特集
» 2016年01月22日 10時00分 公開

新世代のフォルクスワーゲンを進める「4つの柱」と「3つの段階」2016 CES フォルクスワーゲン 基調講演レポート(2/3 ページ)

[川端由美,MONOist]

「近い将来」を示す「e-ゴルフ タッチ」

 CESを主催するCTAのCEOを務めるゲイリー・シャピロ氏が乗って登場したのは、「近い将来」に位置付けられる「e-ゴルフ タッチ」だ。最大のポイントは、前回のCESで発表された「ゴルフR タッチ」の車載情報機器の進化版が搭載されていることだ。排気ガス不正問題を受けて、ベース車がパワフルなガソリン車の「R」から電気自動車(EV)の「e」となったことにも注目だ。

CTAのCEOを務めるゲイリー・シャピロ氏が乗って登場した「e-ゴルフ タッチ」 CTAのCEOを務めるゲイリー・シャピロ氏が乗って登場した「e-ゴルフ タッチ」(クリックで拡大)
「e-ゴルフ タッチ」の車載情報機器 「e-ゴルフ タッチ」の車載情報機器。HMIが前回の「ゴルフR タッチ」から進化している(クリックで拡大) 出典:フォルクスワーゲン

 e-ゴルフ タッチに搭載される車載情報機器のHMI(Human Machine Interface)は、操作のためのボタンやスイッチはなく、9.2インチサイズのタッチパネルによって直感的に使えることを意識して開発されている。Apple(アップル)の「CarPlay」、Google(グーグル)の「Android Autos」、MirrorLinkなどによってスマートフォンと連携できることに加えて、スマートウオッチと連携するためのアプリも用意される。スマートフォンの充電には、前回も使用していたUSB Type-Cコネクタの他、ワイヤレス給電にも対応する。デモンストレーションでは、「ハロー、フォルクスワーゲン」と呼びかけて立ち上げつつ、「家にナビゲートして」といったコマンドで目的地を設定したり、目的地周辺の画像を表示したりなど、スマートフォン風の使い方ができることを示した。

 さらに、クルマが“つながる”ことにより、さまざまなソリューションが提供できる。例えば、駐車場で自車を見失ったときの駐車位置の表示や、子どもが親のクルマで無謀な運転をしていないかの確認など、クルマが今どうなっているかをスマートフォンやタブレット端末で遠隔で知ることができる。これらの技術に関しては、次回の2017年のCESで展開する予定だ。

 こういった取り組みについて、フォルクスワーゲン 電子・電装開発部門の専務を務めるフォルクマル・タネンベルガー氏は「スマートで、安全で、楽しめる車輪の付いたスマートフォン(Smartphone on the wheels)」と説明する。

「e-ゴルフ タッチ」の車載情報機器について説明するフォルクスワーゲンのフォルクマル・タネンベルガー氏 「e-ゴルフ タッチ」の車載情報機器について説明するフォルクスワーゲンのフォルクマル・タネンベルガー氏。「CarPlay」「Android Auto」、MirrorLinkなどによってスマートフォンと連携できる(クリックで拡大)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.