ニュース
» 2021年07月28日 07時30分 公開

その名も「kawasaki」、国内初のゲート型商用量子コンピュータが稼働量子コンピュータ(2/2 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

27量子ビットの量子チップ「Falcon」を搭載

KBICに設置された「System One」の横には設置場所が川崎であることや、量子チップ「Falcon」を搭載することなどが明記されている(クリックで拡大)

 今回設置したSystem Oneは、IBMのゲート型商用量子コンピュータとして稼働が最も安定している、27量子ビットの量子チップ「Falcon」を搭載している。IBMが量子ビットやエラー率、連結量などを加味して独自に規定した量子コンピュータの性能指標である量子ボリュームは32である。IBMが米国外に設置する商用量子コンピュータとしては、ドイツのフラウンホーファー研究機構のものに次いで2番目となる。ユーザーが利用する際に呼び出すコンピュータ名は、設置場所の川崎にちなんで「kawasaki」となっている。

 このkawasakiは、2019年12月にIBMと東京大学が発表した「Japan-IBM Quantum Partnership」に基づき東京大学が占有使用権を有している。東京大学はkawasakiの活用に向けて、企業、公的団体や大学など研究機関と協力していくが、まずはQII協議会の加盟企業による活用が進められることになる。なお、QII協議会の加盟企業は当初、JSR、DIC、東芝、トヨタ自動車、日本IBM、日立製作所、みずほフィナンシャルグループ、三菱ケミカル、三菱UFJフィナンシャル・グループの9社だったが、現在はソニーグループと三井住友信託銀行が加わり11社となっている。

 kawasakiが設置されているのは、JR新川崎駅から徒歩約10分の位置にあるKBICの新館「NANOBIC」である。ナノ・マイクロ産学官共同研究施設として2012年に開設されたNANOBICは、大型クリーンルームを備える他、ナノ・マイクロ領域の超微細加工・計測が行えるように、電気、冷却水、ガスなどインフラの安定供給や耐振動環境などが整備されており、量子コンピュータの常時安定稼働にも最適である。KBICの敷地は鉄道線路に隣接しているものの「量子コンピュータの稼働に大きな影響を与える振動がないことはあらかじめ確認してある」(IBMの説明員)という。

「kawasaki」が設置されている「NANOBIC」の外観 「kawasaki」が設置されている「NANOBIC」の外観(クリックで拡大)

⇒その他の「量子コンピュータ」の記事はこちら

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.