ニュース
» 2023年02月01日 10時00分 公開

2023年のサプライチェーン予測、不確実性と変動性の高い状況が継続か製造マネジメントニュース

インフォアジャパンは、「2023年のサプライチェーンに関する予測」を発表した。新型コロナウイルス感染症やロシアによるウクライナ侵攻などの影響により、サプライチェーンの課題は2023年も継続すると予測する。

[MONOist]

 インフォアジャパンは2023年1月10日、「2023年のサプライチェーンに関する予測」を発表した。新型コロナウイルス感染症やロシアによるウクライナ侵攻などの影響により、サプライチェーンの課題は2023年も継続すると予測する。

 2023年の予測では、サプライチェーンのパフォーマンスに影響を与えるローカルおよびグローバルな要因が重なることで、不確実性と変動性の高い状況が続くとする。企業は、在庫を抱える一方で、モノ不足への対応が求められる。そのため、正確な需要計画やAI(人工知能)、ML(機械学習)などの導入が負担軽減につながるという。

 ロシアのウクライナ侵攻によるエネルギーと食料供給への影響は、特にヨーロッパや中東、アフリカで厳しい状況が続く。サプライチェーン上で予測不可能な事態が発生することがあれば、世界各地でインフレや食糧難、経済的困難が生じると予測する。また、リモートによる労働が不可能なエッセンシャルワーカーのストライキや人手不足など、労働力がサプライチェーンの機能不全に影響を与えることが懸念されている。

 中国については、今後もサプライチェーンに影響を及ぼすと予測。積極的に脱中国を進める必要があるものの、同国に代わる輸送、物流インフラやサービスプロバイダーはまだなく、同国の影響下にある地域を通過する貿易ルートは、予期せぬ事態に直面する可能性が残るとする。

 サプライチェーン業務の可視化では、より広範囲で包括的なアプローチを提供するビジネスネットワークやアプリケーションプラットフォームが改めて重視される。輸送可視化に関する購買決定には、運送部門だけでなく調達、財務、在庫管理など多くの関係者が関わるようになると予測している。

⇒その他の「製造マネジメントニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.