• 関連の記事

「ブランド戦略」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

石野純也のMobile Eye:
Xiaomiの激安ハイエンドスマホ「POCO F4 GT」を解説 あえて“ゲーミング要素”を抑えた理由
Xiaomiが、日本のPOCOブランドのスマートフォン「POCO F4 GT」を導入する。Snapdragon 8 Gen 1を搭載しながら7万4800円という価格は“激安”と言っても過言ではない。一方で、Xiaomi Japanは、ゲーミングスマートフォンというカテゴリーの端末として、POCO F4 GTを打ち出していくつもりはないようだ。(2022/6/25)

Y!mobileとUQ mobileのキャンペーンまとめ【6月25日最新版】 人気スマホを特価で手に入れよう
ソフトバンクのサブブランドY!mobileと、auのサブブランドUQ mobileでは、メインブランドに劣らないキャンペーンを実施している。大手MNOのブランドでもあるため、PayPayポイントやau PAY残高でのポイント還元特典が多い。(2022/6/25)

今日のリサーチ:
面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査
ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入したいという気持ちになるようです。もっとも「言うは易し、行うは難し」。成功のポイントは?(2022/6/24)

ASUS、最大4台のディジーチェーン接続が可能な27型WQHD液晶ディスプレイ
ASUS JAPANは、クリエイター向けブランド“ProArt”からディジーチェーン対応の27型WQHD液晶ディスプレイ「PA278CV」を発表した。(2022/6/24)

駅を環境エコ拠点に:
JR東、不要な衣服を駅で回収 「一風堂」などのユニフォームに再生
JR東日本グループのJR中央線コミュニティデザインなどは、アパレルブランドを運営するオールユアーズと協業し、不要になった衣服を回収し再利用化する実証実験を始める。(2022/6/24)

「日本ユニシスがビプロジーに社名変更していた」尼崎USB事件で話題 34年続いた名称、今年変えた理由
兵庫県尼崎市で起きた、市民の個人情報入りUSBメモリ紛失事件。市の委託業者BIPROGY(ビプロジー)は、日本ユニシスが4月に社名変更した企業だ。34年続いたブランドを変えた理由は?(2022/6/24)

狙うは“原点回帰” テクノロジー愛好家向けブランド「POCO」を日本導入するXiaomiの狙いを聞く
Xiaomiが、第3のブランド「POCO(ポコ)」のスマートフォンを日本でも展開することになった。最新ハイエンドプロセッサであるSnapdragon 8 Gen 1を搭載しながらも、早期購入で7万円を切る価格で購入できることに驚くばかりだが、その狙いをXiaomiの担当者に聞いた。(2022/6/23)

Xiaomiの「POCO F4 GT」日本初上陸 Snapdragon 8 Gen 1搭載で7万4800円から
予告されていた通り、中国Xiaomiから生まれたブランド「POCO」が日本に初上陸を果たした。日本で発売される最初のハイエンドスマートフォンは「POCO F4 GT」。Snapdragon 8 Gen 1搭載で7万4800円から。(2022/6/23)

ITを使って「顧客忠誠度」を高める【前編】
新規開拓より高コスパ リピーターを賢く増やす「顧客忠誠度」の高め方
リピート顧客は新規顧客に比べて販売コストが低く、売上高が予測しやすい。顧客の再来を促すには、企業やブランドへの愛着や忠誠心を示す「顧客忠誠度」を高めることが重要だ。そのためには何ができるのか。(2022/6/23)

アウトドアブーム:
音響のオーディオテクニカ、アウトドア本格参入 焚火台、コーヒードリッパーなど3品発売
オーディオテクニカはアウトドアブランドを立ち上げた。第一弾として、焚火台やコーヒードリッパーなど3商品を発売する。機能性・収納性・耐久性を追求したオリジナル製品を開発し、需要の取り込みを図る。(2022/6/22)

AKRacing、有機ELパネルを採用した26.9型4Kゲーミングディスプレイ
テックウインドは、AKRacingブランド製となる有機ELパネル搭載26.9型4Kゲーミングディスプレイ「OL2701」の取り扱いを発表した。(2022/6/22)

ソニーが6月29日10時に“何か”を発表 ゲーミング関連製品か
ソニーが「Find Your New ZONE」というティーザーサイトを公開した。添付された画像を見る限り、6月29日10時にZONEという製品/ブランド名を含むゲーミング関連製品を発表するものと思われる。(2022/6/22)

Meta、クリエイター向け収益化ツールの使用料徴収開始を2024年まで延期
MetaのザッカーバーグCEOは、クリエイターからの“Meta税”徴収を2024年まで延期すると発表した。また、「リール」クリエイターへのボーナスプログラムやブランドとのマッチングサービスの計画も紹介した。(2022/6/22)

ブランド誕生1周年記念:
しまむら、「LOGOS」と共同開発したブランドに新アイテム ユーザーの声を反映
しまむらは6月22日、アウトドアブランド「LOGOS」と共同開発したオリジナルブランド「LOGOS DAYS(ロゴスデイズ)」の誕生1周年を記念したキャンペーンを開始する。(2022/6/22)

“ユーモア”のあるブランドになるために必要なものは? オラクル調査から見えた「求められるCX施策」
オラクルの調査によると、消費者の89%はユーモアのあるブランドを好む一方で、「自社の販売活動にユーモアを活用している」と答えたビジネスリーダーはわずか20%だった。企業はCX向上のために何をすべきか。(2022/6/22)

食事は「多すぎる」の声も:
コメダ珈琲、人気の要因はモーニング? スターバックスとの違いは
スパコロは「利用実態調査 コメダ珈琲店編」の結果を発表した。コメダ珈琲店の利用時に、比較対象となるブランド1位はスターバックスだった。両者の利用目的の違いとは?(2022/6/22)

コンビニエンスウェア:
ファミマ、キャンプやフェスで役立つ「レインポンチョ」発売 ラインソックスには新色
ファミリーマートは、オリジナルブランド「コンビニエンスウェア」から、「ラインソックス」の新色や「レインポンチョ」など新商品7種類を6月21日より順次発売する。(2022/6/21)

物流のスマート化:
ネガティブな現場イメージ変える、地域に開かれた新コンセプトの物流施設
 物流施設の開発や運営を行う日本GLPは2022年6月15日、「GLP ALFALINK 茨木」(大阪府茨木市)と「GLP ALFALINK 尼崎」(兵庫県尼崎市)の開発計画に関する発表会を開催した。同社が展開する、地域に開かれた物流施設「ALFALINK(アルファリンク)」ブランドを冠する施設として建設される。(2022/6/21)

JT、430円の「キャメル・クラフト」に新銘柄 スーパースリム3商品を8月発売
JTは、キャメルブランドからスリムサイズの「キャメル・クラフト・スーパースリム」3銘柄を新たに発売すると発表した。(2022/6/20)

一般企業の1位は「ヤマト運輸」:
Webブランド調査2022、3位「Google」、2位「楽天」、1位は?
日経BPコンサルティングは、「Webブランド調査2022-春夏」の結果を発表。総合ランキングでは「Yahoo! JAPAN」が「2020-秋冬」調査以来の首位を獲得した。(2022/6/20)

Philips、144Hz駆動をサポートした27型4Kゲーミング液晶ディスプレイ
MMD Singaporeは、Philipsブランド製27型4Kゲーミング液晶ディスプレイ「279M1RV/11」の国内販売を発表した。(2022/6/20)

パナソニック、20代認知度わずか53% ブランド強化急ぐ
パナソニックホールディングスの独自調査で、日本国内の20代若年層における同社の認知度が53%だったことが分かった。ブランド戦略担当執行役員は「認知度の低さは将来の売り上げに影響する。少なくとも80%までは引き上げたい」とした。(2022/6/20)

約1万人に聞いた:
マンションに住みたい理由 2位「設備のメンテや清掃の負担が少ない」、1位は?
マイボイスコムがマンションに関する調査を実施。マンションに住みたい理由や、知っているマンションブランドなどを聞いた。(2022/6/19)

石野純也のMobile Eye:
ヒットする条件が整った「OPPO Reno7 A」 それでも“長く使う”上で気になる2つの課題
オウガ・ジャパンは、OPPOブランドの最新モデル「OPPO Reno7 A」を、6月23日に発売する。Reno Aシリーズの売りともいえる、サイフケータイや防水・防塵などの日本仕様は網羅している。一方で、Reno7 Aは、機能やスペックが“進化しただけでなく、日本市場に向けたローカライズも“深化”している。(2022/6/18)

色影マジックで小顔効果も:
KATE初の不織布マスク発売 ブランドパーパスは「メイクにもっと自由を」
カネボウ化粧品は「KATE(ケイト)」ブランド初となる不織布マスク「ケイト マスク F」(全4色)を、6月18日に数量限定で発売した。(2022/6/18)

IIJmio、OCN モバイル ONE、mineo、BIGLOBEモバイルのキャンペーンまとめ【6月19日最新版】 セット端末をお得にゲット
梅雨入りし、雨や曇りで肌寒さも感じる6月では、MVNO各ブランドでも多数のキャンペーンを実施している。特に多いのがオプションの無料提供だ。今回はIIJmio、OCN モバイル ONE、mineo、BIGLOBEモバイルで実施しているキャンペーンをまとめた。(2022/6/19)

今日のリサーチ:
「パーパス経営」に対する経営者と社員のギャップ――インターブランドジャパンと日本経済新聞社共同調査
パーパス経営に対する意識を経営層やビジネスパーソンなどに聞いています。(2022/6/17)

Y!mobile、シンプルデザインの5Gスマホ「AQUOS wish2」を6月23日に発売
ソフトバンクは、Y!mobileブランドの新製品として5Gスマホ「AQUOS wish2」を6月23日から発売する。自然をモチーフとした色合いとシンプルなデザインで、ボディには再生プラスチック材を使用している。(2022/6/16)

「カツサンド」を食文化に:
串カツ田中、米国に新業態のカフェブランド「TANAKA」をオープン
串カツ田中ホールディングスは、米国オレゴン州ポートランドに新業態のカフェブランド「TANAKA」をオープンする。年間売上は3600万米ドルを目標としている。(2022/6/16)

東京おもちゃショー2022:
1年越し「奇跡のコラボ」、BANDAI SPIRITSとタカラトミー 超合金×ゾイド、トミカ×ガンダムを来年発売
BANDAI SPIRITSとタカラトミーは6月16日、両社初のコラボプロジェクト「Dream Together-つながる想い、ともに創る夢-」を、玩具の展示会「東京おもちゃショー2022」で発表した。超合金とZOIDS(ゾイド)、トミカと機動戦士ガンダム──といったように、玩具業界を代表する両社が、商品ブランドや人気コンテンツのコラボを進めていく。(2022/6/16)

「ゾイド」を超合金に、「ガンダム」はトミカに バンダイとタカラトミー、大胆コラボの理由
BANDAI SPIRITSとタカラトミーは、互いの代表的なIP(知的財産)と商品ブランドでコラボ商品を展開するプロジェクトを発表した。きっかけは昨年のおもちゃショー開催見送り。「玩具業界として何かできないか考えた」という。(2022/6/16)

全国5都市で:
新製品は毎日6000点以上! 米国発ファッションブランド「SHEIN」がイベントを開催
ROADGET BUSINESS PTE. LTD.が展開する米国発ファッションブランド「SHEIN(シーイン)」は、日本初となるPOPUPイベント「SHEIN POPUP 〜JAPAN TOUR 2022〜」を開催する。(2022/6/16)

憧れの腕時計ブランド人気ランキング 3位「カルティエ」、2位「オメガ」、1位は?
 アンケートサイト「ボイスノート」を運営するNEXERが、「憧れの腕時計ブランド人気ランキング」調査を実施した。(2022/6/21)

京セラが法人向けスマホ「DIGNO SX2」「DIGNO WX」を発売 「京セラモバイルサポート」に対応
京セラが、メーカーブランドの法人向けスマートフォンを順次発売する。同社が導入から保守修理までトータルに支援するサービス「京セラモバイルサポート」にも対応する。(2022/6/15)

4ブランドを比較:
静岡のご当地ハンバーグ「さわやか」 口コミ分析から見えた人気の秘密は?
口コミサイト「口コミコム」を運営するmov(東京都渋谷区)は、ご当地ハンバーグの4ブランド「さわやか」「フライングガーデン」「ハングリータイガー」「あっぷるぐりむ」の口コミを分析しレポートを発表。静岡県の「さわやか」が誇る高い人気の理由がうかがえる結果となった。(2022/6/15)

Y!mobile、「故障安心パックライト」の新規受付を7月13日に終了
ソフトバンクはY!mobileブランド向けに提供しているオプションサービス「故障安心パックライト」の新規受付を7月13日に終了する。故障安心パックライトはSIMフリースマートフォンが破損、故障した際、指定機種と交換できるサービスに加え、紛失ケータイ捜索サービスも利用可能なUSIMカード/eSIM単体契約者向けの補償サービス。申し込めば月額550円(税込み)で利用できる。(2022/6/14)

Xiaomiのスマホブランド「POCO」が日本上陸へ 6月23日に発表
POCO Japanが、6月23日に日本でスマートフォンを発表することを予告している。23日19時からTwitterやXiaomiのWebサイトで映像配信を行う。POCOはXiaomiのサブブランド。(2022/6/13)

ネット配信やゲーム特化のチューナーレステレビ、エディオンから 43インチ4Kで4万9800円
エディオンは、同社のオリジナルブランド「e angle select」にて、チューナーレステレビを販売すると発表した。予定価格は4万9800円。中国TCLと共同開発した。(2022/6/13)

那須川天心VS. 武尊の「THE MATCH 2022」、冠協賛は「Yogibo」 会場チケットは完売
6月19日に東京ドームで開催する「THE MATCH 2022」の冠協賛にビーズソファブランド「Yogibo」(ヨギボー)が決定した。(2022/6/13)

「すにらぼ」調べ:
歩きやすいスニーカーブランド、1位は「ニューバランス」 人気のモデルは?
スニーカー専門メディア「すにらぼ」がスニーカーを5足以上持っている男女565人を対象に「歩きやすいスニーカーについての調査」を実施した。(2022/6/13)

ahamo、povo、LINEMOのキャンペーンまとめ【6月11日最新版】 プランやオプションが「無料」の特典も
ドコモ、au、ソフトバンクが提供しているオンラインブランド「ahamo」「povo」「LINEMO」は、安価に大容量通信が可能なのが特徴だ。だが、キャンペーンを利用すればさらにお得にサービスを利用できる。(2022/6/11)

Amazfit、アウトドアに特化した高精度GPSスマートウォッチ「T-Rex 2」
Zepp Health Corporationは、Amazfitブランドから堅牢設計の高精度GPSスマートウォッチ「Amazfit T-Rex 2」を発表した。(2022/6/10)

Marketing Dive:
メタバースのビッグウエーブに乗り遅れまいと先走る企業が頭を冷やしてまず考えるべきこととは?
メタバースに必死過ぎる企業はまず、そこでブランドの安全をいかに守るかということを考えた方がいい。(2022/6/9)

「楽天オリジナルスマホはLINEMOでも使えます」 ソフトバンクが検証結果を公開
ソフトバンクは、同社のオンライン専用ブランド「LINEMO」において、楽天モバイルのオリジナルスマートフォンの動作検証結果を公開した。(2022/6/8)

価格は全て2178円:
ドンキが「高品質スキンケア」に参入 背景にある“消費傾向の2極化”
ドン・キホーテは6月8日、オリジナルスキンケアブランドから「贅沢をもっと身近に」をコンセプトにした新シリーズの「GENECOS(ジェネコス)」を発売すると発表した。「高品質スキンケア」に参入する背景には、“消費傾向の2極化”があるという。どういうことか。(2022/6/8)

LINEMOが楽天モバイルのオリジナル端末を対応機種に追加
ソフトバンクのオンライン専用ブランド「LINEMO」が、楽天モバイルのオリジナルAndroidスマートフォンを「対応機種」に追加した。全機種を確認済みとしているが、Rakuten Miniは最初期のモデルで確認を取ったという。【追記】(2022/6/8)

「売って終わり」から「もう一度」に:
花王、マスマーケティングからの脱却狙う 新部署設置1年で見えてきた「課題」とは
化粧品・日用品などに多くのブランドを擁する花王は、2021年1月に大規模な組織改編を実施、DX戦略推進センターを新設した。同センターの目的は、デジタルデータを活用したカスタマーサクセスの実現だ。顧客を成功体験に導く花王の手法、そして見えてきた課題とは?(2022/6/13)

老舗企業の意外な取り組み:
土屋鞄が「キノコから作るランドセル」に挑戦するワケ
ランドセルやビジネスカバンなどで知られる土屋鞄製造所が、“キノコの菌糸体から作る”商品にチャレンジしている。1965年創業、老舗の革製品ブランドがなぜ、キノコから作る商品に挑むのか? 話を聞いた。(2022/6/7)

サイゼリヤ、JCBカードでの決済に対応
イタリアンレストラン「サイゼリヤ」を展開するサイゼリヤは、JCBブランドのクレジットカードの取り扱いを開始したと発表した。(2022/6/6)

日本のカントリーマネージャーに聞く:
Pinterestで広告出稿、ブランドにとってのメリットは?
Pinterestが日本国内で「Pinterestアド」を開始。Pinterestが提供する広告商品は他のプラットフォームのそれとどう違うのか。あらためてPinterestの提供価値をおさらいしつつ、基本の部分から解説する。(2022/6/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。