ニュース
» 2021年10月29日 13時00分 公開

3Dプリンティングとジェネレーティブデザインでコンセプトモデルを共同開発デザインの力

アロマビットは、同社の「ニオイ可視化センサー」を用いた長岡造形大学、山形大学との共同研究により、プロダクトコンセプトモデル「AROMAROID」を開発した。3Dプリンティングとジェネレーティブデザインを採用している。

[MONOist]

 アロマビットは2021年10月19日、同社の「ニオイ可視化センサー」を用いた長岡造形大学、山形大学との共同研究により、プロダクトコンセプトモデル「AROMAROID」を開発したと発表した。

ニオイ可視化センサーを使ったプロダクトコンセプトモデル「AROMAROID」 ニオイ可視化センサーを使ったプロダクトコンセプトモデル「AROMAROID」[クリックで拡大] 出所:アロマビット

 今回の共同研究では、3Dプリンティングの利点を最大限に生かすため、コンピュータプログラムによってデザインを生成する、ジェネレーティブデザインを採用。金型成形では実現できない、複雑かつ優美で、抽象彫刻のように鑑賞に耐え得る造形の製品開発を目指した。

 AROMAROIDは、アロマビットのニオイ可視化センサーと照明、Bluetoothスピーカーを組み合わせて開発。空気中の匂いをセンシングし、照明機能と音楽、音声などでその状態を知らせる。

 製品デザインは、長岡造形大学 プロダクトデザイン学科 教授の増田譲氏が担当した。見えない匂いを表現する特徴的な造形のブルーの透明カバーにより、デザイン性の高いモデルに仕上げた。先端成形加工技術によるプロトタイプ製造は、山形大学が担当している。

 同社は、安全で快適な環境作りをサポートするコンセプトモデルとして、商業施設や住宅などさまざまな場所での活用を想定している。

「AROMAROID」の使用イメージ 「AROMAROID」の使用イメージ[クリックで拡大] 出所:アロマビット

⇒ 「デザインの力」のバックナンバーはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.