「生産管理」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
生産管理フォーラム − @IT MONOist

セミナー:
PR:「PLM-ERP連携アセスメント&PoCサービス」ご紹介セミナー
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2022/1/17)

プレキャスト:
三井住友建設がPCa部材管理システムを現場で運用開始、ペーパーレス化と省力化を実現
三井住友建設はグループ会社のSMCプレコンクリートが茨城県で保有する茨城工場に部材管理システム「PATRAC-DL」を導入したことを公表した。茨城工場では、PATRAC-DLを採用することで、部材に貼り付けたRFIDタグにより、生産管理情報のトレーサビリティーが製造工場から建設現場まで広がり、部材データのシームレスな一元管理と、実現場での受入検査や記録作業の効率化、省力化を実現した。(2022/1/7)

PR:SAP ERPデータの“脱サイロ”をどう進める? 全世界の事例を知る専門家の答え
SAP ECC 6.0のサポート終了に伴う“2027年問題”に関連し、多くのユーザー企業が「蓄積したデータをどこに置き、どう生かすか」という問題を抱える。スムーズかつ外部データも併せた幅広い活用をかなえる現実解とは。(2021/12/22)

モノづくり最前線レポート:
中小製造業のIoT活用に5つのキーポイントと3つの壁、星野物産の取り組み
ソラコムのオンラインセミナー「製造現場の業務改善に役立つDX/IoTの始め方」に、業務用/家庭用の小麦粉製品を手掛ける星野物産が登壇。小麦粉製品製造装置のIoT化で直面した課題と、それらの改善活動で重視した「5つのキーポイント」について解説した。(2021/12/14)

モノづくり革新のためのPLMと原価企画(5):
原価の見える化と共有が“稼ぐ力”の基礎を作る、部門間情報のつなげ方
本連載では“品質”と“コスト”を両立したモノづくりを実現するDX戦略を解説する。第5回は製造業の“稼ぐ力”を育てる上で重要になる、原価の見える化を、実際の事例を取り上げて紹介していこう。(2021/11/29)

越智岳人の注目スタートアップ(1):
大企業も注目のプラズマ技術で家庭用美顔器を開発、美容スタートアップの挑戦
数多くのハードウェアスタートアップやメイカースペース事業者などを取材してきた越智岳人氏が、今注目のスタートアップを紹介する連載。今回は、小型の家庭用プラズマ美顔器「Un」を開発し、既存の美容機器市場に一石を投じ、価格破壊を起こすDENSHINDO(傳心堂)の開発ストーリーを取り上げる。(2021/11/29)

製造ITニュース:
連携機能強化、製造業向けIoTソリューションMeister Factoryシリーズ最新版
東芝デジタルソリューションズは、製造業向けIoTソリューション「Meister Factoryシリーズ」の最新バージョンの提供を開始した。製造業向け統合データモデル「Meister DigitalTwin」を中心に機能を強化している。(2021/11/24)

世界のスタンダードへ:
「売り上げがゼロになった」 埼玉県の町工場が、畑違いの医療分野でヒット商品を生み出せたワケ
埼玉県の小さな町工場から医療分野における「世界のスタンダード」が誕生するかもしれない。ミニ四駆のタイヤ製造で一世を風靡したものの、ブームが去り、売り上げはゼロに。そこから、畑違いの医療分野にて、町工場の強みを生かした製品をヒットさせた。現在はこんにゃくで模擬臓器を作っているという。売り上げゼロから立ち直った町工場、どんなストーリーがあったのか。(2021/11/24)

ラズパイで製造業のお手軽IoT活用(11):
ラズパイでバルブの開閉状態をセンシングする(その2)
小型ボードコンピュータ「Raspberry Pi(ラズパイ)」を使って、低コストかつ現場レベルでIoT(モノのインターネット)を活用する手法について解説する本連載。第11回では、気体や液体を管理するバルブの開閉状態をラズパイとセンサーの組み合わせでセンシングする事例を紹介する。(2021/11/18)

製造IT導入事例:
食品会社グループ3社がAIによる需要最適化ソリューションを導入
ハウス食品グループ3社は、NECの協力の下、3社のサプライチェーンマネジメントシステムを統合した。さらに、AIで高度に需要を予測するNECの「需給最適化プラットフォーム」と組み合わせることで、市場変動に迅速に対応し、食品ロスを削減する。(2021/11/17)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
“堅い”業界で培ったエッジの信頼性をコトづくりに、OKIが取り組むDXへの挑戦
ATM(現金自動預け払い機 )や通信システムなど社会インフラを担うさまざまなモノづくりを担ってきた信頼性や、AIエッジ技術をベースとし、さまざまな領域でのパートナーシップを通じて共創を広げているのがOKIである。OKIでDX/イノベーション統括担当の執行役員を務める田中信一氏に話を聞いた。(2021/11/15)

生産性向上のもう一つのキモは、設備管理の徹底にあり(1):
「設備管理」とは何か、自動化が進む工場での重要性を改めて考える
工場の自動化が進む中でより重要性を増している「設備管理」について解説する本連載。第1回は、設備管理の全体像を紹介するとともに、経営視点との関係性についても解説する。(2021/11/9)

コロナ禍でもマフラーは爆売れ! なのに「ニューモデル用マフラーが発売されない」意外な理由とは?
バイク人気でカスタムパーツ需要も活況。しかし、GB350用、レブル1100用、ハヤブサ用……など「今年登場の新モデル用マフラー」はそういえばあまり登場していません。一体なぜ……?(2021/11/7)

製造ITニュース:
不足データはAIが自動推定、軽量で使いやすいデジタルツインソリューション
ゼネテックは2021年10月25日、高精度かつ高速なデジタルツインモデリングを実現するソリューション「iPerfecta(アイパーフェクタ)」の販売開始を発表した。同社が国内で展開している「FlexSim」に、BIRD INITIATIVEのAIソリューション「assimee」を組み合わせて共同開発した。(2021/11/5)

接種で生かされた「カイゼン」:
これも日本の技術力! ワクチン接種に生かしたスキルとは
国内で新型コロナウイルスワクチン接種を2回以上を終えた人は26日、全人口の7割を超えた。当初は各地でトラブルも目立った集団接種だが、改善を重ねてスムーズに進展。その裏には、日本の製造現場で培われた知恵が一役買っていた。(2021/10/27)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
アイデアとソフトウェアが世界を変えるデジタルの時代こそIT部門が活躍すべきとき――IIBA日本支部代表理事 寺嶋一郎氏
コロナ禍でアフターデジタル時代を迎えようとしているいま、全社を俯瞰でき、ITという武器を持つIT部門こそが全社のDXを推進する先導役になるべきだ。そのためにやるべき7つのこととは。(2021/10/27)

セミナー:
PR:日本の製造業の向かう先を示すオンラインセミナー LINX DAYS 2021
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2021/10/20)

金津村田製作所で2021年11月から:
使用電力の100%を再エネに、村田製作所の工場で「初」
村田製作所は2021年10月12日、脱炭素化の取り組みの一つとして、同社生産子会社の金津村田製作所(福井県あわら市)の使用電力を100%再生可能エネルギー(再エネ)とすることを発表した。工場に導入した太陽光発電システムと蓄電池ユニットおよび、再生可能エネルギー由来の電力調達を組み合わせることで100%を達成する。(2021/10/13)

沖縄進出2年:
セブン、沖縄で100店舗達成 ファミマとローソンの「牙城」にどう切り込む? 現地法人社長に聞く
コンビニ最大手の「セブン-イレブン」が“最後の空白地”だった沖縄県に初出店した2019年7月11日からおよそ2年がたった8月19日、県内100店舗目の出店を達成した。(2021/10/5)

クラウドニュースフラッシュ
トヨタ系地図サービス会社が、3大クラウドではなく「OCI」のDBMSを選んだ理由
国内企業の「OCI」の導入事例やクラウド利用状況調査の結果、「秘密計算」が可能なクラウドサービスの提供開始など、クラウドの主要なニュースを紹介する。(2021/9/30)

ものづくり白書2021を読み解く(3):
製造業DX推進のコツは、経営トップと現場に精通するリーダー社員の2段階で
日本のモノづくりの現状を示す「2021年版ものづくり白書」が2021年5月に公開された。本連載では3回にわたって「2021年版ものづくり白書」の内容を掘り下げる。第2回では「製造業のニューノーマル」の主軸として紹介されている「レジリエンス」「グリーン」「デジタル」という3つの視点について掘り下げる。(2021/9/27)

サラダ専門店:
キャッシュレス決済が顧客体験向上を生み出す──CRISP宮野代表に聞く
“コネクティッド・レストラン”の構築を目標に2014年に起業されたCRISPは、セルフレジシステムの活用、グループオーダー、サブスクリプションと拡大を続け、同社製のセルフレジシステムは他社への販売も行う。顧客接点の作り方や、テクノロジーを活用したサービス向上の手法、将来の展開などを宮野浩史社長に聞いた。(2021/9/24)

トレンドキーワードピックアップ
不死身の言語「COBOL」とは? “Visual COBOL待望論”や“Goで脱COBOL”の動きも
企業ITを取り巻くホットなキーワードの関連記事を紹介する「トレンドキーワードピックアップ」。今回はプログラミング言語「COBOL」に関する記事を取り上げます。(2021/9/17)

ラズパイで製造業のお手軽IoT活用(10):
ラズパイでバルブの開閉状態をセンシングする(その1)
小型ボードコンピュータ「Raspberry Pi(ラズパイ)」を使って、低コストかつ現場レベルでIoT(モノのインターネット)を活用する手法について解説する本連載。第10回では、気体や液体を管理するバルブの開閉状態をラズパイとカメラの組み合わせでセンシングする事例を紹介する。(2021/9/16)

工程管理は、あらゆる現場問題を解決する(8):
厳格な「棚卸し」は経営改善につながり、工程管理に現場監督者の活躍は欠かせない
工場における生産管理の根幹となる「工程管理」について解説する本連載。第8回は、まず「棚卸し」についての説明を行った後、連載の締めくくりとして、工程管理における現場監督者の役割と活躍の重要性について解説する。(2021/9/9)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
いまさら聞けないリチウムイオン電池とは? EVの行く手に待ち受ける試練(後編)
今回は、そのレアアース不足を前提にバッテリーがどの様な変化をしていくのかについて、考えてみたい。まずリチウムイオン電池というものはそもそもどういうモノなのかから説明をしないと話が分からないだろう。(2021/9/6)

導入前後での弊害は?:
今後導入したいと考えている「ITツール」1位は? 業種別でも調査
アスクルは「職場でのITツール導入」に関する調査を実施した。今後導入したいと考えているITツール1位は? 業種別の意見も調査した。(2021/9/1)

製造IT導入事例:
業務用冷凍冷蔵庫メーカーがクラウド型ERPを採用
フクシマガリレイは、グループ会社との連携強化および業務効率向上を目的に、SAPの次世代ERP「SAP S/4HANA」と分析クラウド「SAP Analytics Cloud」の導入を決定した。(2021/8/30)

製造ITニュース:
良品画像の学習のみで不良品検出が可能なAI検査支援サービスを提供
NECソリューションイノベータは、良品画像の学習のみで、AI技術により不良品を検出できるクラウドサービス「NEC AI・画像活用見える化サービス / 生産管理・検査支援」の提供を開始した。(2021/8/30)

製造業DXが生む3つの価値(2):
モビリティでリアルタイム情報収集を実現、AI活用でさらに強力なツールに
製造業でも多くの関心が寄せられている「DX」。前回連載の「製造業に必要なDX戦略とは」では、製造業におけるDXへの取り組み方を3つ例に挙げて解説した。本連載では、DX基盤を構築したその先で、具体的に「何が実現できるのか」を紹介する。(2021/8/27)

製造IT導入事例:
国内大手石油用機器製造販売企業が基幹システムにSaaSを採用
日本オラクルがSaaSとして提供する「Oracle Fusion Cloud Applications」製品群を、タツノが基幹システムに採用した。製品ライフサイクル情報など、経営情報をリアルタイムに確認可能になった。(2021/8/16)

FAニュース:
JUKI、10万CPHの高速搭載が可能なコンパクトなモジュラーマウンタ発売
JUKIは、高速コンパクトモジュラーマウンタ「RX-8」を発売した。搭載ヘッドのノズル数を1ヘッド20本に増やし、一度に吸着できる部品数を向上させた。従来機比1.3倍となる10万CPHの高速搭載により、大幅に生産性を向上できる。(2021/8/6)

製造IT導入事例:
キナクシスのSCMソリューションをアドバンテストが採用
キナクシス・ジャパンは2021年7月28日、サプライチェーンマネジメントの見える化などを支援するクラウド型ソリューション「RapidResponse」をアドバンテストが採用したと発表した。(2021/8/4)

もうIT機器調達でミスらない:
PR:経験不足のIT担当者でも望み通りのサーバが手に入るオンラインストア、その秘密を探る
IT機器を新規調達する際には、自組織の運用スタイルとビジネス、技術要件などを照らし合わせて組織にフィットするものを選定しなければならない。しかし、それには経験とノウハウが必要だ。(2021/7/29)

製造マネジメントニュース:
金型づくりの自動化を推進する拠点を沖縄に開設
NTTデータエンジニアリングシステムズは、ものづくりネットワーク沖縄らと共同で、金型づくりの自動化を推進する拠点「Mold Future Space - OKINAWA」を沖縄県うるま市に開設した。(2021/7/9)

スマートファクトリー:
食品製造業のスマート工場化を支援、EdgecrossがWG活動を推進
Edgecrossコンソーシアムは、業界に特化した課題解決やソリューション構築を進めるためにワーキンググループ(WG)活動を強化。その1つが食品製造業に向けた「食品製造業向けソリューション構築WG」である。同WGリーダーを務める小玉昌央氏(サトー)に、食品製造業における課題とWGの取り組みについて話を聞いた。(2021/7/9)

ラズパイで製造業のお手軽IoT活用(9):
ラズパイでAGVを制御する(その2)【サンプルコード付き】
小型ボードコンピュータ「Raspberry Pi(ラズパイ)」を使って、低コストかつ現場レベルでIoT(モノのインターネット)を活用する手法について解説する本連載。第9回では、前回紹介したラズパイで制御するAGVについて、その構造や制御プログラムについて説明する。サンプルコードもあるよ!(2021/7/8)

アパレル業界、ボーナスの平均は年60.7万円 コロナ禍でも増えた理由は?
2020年におけるアパレル・ファッション業界の「平均年間賞与額」は60.7万円で、前年から2.2万円増――。パーソルキャリアが昨年、自社の転職支援サービス「クリーデンス」に登録した人のデータを元に算出した結果で分かった。(2021/7/6)

スマート工場最前線:
福島から世界へ、デジタルツインで24時間稼働する理想の変種変量工場
ロボコム・アンド・エフエイコムは2021年6月28日、福島県南相馬市に先進デジタル技術を取り込んだスマート工場「ロボコム・アンド・エフエイコム南相馬工場」を開所した。製造現場の情報をリアルタイムでデジタル空間に再現する「デジタルツイン」により、24時間稼働の変種変量生産が可能だとしている。(2021/7/5)

工程管理は、あらゆる現場問題を解決する(7):
丁寧な「現品管理」でスムーズな工程管理と高い生産性を実現する
工場における生産管理の根幹となる「工程管理」について解説する本連載。第7回は、各工程を流れている仕掛かり品を確実に把握する「現品管理」について説明する。(2021/7/1)

スマートファクトリー:
東芝のデジタル生産技術は工場の枠を超え「スマートマニュファクチャリング」へ
東芝が同社のデジタル生産技術とそれらを生かした製造業向けIoTソリューション「Meisterシリーズ」について説明。2021年6月15日に発表したインダストリー4.0で標準規格化が進む「アセット管理シェル」に対応する機能を追加したMeisterシリーズのサービスの新バージョンも紹介した。(2021/6/22)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
米国株より高騰する木材 「ウッドショック」は一過性か?
この一年は米国株よりも「木」を持っていた方がもうかったようだ。今、世界的な未曾有(みぞう)の材木価格高騰によって、「ウッドショック」と呼ばれる現象が発生している。(2021/6/18)

「ファクト」から考える中小製造業の生きる道(4):
平均値から1割以上も低い日本の「労働生産性」、昔から低いその理由とは
苦境が目立つ日本経済の中で、中小製造業はどのような役割を果たすのか――。「ファクト」を基に、中小製造業の生きる道を探す本連載。第4回では「労働生産性」に焦点を当てていきます。(2021/6/14)

収入に不満:
年収400万円台の職業ランキング 1位は?
求人情報サイトを運営するビズヒッツは「年収400万円台の職業に関する意識調査」の結果を発表した。調査対象316人のうち最も多かったのは……。(2021/6/8)

品質管理システム:
PR:Excelによる品質管理はもう限界、月額5万円のクラウドサービスで課題を解決
多くの製造業で、今もなおExcelや紙を使った品質管理が行われており、IT化の進んだ現在において数々の問題の根源となってしまっている。そうした中で、宇部情報システムが2021年6月にリリースするのが、低コストかつ即利用開始可能でありながら、必要十分な機能を備えたクラウドベースの品質管理システム「QC-One Lite」だ。(2021/6/1)

ラズパイで製造業のお手軽IoT活用(8):
ラズパイでAGVを制御する(その1)
小型ボードコンピュータ「Raspberry Pi(ラズパイ)」を使って、低コストかつ現場レベルでIoT(モノのインターネット)を活用する手法について解説する本連載。第8回では、工場などで用いられるAGVの制御にラズパイを活用する目的について解説する。(2021/5/31)

製造ITニュース:
水産加工会社の損益管理ノウハウを詰め込んだ、原価管理テンプレートを発売
キヤノンITソリューションズは、マルハニチロの原価管理、損益管理の手法と帳票をテンプレート化した「損益管理テンプレート」を発売した。同社の生産管理パッケージ「mcframe原価管理」のオプションとして提供する。(2021/5/31)

工場ニュース:
5Gの無線局免許を取得し、ローカル5Gを活用した実証実験を開始
富士電機は、5Gの無線局免許を取得し、ローカル5Gを活用した実証実験を東京工場で開始した。ローカル5Gを生産活動に適用し、5Gの特徴を生かしたソリューションの創出を目指す。(2021/5/25)

新型コロナで加速する製造業のIT投資
クラウド移行や3Dプリンタ活用が加速 製造業向けITの4大トレンド
製造業の間でIT投資が進む中、ITベンダー各社も製造業向けの製品・技術開発を活発化させている。ITベンダー各社のイベント内容を基に、「IIoT」をはじめとする製造業向けITのトレンドを整理しよう。(2021/6/15)

工場セキュリティ:
PR:サイバー攻撃に狙い撃ちされる工場、「OT専用」のデバイスセキュリティが必要な理由とは?
人手不足やコロナ禍の影響などによりスマート工場化が加速している。しかし、工場のネットワーク接続が広がる中で高まっているのがサイバー攻撃の脅威だ。実際に工場を“狙い撃ち”する動きも広がってきており喫緊の課題となってきている。工場(OT環境)とオフィス(IT環境)とで守り方の違いはあるのか? いまOT専用のサイバーセキュリティに力を入れるトレンドマイクロに、OT環境で取り組むべき対策についてインタビューを行った。(2021/5/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。