• 関連の記事

「デスクトップ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
デスクトップ/液晶一体型PC - ITmedia PC USER
質問!デスクトップPC→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でデスクトップPC関連の質問をチェック

GeForce RTX 3050搭載BTOデスクトップPCの販売が開始
NVIDIA製の最新グラフィックスカードとなるGeForce RTX 3050搭載デスクトップPCが各社から発表された。(2022/1/28)

「GeForce RTX 3050」搭載グラボは1月27日23時に発売 約4年半前のゲーミングPCに載せるとどうなる?
NVIDIAが、「GeForce RTX 3050」を搭載するグラフィックスカードの販売を1月27日23時から順次開始することを発表した。発売に先駆けて、あえて約4年半前に発売されたゲーミングデスクトップPCにGeForce RTX 3050を搭載し、パフォーマンスをチェックしてみようと思う。(2022/1/27)

富士通、法人向けノートPC/デスクトップPCをアップデート 15.6型モバイルWSモデルも用意
富士通は、同社製の法人向けノートPC「LIFEBOOK」シリーズ、デスクトップPC「ESPRIMO」シリーズ、ワークステーション「CELSIUS」シリーズの新モデルを投入する。(2022/1/26)

レノボ、第12世代Core i9までの搭載に対応したスリムデスクトップ「ThinkCentre Neo 50s Small Gen 3」
レノボ・ジャパンは、本体幅100mmの省スペース筐体を採用したスリムデスクトップPC「ThinkCentre Neo 50s Small Gen 3」を発表した。(2022/1/25)

インテル 第12世代Coreプロセッサ:
第12世代「Core」モバイル、デスクトッププロセッサ
インテルは、モバイルプロセッサおよびデスクトッププロセッサ「Core」の第12世代品を発表した。モバイルプロセッサの「H」シリーズは、前世代品と比較してゲームプレイを最大28%高速化し、3Dレンダリングで最大43%の性能向上が見込まれる。(2022/1/24)

デル、第12世代Coreを採用した「Inspiron コンパクト デスクトップ」新モデル
デル・テクノロジーズは、同社製ミニタワー型PC「Inspiron コンパクト デスクトップ」に第12世代Coreプロセッサ採用の新モデルを追加した。(2022/1/21)

デスクトップPCを楽に動かせるキャスター付きワゴン
サードウェーブは、デスクトップPC用キャスター付きワゴン「DN-916127」の取り扱いを開始した。(2022/1/18)

NVIDIAがGeForce RTX 3080にメモリ12GB品を追加 AIで表示品質を改善する新ドライバも登場
米NVIDIAは1月11日、デスクトップPC向けGPU「GeForce RTX 3080」のグラフィックスメモリを10GBから12GBに増量した新製品を発売した。(2022/1/13)

マウス、クリエイター向けミドルタワー型デスクトップ「DAIV Z7」に第12世代Core搭載モデル
マウスコンピューターは、同社製クリエイター向けミドルタワー型デスクトップ「DAIV Z7」シリーズに第12世代Coreプロセッサを採用した新構成モデルを追加した。(2022/1/12)

ASRockからCore iシリーズとRyzenシリーズに対応するコンパクトベアボーンキットが登場
ASRocは、8リットルサイズのデスクトップベアボーンキット「DeskMeet B660」および「DeskMeet X300」を発表した(2022/1/6)

CES 2022:
HPがゲーミングPCの新モデルを発売 「OMEN」ケースの“単品販売”も
HPが「OMEN」「Victus by HP」ブランドのゲーミングPCとゲーミング周辺機器の新モデルを発表した。目玉となる45LボディーのゲーミングデスクトップPCでは、ケース(と冷却機構のセット)を“単品”で販売するという。(2022/1/5)

CES 2022:
「第12世代Coreプロセッサ(Alder Lake)」にモバイル向け製品登場 デスクトップ向け追加ラインアップも
Intelの第12世代Coreプロセッサに、モバイル向け製品が登場する。ハイエンド向けの「Hプロセッサ」、省電力重視の「Uプロセッサ」の中間として「Pプロセッサ」が新設されたことが特徴だ。その他、アンロック非対応のデスクトップ向け製品も順次発売される。(2022/1/5)

NewNormalな働き方でVDIのメモリが不足:
PR:VDI環境のコストパフォーマンスを改善する方法
コロナ禍を受けて仮想デスクトップ環境の需要が大幅に伸びた。現在、テレワークの本格化に伴い、より多くのコンピューティングリソースが求められている。コスト制約がある中で、性能を維持し、コストパフォーマンスを向上させるにはどうすればよいのか。検証結果を基に、今すぐ改善できる方法を聞いた。(2022/1/5)

NEC PC、個人向けPC「LAVIE」のダイレクト直販モデル3製品を販売開始 Windows 11搭載対応
NECパーソナルコンピュータは、同社Web直販「NECダイレクト」専売となるモバイルノートPC/デスクトップPC計3製品を発表した。(2021/12/24)

第12世代Coreプロセッサ+GeForce RTX 3060搭載G-Tune EN-Z [Windows 11]をじっくり眺める
マウスコンピューターの「G-Tune EN-Z」は、Intel最新プロセッサである第12世代Core i7-12700Kを搭載した、ゲーマー待望のデスクトップPCだ。まずは写真でじっくり見ていこう。(2021/12/17)

マシーナリーともコラムSPECIAL:
PR:マシーナリーとも子に「一番売れてるノートPC」を使わせたら想像以上に万能で手離せなくなりました
普段はデスクトップPCばかり使っているとも子にNECの<LAVIE N15>をレビューさせてみました。(2021/12/22)

解決しない問題
MacとLinuxが「Windows 11」の代替案になり得ない理由
Windowsがバージョンアップするたびに繰り返されてきた、「他OSへの移行」の検討。Windows 11に「ノー」を突き付けたとして、では何を使うか。MacやデスクトップLinuxではダメだ。(2021/12/17)

CFD、DDR5-4800対応のデスクトップ用DDR5メモリを発売
シー・エフ・デー販売は、同社オリジナルブランド「CFD Selection」からDDR5-4800対応のデスクトップ用DDR5メモリを発売する。(2021/12/16)

TSUKUMO、Radeon PRO W6800を搭載したプロクリエイター向けデスクトップ
ヤマダデンキは、プロフェッショナル向けグラフィックスカードとなるRadeon PRO W6800を標準搭載したデスクトップPC「WA9A-W214/XB」の販売を開始した。(2021/12/16)

仮想デスクトップを“賢く”導入するには
構築も運用もお任せ DaaSで仮想デスクトップ活用のハードルが下がる理由
場所を問わない働き方が普及する中、社内システムやデータに安全にアクセスする方法として仮想デスクトップが注目を集めている。どのような仮想デスクトップを選べばいいのか。(2021/12/21)

山市良のうぃんどうず日記(221):
できるかな? Windows 11 To Go!
USBリムーバブルメディアからWindowsのデスクトップ環境を起動できる「Windows To Go」。Windows 8で初めて登場した面白い機能なのですが、現在のWindows 10およびWindows 11では利用できません。本当に不可能なのかどうか、ちょっと試してみました。(2021/12/15)

MINISFORUM、4コアCeleronを採用したWindows 10 Pro搭載ミニデスクトップPC
リンクスインターナショナルは、MINISFORUM製となるCeleron搭載ミニデスクトップPC「JB95」の取り扱いを開始する。(2021/12/14)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(114):
Microsoft Officeの製品サポートとサービス接続サポートを再確認
Microsoft OfficeとWindowsの組み合わせは、恐らく最も一般的な、そして古くから慣れ親しんでいる企業クライアントPCの構成です。デスクトップアプリケーションとしてのOfficeアプリは現在も提供されていますが、バックエンドとなるサービスは、以前のOfficeサーバ製品からMicrosoft 365(旧称、Office 365)へと切り替わっています。(2021/12/14)

サードウェーブ、raytrekイラスト向けモデルにCore i5搭載のミニデスクトップモデルを追加
サードウェーブは、第10世代Core i5プロセッサを採用したイラスト向けデスクトップPCの販売を開始した。(2021/12/10)

デル、ミニタワーPC「XPS」に第12世代Core採用の新モデル
デル・テクノロジーズは、第12世代Coreプロセッサの搭載に対応したミニタワー型デスクトップPC「XPSデスクトップ」の新モデルを発表した。(2021/12/7)

省スペースで大画面も活用しやすい
ハイブリッドワークに「超小型PC」の薦め
テレワークとオフィスワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」に合ったPCの選定に困っているという情報システム担当者もいるだろう。その“解”の一つとして、小型デスクトップPCはどうだろうか。(2021/12/21)

エプソンダイレクト、ビジネス利用にも向く45mm幅のスリムデスクトップ
エプソンダイレクトは、本体幅45mmの省スペース筐体を採用したスリムデスクトップPC「Endeavor AT20」の販売を開始する。(2021/12/1)

+Style、スマホをノートPCのように使える「Mirabook」発売 約6万円
+Styleは、デスクトップモードに対応するスマートフォンを接続するとノートPCのように使うことができるスマートフォンアクセサリー「Mirabook」を発売する。価格は6万280円(税込み)。(2021/11/30)

Go AbekawaのGo Global!〜Maverick Tayag編(前):
父のお土産はいつもデスクトップPC
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回は三通のMaverick Tayag(マーベリック・タヤッグ)氏にお話を伺う。デスクトップPCをお土産にする豪快な父、さまざまな学びの機会をくれる叔父。家族に支えられ真っすぐに育った青年の夢とは。(2021/11/29)

天空、Windows 11搭載ミニデスクトップ「TENKU BOX PC PRO」3機種を発売
天空は、小型筐体採用デスクトップPC「TENKU BOX PC PRO」シリーズ計3機種を発表した。(2021/11/25)

TSUKUMO、Quadro RTXなどの搭載にも対応したハイスペックBTOデスクトップ
ヤマダデンキは、プロフェッショナル向けグラフィックスカードの装着に対応したBTO対応デスクトップPCの販売を開始した。(2021/11/25)

TSUKUMO、第12世代Core i7/i9採用のクリエイター向けデスクトップPC
ヤマダデンキは、第12世代Core i7/i9プロセッサを標準搭載したクリエイター向けデスクトップPC計2製品の販売を開始した。(2021/11/24)

MINISFORUM、Ryzen 7 3750Hを搭載した手のひら大サイズのミニPC
リンクスインターナショナルは、MINISFORUM製となるRyzen APU採用ミニデスクトップPC「UM700L」の取り扱いを開始する。(2021/11/19)

エプソンダイレクト、第10世代Coreを採用した45mm幅のミニデスクトップ
エプソンダイレクトは、幅45mmの省スペース筐体を採用した小型デスクトップPC「Endeavor ST200E」を発表した。(2021/11/16)

サイコム、第12世代Coreを搭載した水冷デスクトップPC計3機種を発売
サイコムは、同社製BTOデスクトップPCの販売ラインアップに第12世代Coreを搭載の新モデル計3機種を追加した。(2021/11/15)

PR:省スペースで大画面も活用しやすい! Core i7対応の超小型PC「ESPRIMO G5011/G」がオフィスを変える
テレワークとオフィスワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」が浸透しつつある中、それに対応できるPCの選定に困っているという情報システム担当者もいるだろう。その“解”の1つとして、富士通のビジネス向け小型デスクトップPC「ESPRIMO G5011/G」を検討してみるのはいかがだろうか? お勧めする理由を解説しよう。(2021/11/18)

OneDriveデスクトップ、Windows 7他でサポート終了 推奨される対策は
Windows 7、Windows 8.1、Windows 8でOneDriveデスクトップアプリケーションを使っているなら注意が必要だ。2022年1月1日にアップデートの提供が終了し、2022年3月1日にクラウドとの同期が停止する。(2021/11/9)

人気の白でデスクトップを固めたい! ASUSの「ROG Moonlight White」シリーズを試す
従来から、秋葉原の店頭ではホワイトカラーのパーツが人気を集めている。一般社団法人日本流行色協会(JAFCA)が2021年の色を「ゼロホワイト」と選定したように、その年を象徴する色にもなっている。ASUS JAPANのホワイト製品をチェックした。(2021/11/7)

TSUKUMO、第12世代Core i7/i9搭載ゲーミングPCを販売開始
ヤマダデンキは、Intel製最新CPUとなる第12世代Coreプロセッサを採用したゲーミングデスクトップPCの販売を開始した。(2021/11/5)

2種類のコアが混在、その“実力”は? 「Core i9-12900K」「Core i5-12600K」の性能を検証してみた
Intelの第12世代Coreプロセッサでは、2種類のCPUコアを搭載する構成を取っている。そのことは、ゲーミングのパフォーマンスにどのような影響をもたらすのだろうか。ベンチマークテストを通してハイエンドデスクトップPC向けに登場したCore i9-12900KとCore i5-12600Kの実力をチェックしてみよう。(2021/11/4)

MINISFORUM、AMD 4700S+Radeon RXを標準搭載したミニPC「EliteMini CR50」
MINISFORUMは、プロセッサにAMD 4700Sを採用したミニデスクトップPC「EliteMini CR50」の国内取り扱いを発表した。(2021/11/4)

Kingston、ゲーミングPC向けのDDR5メモリとPCIe 4.0対応NVMe SSDを発表
Kingston Technologyは、Kingston FURYブランドからDDR5対応デスクトップ用メモリ「Kingston FURY Beast ビースト DDR5」など2製品を発表した。(2021/11/2)

MINISFORUM、ミニPC「HM80」など2モデルにWindows 11導入して出荷
MINISFORUMは、同社製ミニデスクトップPC「HM80」およびスティックPC「S41」にWindows 11 Proを搭載して出荷を開始した。(2021/11/2)

デル、第12世代Core採用のゲーミングデスクトップ「Alienware Aurora」新モデル
デル・テクノロジーズは、最新の第12世代Coreプロセッサを搭載したゲーミングデスクトップ「Alienware Aurora R13」新モデルを発表した。(2021/10/29)

サードウェーブ、ゲーミングPC「GALLERIA」などに第12世代Core採用モデル計7製品を追加
サードウェーブは、最新の第12世代Coreプロセッサを採用したデスクトップPC計7製品を発表した。(2021/10/29)

Crucial、デスクトップ向けDDR5メモリを発表
CrucialのDDR5メモリ「Crucial DDR5デスクトップメモリ」を発表した。(2021/10/28)

CORSAIR、デスクトップ向けDDR5メモリ2製品を発表
アスクは、CORSAIR製のデスクトップ向けDDR5メモリ「DOMINATOR PLATINUM RGB」「VENGEANCE」の取り扱いを発表した。(2021/10/28)

前世代から大型化! デスクトップPC向け「第12世代Coreプロセッサ」外観レビュー
Intelが「Alder Lake」のコード名で開発を進めていた「第12世代Coreプロセッサ」が正式に発表された。第1弾はアンロック対応のハイエンドデスクトップPC向け製品だが、第11世代製品と比べると少し“大型化”している。ベンチマークレビューをする前に、まず外観をチェックしてみよう。(2021/10/28)

Intelがハイエンドデスクトップ向け「第12世代Coreプロセッサ(Alder Lake)」を発表 11月4日から順次出荷開始
Intelが「Alder Lake」という開発コード名のもと開発を進めてきた新型CPUの製品版が、いよいよ登場する。第1弾はアンロック(オーバークロック)対応のハイエンドデスクトップPC向け製品で、一般的なデスクトップPCやノートPC向けの製品は2022年前半に発表される予定だ。(2021/10/28)

メカ設計ニュース:
卓上で手軽に加工を楽しめる、組み立て式CNCフライスに新製品登場
オリジナルマインドは、自分で組み立てられるキット式のデスクトップ型CNCフライス「KitMillシリーズ」の新製品「KitMill BS100」「KitMill BS200」の販売開始を発表した。KitMillシリーズのノウハウを結集した扱いやすさと豊富なオプションが特長で、教育現場から特定の加工用途まで幅広く活用できる。(2021/10/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。