「生産管理」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
生産管理フォーラム − @IT MONOist

仙石惠一の物流改革論:
物流の根幹、「荷姿」を疑え
物流改善を行う際、「荷姿(にすがた)」の要素を軽視していないだろうか?(2024/2/13)

「総務」から会社を変える:
「DXした!」と満足する総務が見落とす、本当にやるべきこと
DXで目指すべきは、データマネジメントを通じた「データ駆動経営」だ。DXと密接に関連する「データマネジメント」を、総務はどう進めるべきか。(2024/2/13)

結果を出す製造DX〜人を育ててモノの流れを改革する〜(2):
「集めましたIoT」に「こねくりAI」 DX推進で製造業が陥りがちなワナとは?
モノづくりDXの重要性が叫ばれて久しいが、満足いく結果を出せた企業は多くない。本連載ではモノの流れに着目し、「現場力を高めるDX」実現に必要なプロセスを解説していく。第2回はDX推進時の「3つのワナ」について説明する。(2024/2/15)

崎陽軒シウマイに「シリコン片」混入 約2200個販売「昔ながらのシウマイ」を自主回収……「深くお詫び」
約2200個を販売していました。(2024/2/8)

CASE時代のAWS導入:
PR:AWS導入の不安を減らす“セカンドオピニオン” 新時代を迎えた製造業の頼もしい味方
CASE時代を迎え、自動車業界でもAWSをはじめとするクラウドの導入ニーズが高まっている。だが、メーカー自身にも懇意のシステムインテグレーション(以下、SI)ベンダーにもAWS導入の知識が十分にあるとは限らない。そこで自動車業界のクラウド導入のベストプラクティスを豊富に持つシーイーシーが頼りになる。(2024/2/13)

スターティアレイズ株式会社提供Webキャスト
製造業はRPAと相性抜群? 3社の事例から成果を挙げる活用方法を読み解く
ある調査によると、RPAの導入率が際立って高い業界は製造業だという。実際にRPAをどのように活用しているのか。3社の事例を基に、具体的な活用方法を紹介しつつ、成果を挙げる秘訣を探った。(2024/1/30)

現場改善を定量化する分析手法とは(6):
「工場診断」は見える化による盤石な組織づくりの手法である
工場の現場改善を定量化する科学的アプローチを可能にする手法を学習する本連載。第6回工場運営分析の後編として、見える化に基づく「工場診断」を取り上げる。(2024/1/30)

モノづくり現場の未来予想図(2):
迫りくる「2025年の崖」、真のデータ活用を実現するスマート工場への道筋とは
本連載では、Schneider Electric(シュナイダーエレクトリック)インダストリー事業部 バイスプレジデントの角田裕也氏が、製造業で起きているグローバルな変化を紹介しながら製造現場の将来像を考察する。第2回は、「2025年の崖」が待ち構える中、今進めるべきスマート工場に向けた取り組みを紹介する。(2024/1/30)

仙石惠一の物流改革論:
フォークリフトは「運ぶための機械」ではない――迫る物流2024年問題、認識すべき基本
フォークリフトの仕事が「運搬」だと思っていたら間違いだ。その前提の上、生産性を向上させる方法を解説する。(2024/1/19)

結果を出す製造DX〜人を育ててモノの流れを改革する〜(1):
なぜ製造DXは成果が出ないのか いまだ根強い「3つの誤解」
モノづくりDXの重要性が叫ばれて久しいが、満足いく結果を出せた企業は多くない。本連載ではモノの流れに着目し、「現場力を高めるDX」実現に必要なプロセスを解説していく。第1回はDXをめぐる「3つの誤解」について説明する。(2024/1/12)

セミナー:
PR:【新春特別企画】SCMの脱・属人化カンファレンス2024 〜製造業・永遠のテーマを深掘りする120分〜
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2024/1/9)

仙石惠一の物流改革論:
物流初心者でもできる、現場で改善すべき「宝の山」の見つけ方
物流はよく「宝の山」だといわれる。まだまだ改善が進んでおらず「改善という宝」が埋もれているからだ。その見つけ方とは。(2023/12/28)

アサヒ飲料とNEC、AIによる需要予測の実証実験 「ベテランしかできない業務」を7割再現
NECは、AIによる新商品需要予測と予測精度マネジメントによる収益拡大に向けた戦略立案高度化の実証実験をアサヒ飲料と実施した。机上評価で年間3億円の損失削減を見込むなどの成果を確認できたという。(2023/12/25)

ERPでGXに取り組む 北川工業がmcframe 7 CFPでPoCを完了
GXへの注目が高まる中、北川工業が「mcframe 7 CFP」を活用し、温室効果ガス(GHG)の製品単位CO2換算排出量算定を目的としたPoCを完了した。(2023/12/6)

ワクワクを原動力に! ものづくりなヒト探訪記(10):
町工場の経営改革、どこから着手する? 中小製造業の経営者が対談
本連載では、厳しい環境が続く中で新しい領域にチャレンジする中小製造業の“いま”を紹介していきます。今回は、製造業の経営改革に取り組む2社、影山鉄工所と藤恵工業の対談をお届けします。(2023/12/6)

工場ニュース:
日立ハイテクが茨城県に工場用地を取得、ヘルスケア分野の製品生産能力を強化
日立ハイテクは、茨城県ひたちなか市足崎に新工場用地を取得した。体外診断、分子診断に関わる製品の開発、生産能力の強化を目指す。(2023/11/30)

製造業IoT:
村田製作所とIIJ、東南アジアでのIoTビジネスを支援するデータ基盤を提供開始
村田製作所とインターネットイニシアティブは、データビジネスに必要なデバイスから運用までを一括で提供するグローバルIoTデータサービスプラットフォーム「Crossborder Co-DataBiz Platform」の商用提供を開始した。(2023/11/30)

現場改善を定量化する分析手法とは(5):
「工場運営分析」が製造業の省エネとスマート化の基礎になる
工場の現場改善を定量化する科学的アプローチを可能にする手法を学習する本連載。第5回からは前後編の2回に分けて工場運営分析について説明する。前編の第5回は「エネルギー分析」と「生産形態分析」を取り上げる。(2023/11/28)

ビジネスパーソンのためのIT用語基礎解説:
よく耳にするけれど実はあまり理解していなかった「SoR、SoE」の違いを学ぼう
IT用語の基礎の基礎を、初学者や非エンジニアにも分かりやすく解説する本連載、第14回は「SoR、SoE」です。ITエンジニアの学習、エンジニアと協業する業務部門の仲間や経営層への解説にご活用ください。(2023/11/22)

仙石惠一の物流改革論:
ムダな出費を生む「異常物流」を撲滅せよ 2024年問題、DXの前にやるべき基本
物流業界における「2024年問題」はすぐそこまで迫っている。この問題を克服するためには物流業の生産性向上以外の道はない。(2023/11/21)

Google Cloud Next Tokyo ‘23:
年6000万円のムダ削減した三菱重工の工場DX 元社会人野球選手が主導したAI活用のウラ側
とある薬品の廃棄が減らせず、年6000万円の無駄が発生していた三菱重工。元社会人野球選手の社員がAIによる改善プロジェクトに任命されたが、「不安を感じたままのスタートだった」という。実際の取り組みはどう進んだのか。(2023/11/16)

モノづくり革新のためのPLMと原価企画(6):
PLMでプロダクト単位の損益を見る、設計と経営をつなぐモノづくりの考え方
本連載では“品質”と“コスト”を両立したモノづくりを実現するDX戦略を解説する。第6回は設計と経営をつなぐ上で必要となる考えと、そのためになぜPLMが必要かを解説する。(2023/11/14)

金属3Dプリンタ:
群馬から金属3Dプリンタによるデジタルモノづくりを広げるGAMの挑戦
本稿では「ITmedia Virtual EXPO 2023秋」において共和産業 代表取締役社長で群馬積層造形プラットフォーム(GAM) 代表理事の鈴木宏子氏が行った「群馬発世界へ、GAMが金属3Dプリンタで進めるデジタルモノづくり」をテーマとした講演を紹介する。(2023/11/10)

中堅・中小企業が今、「会計管理製品」に求める機能は? ノークリサーチが調査
中堅・中小企業におけるERPの導入率が徐々に高まる中で、中堅・中小企業が多く利用してきた会計管理システムへのニーズに変化が起きている。AIを活用した製品も登場する中で、今求められている機能とは。(2023/10/31)

FAニュース:
不良低減と省エネに寄与する機能搭載の全電動射出成形機、OPC-UAに標準対応
住友重機械工業は、全電動射出成形機「SE-EV-S」「SE-EV-S-HD」シリーズを発表した。低い射出圧力と型締力での成形を可能にすることで、不良の低減と省エネにつなげている。(2023/10/25)

「生成AIに指示してテキストを作成する」というニーズは1割以下:
中堅中小企業は生成AIに「詳しく指示しなくても成果物を出すこと」を期待している ノークリサーチ
ノークリサーチは、データ分析や生成AIの業務アプリケーションでの活用に関する分析結果を発表した。生成AI活用では「AIチャット」と「自動生成機能」を分離し、「指示方法に選択肢を与えることが重要だ」としている。(2023/10/24)

仕事のできる新入社員ほど「ビジネスマナー」を重視していない なぜ?
「配属後に最も意識していきたいこと」について、配属後のパフォーマンス発揮度合いが高い人と低い人の間で、回答差があったことがNEWONE(東京都千代田区)による調査で明らかとなった。パフォーマンス発揮度が高い新入社員はどのようなことを意識しているのか。(2023/10/24)

デジタル変革成功のメソッド どこから挑む? どこから変える? :
DX人材育成のNGパターンと回避策、研修設計で役立つChatGPT活用のヒント
DX人材育成を“間違った方法”で進めることで、効果を出せないばかりか、従業員のモチベーションを下げてしまうことがある。本稿では、その失敗事例を紹介するとともに、DX人材育成のあるべきアプローチや研修の設計例を紹介する。(2023/10/19)

仙石惠一の物流改革論:
経営者に物流コストを「直視」させる方法
批判を恐れずに言わせていただくと、日本の企業は物流に無関心だ。サプライチェーンにおける企業活動では、ほぼ100%物流が発生する。しかし、その物流をコントロールする人材を十分に配置していなければ、育成もしていない。ならば、物流におけるコストを「見える化」しよう。そうすれば、まともな経営者だったらアクションを取らざるを得ないだろう。(2023/10/18)

IVI公開シンポジウム2023秋:
中小製造業にもできる脱炭素、IVIが7社で実証を行い10万円キットの展開も開始
IVIは「IVI公開シンポジウム2023-Autumn-」を開催。カーボンニュートラルに向けたさまざまな実践的な取り組みを紹介するとともに、新たに中小製造業でも使用できる10万円のカーボンニュートラル対応キットをリリースすることを発表した。(2023/10/16)

しまむら決算好調 ユニクロと決定的に異なる独自のビジネスモデル
しまむらの連結売上高と各利益高は、上期として過去最高を更新した。しまむらが消費者からの支持を集める要因を考えると、ユニクロと決定的に異なる独自のビジネスモデルが見えてくる。(2023/10/16)

現場改善を定量化する分析手法とは(4):
工場のレイアウト案の評価はそのまま生産効率に直結する
工場の現場改善を定量化する科学的アプローチを可能にする手法を学習する本連載。第4回は、SLP法における「レイアウト案の比較評価」「完成したレイアウト計画の実行」について説明する。(2023/9/26)

FAニュース:
ロックウェルがクラウド型MESを日本で本格展開、マイクロソフトの国内サーバ活用
Rockwell Automationはクラウド型MES「Plex」のクラウドサーバを2023年10月1日より日本国内のマイクロソフトAzureのデータセンターでホストする。(2023/9/22)

仙石惠一の物流改革論:
物流を「コスト」と見なす人に欠けている視点
物流部門はしばしば「コストダウン」の標的になる。直接的な付加価値を生まないとみなされているからだ。しかし、その視点だけでは経営を誤った方向へ向かわせてしまうかもしれない。ロジスティクス・コンサルタントの仙石惠一が解説する。(2023/9/20)

ものづくり白書2023を読み解く(3):
DXを妨げる「ノウハウ/ヒト/カネ」不足、組織横断のデータ共有が進まぬ製造業
日本のモノづくりの現状を示す「2023年版ものづくり白書」が2023年6月に公開された。本連載では3回にわたって「2023年版ものづくり白書」の内容を紹介していく。(2023/9/20)

第5回 建設・測量生産性向上展:
高価な建設ICTを用いた“i-Construction”は「ホントに儲かる?」コベルコ建機が真相を明かす
昨今は、IoTセンサーや空間処理技術を用いたマシンガイダンスや遠隔操作を備える高額なICT建機が市場に現れてきている。だが、3次元測量や情報化施工も含め、i-Constructionを活用することは、建設会社に費用対効果が見込める、言うなれば「本当に儲かる」のだろうか?(2023/9/12)

製造ITニュース:
製造業のAI活用をよりポップに、クリック操作でデータ分析が行えるプラットフォーム
企業によるデータ活用のためのAI(人工知能)プラットフォームを提供するDataiku Japanは2023年9月5日、同社のサービスや経営戦略に関する説明会をオンラインで開催した。(2023/9/6)

製造IT導入事例:
大企業のソフトウェア人材育成と中小企業のDXが同時に進む方法
中小企業で、副業や業務委託ではない「プロボノ」の活用が広がろうとしている。これが中小企業のDX推進だけでなく、大企業のリスキリングにもつながる可能性を秘めている。(2023/9/5)

メイドインジャパンの現場力:
“現場の負担を削る”新工場で工作機械の作り方を進化、AGVも活用で生産性35%向上
工作機械メーカーの中村留精密工業は2023年8月23〜25日までプライベートショー2023「負担を削る展」を本社工場で開催し、新たに完成した第13工場のMAGIを公開した。(2023/9/4)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(88):
SBOMがあれば脆弱性管理は完璧……となるその前に
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。今回は、セキュリティ観点でソフトウェアの部品管理「SBOM」に注目したいと思います。(2023/8/28)

仙石惠一の物流改革論:
物流「2024年問題」まであと7カ月――トラック積載率を上げる4つの方法
物流業界における「2024年問題」はすぐそこまで迫っている。この問題を克服するためには物流業の生産性向上以外の道はない。ロジスティクス・コンサルタントの仙石惠一が、運送業はもちろん、間接的に物流に携わる読者に向けて基本からノウハウを解説する。(2023/8/28)

仙石惠一の物流改革論:
「配送部門に無理を強いれば大丈夫」は通用しない――物流2024年問題、まずやるべきこと
物流業界における「2024年問題」はすぐそこまで迫っている。この問題を克服するためには物流業の生産性向上以外の道はない。ロジスティクス・コンサルタントの仙石惠一が、運送業はもちろん、間接的に物流に携わる読者に向けて基本からノウハウを解説する。(2023/8/25)

ラズパイで製造業のお手軽IoT活用(14):
ラズパイにもセキュリティを、不良実績入力の品質管理を暗号化通信で実現
小型ボードコンピュータ「Raspberry Pi(ラズパイ)」を使って、低コストかつ現場レベルでIoT(モノのインターネット)を活用する手法について解説する本連載。第14回は、ラズパイのセキュリティとして暗号化通信を導入する方法を紹介します。併せて、不良実績入力の品質管理での応用も取り上げます。(2023/8/23)

甲元宏明の「目から鱗のエンタープライズIT」:
「貴社のクラウド移行、“悪手”です」 価値あるクラウド移行のための「2つの条件」
オンプレミスからクラウドに移行する企業が増える中、筆者はクラウド移行には「悪手」が存在すると言います。Slerに勧められるままに“何となく”クラウド移行する前に押さえるべき2つの条件とは。(2023/8/10)

セミナー:
PR:製造業の10年先を見据えたDX! 戦略の策定からシステム導入までの成功を学ぶセミナー
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2023/8/1)

仙石惠一の物流改革論:
トラック運転手に「タダ働き」させるな 物流2024年問題、まずやるべきこと
物流業界における「2024年問題」が迫っている。漠然とした不安を抱える人も多いだろう。結論、輸送能力不足を解決するには、まずは現場にあふれている「ムダ」をなくすことにある。デジタル化だ、DXだ、という前にやることがあるのだ。(2023/8/1)

現場管理:
三井住友建設、RFIDタグ一体化の鉄筋コンクリート製品用スペーサー開発
三井住友建設は、RFIDタグと一体化した鉄筋コンクリート製品用スペーサーを開発した。RFIDタグによる生産管理情報の一元管理が、PCa部材製造の上流工程から可能となっている。(2023/8/1)

現場改善を定量化する分析手法とは(3):
工場のレイアウト計画における「アクティビティ相互関係分析」と素案作成
工場の現場改善を定量化する科学的アプローチを可能にする手法を学習する本連載。第3回は、SLP法における「アクティビティ相互関係分析」と「レイアウトの素案作成」について説明する。(2023/7/26)

大変革時代の設計者 部門連携とデータ活用の重要性(4):
経営資源の一元的な把握を目指してきた管理システム 〜図面データの連携の必要性〜
大変革時代を迎える製造業。従来の縦割り、属人化したモノづくりから脱却し、全ての工程でのプロセス改革を実現するには、図面データや発注実績などの製品データを活用した部門連携が欠かせない。連載第4回では設計情報や購買情報を管理するシステムの歴史を振り返るとともに、埋もれた図面データの活用意義や別々に管理されている情報の連携の必要性について解説する。(2023/7/26)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「なぁぜなぁぜ」TikTokでの大流行は、経営学的に必然といえるワケ
TikTokで流行中のフレーズ「なぁぜなぁぜ」。経営学的な視点からひもとくと、「トヨタ自動車」や「ソニー」といった世界的企業の成功パターンといくつか共通点がある。(2023/7/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。