ニュース
» 2022年06月21日 09時00分 公開

ガラスビルドプレート搭載の軽量コンパクトな家庭用3Dプリンタ、価格は5万円台3Dプリンタニュース

APPLE TREEは、同社が日本総代理店を務めるFLASHFORGEの家庭用3Dプリンタの新製品「Adventurer3 Pro」の予約販売を開始した。プラットフォームには、造形物を簡単に取り外すことができるよう100℃まで加熱可能なガラスビルドプレートを採用。また、静音設計により造形時の稼働音を45dbまで抑えられ、快適に利用できる。

[八木沢篤,MONOist]

 APPLE TREEは2022年6月14日、同社が日本総代理店を務めるFLASHFORGEの家庭用3Dプリンタの新製品「Adventurer3 Pro」の予約販売を開始したことを発表した。

FLASHFORGEの家庭用3Dプリンタの新製品「Adventurer3 Pro」 FLASHFORGEの家庭用3Dプリンタの新製品「Adventurer3 Pro」[クリックで拡大] 出所:APPLE TREE

 Adventurer3 Proはシングルヘッドの熱溶解積層(FDM)方式3Dプリンタで、最大造形サイズは150×150×150mm、積層ピッチは0.05〜0.4mmとなる。ノズル径は0.4mm(その他、0.3mm/0.6mmのノズルに交換可能)で、材料はABS、PLA、PC(ポリカーボネート)、PETG(グリコール変性ポリエチレンテレフタレート)、PETG-CF(PETGに炭素繊維を混合)などのフィラメントを利用できる。

家庭用としては十分な造形サイズ(最大150×150×150mm)を確保 家庭用としては十分な造形サイズ(最大150×150×150mm)を確保[クリックで拡大] 出所:APPLE TREE

 Adventurer3 Proの本体サイズは388×340×405mmで、重量は9kg。FLASHFORGEの3Dプリンタ製品の中で最もコンパクトであった「Finder」(本体サイズ:420×420×420mm/重量:11kg/最大造形サイズ:140×140×140mm)よりも軽量コンパクトでありながら、最大造形サイズを広げている。

 プラットフォームには、造形物を簡単に取り外すことができるよう100℃まで加熱可能なガラスビルドプレートを採用している。また、静音設計により造形時の稼働音を45dbまで抑えることが可能で、快適な利用環境を実現する。ノズルはワンプッシュで簡単に取り外せるため、他のノズル径への交換や目詰まりなどのトラブル対応&メンテナンスが容易に行える。

造形時の稼働音も静かだという 造形時の稼働音も静かだという[クリックで拡大] 出所:APPLE TREE

 Adventurer3 Proの販売価格(税込み)は5万8300円。発送は製品入荷(2022年7月下旬予定)後、順次発送となる。

⇒ その他の「3Dプリンタ」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.