ニュース
» 2021年12月02日 14時00分 公開

製品の外観異常を判定するシステムに、AIモデル自動生成機能などを追加製造ITニュース

沖電気工業は、映像AIを用いた「外観異常判定システム」にGoogle Cloudの「Visual Inspection AI」を組み合わせることで、AIによる学習モデルの自動生成と自律検査機能を追加した。

[MONOist]

 沖電気工業は2021年11月15日、映像AI(人工知能)で検査工程を省力化、自動化する「外観異常判定システム」に、Google Cloudの「Visual Inspection AI」を組み合わせ、AIによる学習モデルの自動生成と自律型検査機能を追加したと発表した。

キャプション Google AIを活用した外観異常判定[クリックで拡大] 出所:沖電気工業

 外観異常判定システムは、カメラで撮影した検査対象の部品や製品の映像を、AIエッジコンピュータ「AE2100」で解析し、リアルタイムで外観異常を判定する。同システムはこれまで、傷やへこみなどの変動する不良に対応するため、AI技術者によるパラメーターの組み合わせ、モデルのチューニングなど、学習モデルの精度向上を図る作業を定期的に実施する必要があった。

キャプション 外観異常判定システムの概要[クリックで拡大] 出所:沖電気工業

 今回、従来の画像解析エンジンに加え、Google CloudのVisual Inspection AIとAutoMLによる機械学習を活用した自動判定モデル機能を追加。これにより、専門知識がなくても学習モデルを生成可能になった。

 学習モデルはエッジ端末のAE2100に実装されるため、製造現場で自律的に外観検査し、作業者へ即座に結果を通知する。また、運用中に未知の異常を検出した場合、運用者が該当画像を取り込んで不良箇所にマーキングすれば、自動的に学習モデルを生成できる。

 なお、自動判定モデル作成機能は、2022年3月から提供予定だ。

⇒その他の「製造ITニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.