ニュース
» 2022年03月02日 11時30分 公開

産業機械の小型化や省エネ化に貢献、外輪外径10mm重量5gの逆入力遮断クラッチFAニュース

NTNは、小型、軽量化した逆入力遮断クラッチ「トルクダイオード」の新機種「TDL8」を開発した。従来機比で外輪外径は3分の1の10mm、重量は14分の1の5gになり、産業機械のコンパクト化や省エネルギー化に貢献する。

[MONOist]

 NTNは2022年2月9日、小型、軽量化した逆入力遮断クラッチ「トルクダイオード」の新機種「TDL8」を開発したと発表した。各種産業機械向けの逆入力防止機構や落下防止機構として幅広く適用できる。

キャプション 逆入力遮断クラッチ「トルクダイオード」の新機種「TDL8」 出所:NTN

 トルクダイオードは、入力軸からの回転(トルク)は出力軸に伝達するが、出力軸からの回転は入力軸に伝達しない機構を備え、モーターと変速機といった2つの動力伝達軸の間に使用する。

 出力軸をロックして入力軸へ回転を伝達しないロックタイプと、出力軸を空転させ入力軸へ回転を伝達しないフリータイプの2種類がある。電磁ブレーキを採用したタイプとは異なり、電気や配線が不要で、搭載機器の省エネルギー化や停電時などの安全性向上に貢献する。

キャプション 「トルクダイオード」の構造 出所:NTN
キャプション ロックタイプの「トルクダイオード」の機能 出所:NTN

 TDL8は、新たに開発した極小径のころに加え、従来よりも省スペース化が可能な独自形状のばねを採用することで、従来機種「TDL28」比で外輪外径を3分の1の10mm、重量を14分の1の5gに小型、軽量化した。逆入力防止機構や落下防止機構として適用することで、各種産業機械のコンパクト化や、省エネルギー化が可能になる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.