5G 人からモノへ 〜「未踏の時代」迎えた無線技術 特集
ニュース
» 2020年11月17日 08時00分 公開

NECネッツエスアイがローカル5Gラボを公開「SIerならではの強み生かす」製造業IoT(3/3 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2|3       

5Gラボのシールドルームは700MHz帯も意識した仕様に

 4階の5Gラボは、無線電波を遮蔽(しゃへい)するシールドルームがメイン設備になる。広さは幅14×奥行6×高さ3mで、幅10mと4mの2部屋で構成されている。シールド性能は400M〜6GHzが90dB以上、6G〜28GHzが80dB以上。「プラチナバンドといわれる700MHz帯も5G向けに検討されていることもあり、これに対応できる仕様にした」(NECネッツエスアイの説明員)という。

シールドルームの入り口 シールドルームの入り口(クリックで拡大)

 幅10m側の部屋は、NECネッツエスアイと共創を行う企業が作業を行うスペースが用意されており、中央に配置した19インチのサーバラック4基のうち1基については、扉が共創企業側に向かって開くようになっている。基地局のRU(Radio Unit)としては、現在はNEC製のものを用意しているが、2020年11月末までに海外メーカーの製品を導入する計画で、マルチベンダー対応を充実させていく。また、幅4mの部屋は2021年度をめどに電波暗室にする予定であり、これによりアンテナのテストや端末の技適取得などにも対応する体制を整えていく方針だ。

共創企業側からアクセスできるサーバラック残りの3基 幅10m側の部屋の中央には19インチのサーバラック4基があり、1基は共創企業側からアクセスできるようになっている(左)。残りの3基はNECネッツエスアイで用意する5Gシステムなどが組み込まれている(クリックで拡大)
基地局のRUはNEC製地域BWA用のRU 基地局のRUはNEC製だったが(左)、海外メーカーの製品も間もなく導入する予定。地域BWA用のRUもあり、これは地域BWAからローカル5Gへの置き換えなどを想定したものだという(右)(クリックで拡大)
シールドルームの内と外をつなぐ幅4mの部屋は電波暗室に シールドルームの内と外をつないだソリューションの評価ができるようになっている(左)。幅4mの部屋は電波暗室にする計画だ(右)(クリックで拡大)

 基盤技術センターは、5Gラボ以外にも技術者教育のためのさまざまな実機をそろえている。防災・無線システム、消防・指令システム、電源システムなどで、これによって現場の施工技術力や保守スキルの向上を目指すとしている。

消防・指令システム防災・無線システム電源システム 左から、基盤技術センターに設置されている消防・指令システム、防災・無線システム、電源システム。実機を用いた、より実践的な技術者教育が行えるようになっている(クリックで拡大)

⇒その他の「製造業IoT」の記事はこちら

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.