Mobility Summit〜近未来の移動空間の姿を浮き彫りに!〜」が開催された。Society 5.0具現化に向けたスマートモビリティによる、近未来の姿を自動運転、MaaS、エアモビリティ、地域連携をキーワードに展望し、新たなイノベーションの社会実装の可能性を議論した。(2020/1/15)

CES2020:
トヨタがデジタルツインで街づくり、移動、生活、インフラの新技術を試す
トヨタ自動車は消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2020」(2020年1月7〜10日、米国ネバダ州ラスベガス)において、静岡県裾野市に設置する実証都市「コネクティッド・シティ」のプロジェクトを発表する。モノやサービスをつなげる環境を整え、実際に人が住んで生活しながら、自動運転車やカーシェアリング、コネクテッドカー、パーソナルモビリティ、ロボット、スマートホームなどの活用に向けた実証を行う。(2020/1/8)

2021年初頭の着工:
トヨタ、静岡に「新しい街」を建設 自動運転やロボットを実証、2000人が生活
トヨタ自動車は1月7日、静岡県裾野市に実証都市「コネクティッド・シティー」を建設するプロジェクトを発表。自動運転やロボット、パーソナルモビリティなどの最先端技術の実証実験を行う街をつくる。(2020/1/7)

CES 2020:
トヨタ、「ネットにつながる実験都市」静岡に建設へ 自動運転・ロボットなど導入 2000人が居住
トヨタ自動車が「コネクティッド・シティ」を静岡県に建設する。自動運転・ロボット・スマートホーム技術などを試験的に導入し、有用性を検証する。(2020/1/7)

未来を先取り!? トヨタとヤマハがマジで開発する「パーソナルモビリティ」に乗ってきた【写真58枚】
あとは法整備か……!(2019/11/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。