連載
» 2016年12月27日 11時00分 公開

競技に色認識を導入、新型ロボットでゲームに挑め!〜ETロボコン2016チャンピオンシップ大会〜ETロボコン2016(5/5 ページ)

[大塚実,MONOist]
前のページへ 1|2|3|4|5       

イノベーター部門の有終の美を飾ったのは……

 さて、イノベーター部門の2016年の競技結果だが、1チーム目の「お助け老人ホーム」(京都情報大学院大学)は、介護施設の見回りロボットがテーマ。同チームが聞き取りを行った介護施設では、夜間の人手不足が深刻な問題になっているという。プライバシー保護の観点から監視カメラが設置できず、老人の徘徊への対応が難しいそうだ。

 同チームがLEGOで開発した「イーグル113」は、ライントレースでの巡回が可能。異常を発見したときは、職員のスマートフォンを鳴らして知らせることができる。介護施設ではロボットを壊されるケースもあったとのことだが、このロボットはLEGOなので安く、すぐに直せるというメリットがある。

お助け老人ホームのパフォーマンス(クリックで再生)

 2チーム目の「ごばりきモーターズ」(日立製作所 ICT事業統括本部)は、宅配便の荷物を自動で受け取れるサービスがテーマ。同チームが考えたのは、ドローンとロボットの組み合わせだ。ネットで購入した商品をドローンが自宅まで運び、家から出てきたロボットに渡す。これなら、忙しくて受け取れないということがない。

 一人暮らしだったりすると、荷物が届くまで外出できないし、おちおちトイレにも入っていられない。ニーズはかなり大きいだろうが、無人となると気かがりなのはセキュリティだ。今回のデモで実装が省略されていたのはやや残念だが、同チームはその対策として、無線による相互認証機能や、カメラによる不審者通報機能を考えているとのこと。

ごばりきモーターズのパフォーマンス(クリックで再生)

 イノベーター部門で最後の優勝チームとなったのはごばりきモーターズ。前述のように、イノベーター部門は2016年で終了することが決まっており、2017年からは新たにガレッジニア部門が始まる。デベロッパー部門アドバンストクラスの課題も大幅に変わるだろう。ETロボコンがどのように進化していくのか、今後も注目していきたい。

イノベーター部門総合優勝のごばりきモーターズチーム イノベーター部門総合優勝のごばりきモーターズチーム(クリックで拡大)
前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.