ニュース
» 2016年10月07日 10時00分 公開

3次元距離計測スキャナーの開発が容易に、リンクスがToF式CCDセンサーを発売組み込み開発ニュース(2/2 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

真夏の昼間の明るさでもしっかりとセンシングできる

 ToF式スキャナーが既に一定数採用されているのは、自動ドアやエレベータドアの開閉用途だ。「乗ろうとしたエレベータのドアが目の前で閉まることがある。ToF式スキャナーのセンシング機能を搭載すれば、エレベータに乗ろうとしている人や前を横切るだけの人を見分けて開閉の制御ができる」(村上氏)という。

 ToF式スキャナーの市場は、ドア開閉用途などの固定型に加えて、自動車、走行型ロボット、ドローンなどに広がっていく。これらの拡大する市場に置いて、エスプロスのToF式CCDセンサーは高い商品力を有しているとして、今回の国内独占販売契約に至った。

ToF式スキャナーの活用が期待される分野 ToF式スキャナーの活用が期待される分野(クリックで拡大) 出典:リンクス
デモで使用したエスプロスのToF式CCDセンサーを用いたTOF式スキャナー デモで使用したエスプロスのToF式CCDセンサーを用いたToF式スキャナー(クリックで拡大) 出典:リンクス

 最大の特徴は、真夏の昼間レベルの明るさである10万ルクス(lx)クラスの外光のある環境下でもしっかりとセンシングできる点だ。エスプロスは2006年創業の新興企業だが、数十億円規模の投資により、ToF式CCDセンサーの設計だけでなく、自社の製造ラインを用いた生産も行っている。村上氏は「ToF式スキャナーでは外光による受光素子の飽和が課題になる。エスプロスは、製造プロセスまでカバーしているので、10万ルクスの外光下にも対応できる」と強調する。

 ToF式CCDセンサーの画素数は1×1、8×8、160×160、320×240の4種類。撮像テストをすぐに行える評価キットも用意している。光源は波長860nmの近赤外光を用いる。

会見場の前からエスプロスのToF式スキャナーで撮像した結果実際の会見場の様子 (左)会見場の前からエスプロスのToF式スキャナーで撮像した結果。撮影した対象のToF式スキャナーからの距離情報が反映されている。画素数320×240の製品を用いており、LED光源の能力により検知範囲は10m程度だ。(右)実際の会見場の様子(クリックで拡大)

関連キーワード

スキャナ | 画像処理 | 3D


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.