• 関連の記事

「不正」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「不正」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

岐阜県の病院に不正アクセス コロナワクチン接種者など最大11万件超の個人情報が流出か
幸紀会安江病院は、院内のコンピュータが不正アクセスを受け、患者と新型コロナワクチン被接種者の個人情報が最大11万1991件流出した可能性があると発表した。(2022/7/4)

「報道機関として甘さがあった」:
TBS系列のチューリップテレビ、コロナ補助金3000万円超を不正申請 過去に政務活動費の闇暴いた調査報道で注目
富山県のTBS系ローカルテレビ局「チューリップテレビ」は国のコロナ補助金を不正申請していたとして、約3500万円を国に返還すると発表した。同社は「報道機関として甘さがあった」と謝罪し、今後の社内調査で不正の全容解明を図るとともに、その結果と再発防止策を公表する方針を示している。(2022/7/4)

「ロシアとサイバー戦争」「東映アニメ不正アクセス」「ゆっくり」──22年上半期話題のITニュース振り返り
2022年上半期が本日6月30日で終わり、明日からは下半期を迎える。1〜6月までにITmedia NEWSで取り上げた記事から、特に話題になったニュースを紹介する。(2022/6/30)

NFTマケプレ「OpenSea」ユーザーのメルアド流出 メール配信業者の従業員が不正に持ち出し
NFTマーケットプレイス「OpenSea」ユーザーのメールアドレスが流出した。メールマーケティングサービスを提供する米Customer.ioの従業員が、OpenSeaユーザーなどのメールアドレス情報を不正にダウンロードし、外部に送信していた。(2022/6/30)

最大で10万以上の情報が漏えいか 矢野経済研究所が不正アクセス被害を報告
矢野経済研究所は自社サーバが不正アクセス被害を受けたと報告した。最大で10万件以上のユーザーアカウントデータが漏えいした可能性があるとされており、通知を受け取ったユーザーは直ちにパスワードを変更することが望まれる。(2022/6/29)

名古屋大学に不正アクセス 「ブラインドSQLインジェクション」攻撃でメアド2086件漏えいか
名古屋大学で、情報システムに関する質問を受け付けるシステムが不正アクセスを受け、メールアドレス2086件が漏えいした可能性がある。攻撃対象サーバの挙動を分析して内部情報を探る「ブラインドSQLインジェクション」を受けたとしている。(2022/6/28)

矢野経済研究所、Webサイト一時閉鎖 SQLインジェクション受けメールアドレスなど10万件以上漏えいか
矢野経済研究所が、同社のWebサイトに不正アクセスを受け、メールアドレスなど最大10万1988件が漏えいした可能性があると発表した。データベースを不正操作する「SQLインジェクション」を受けたという。(2022/6/27)

中国でコロナ対策アプリ不正操作 河南省幹部処分
中国河南省にある地元金融機関で預金が引き出せなくなり預金者らが抗議活動をしている問題で、地元当局者が抗議に加わっている預金者らの新型コロナウイルスの感染対策アプリを不正に操作して預金者らを外出禁止にしようとしていたことが明らかになった。(2022/6/24)

CISAアドバイザリーに学ぶセキュリティ強化策【前編】
不正アクセスを招く「設定ミス」5つの悪用手口とは?
世界各国のサイバーセキュリティ機関は、セキュリティ対策の設定ミスがシステムへの不正アクセスを招くと警鐘を鳴らす。設定ミスを悪用した攻撃手法とは、具体的には何なのか。対策は。(2022/6/20)

「さくらのクラウド」かたるフィッシングに注意 料金支払いに問題があるとかたり不正サイトに誘導
さくらインターネットをかたるフィッシングメールを確認したとして、フィッシング対策協議会が注意を呼び掛けた。クラウドサービス「さくらのクラウド」の料金支払いに異常があるなどとかたり、偽サイトに誘導するという。(2022/6/17)

中小を襲った“不正アクセス” その被害と対策法 従業員規模1桁でもターゲットになるワケ
情報セキュリティ対策が甘くなりがちな非IT系中小企業。情報セキュリティ担当がいないこともあるような企業における、不正アクセスの被害事例と対策情報の集め方をIPAに聞いた。(2022/6/15)

火災保険の不正請求をAIで検知 東京海上日動、気象データなど基にスコアリング
東京海上日動は、保険金の不正請求を早期に検知するためのAIを開発した。契約内容や事故の申告状況などの情報と、気象データなどのさまざまなデータを組み合わせ、事案ごとにスコアリングする。(2022/6/15)

ベルトのバックルにディスプレー:
入試に忍び寄る? ハイテク“カンニング機器”
大学入試で相次ぐ不正行為を受け、大学入学共通テストを運営する大学入試センターはスマートフォンの禁止を厳格化するなど対策を強化する。だが、その隙をついた新たな不正が生まれる可能性も否めない。(2022/6/15)

フリマアプリ「スニーカーダンク」に不正アクセス 最大約275万件の顧客情報が漏えい
スニーカーなどの売買ができるフリマアプリ「SNKRDUNK」を運営するSODAは、同サービスで不正アクセスが発生したと発表した。最大で275万3400件の個人情報が漏えいした可能性があるという。(2022/6/15)

製造マネジメント インタビュー:
品質不正にもつながるスキル管理のばらつき、デジタル化による可視化で改革を
多くの製造現場ではスキルマップを作成し、技術者のスキルを見える化、管理、運用する体制を整えている。品質マネジメントの国際規格であるISOの監査などで必要になるためだ。一方で現在、技術者のスキル取得状況を可視化することで、経営戦略の実現や品質不正の防止に役立てようとする動きもあるという。デジタル上でのスキル管理サービスを展開するSkillnote 代表取締役に、国内製造業におけるスキルマネジメントの現状や課題について話を聞いた。(2022/6/14)

「BOOK☆WALKER」で不正ログイン発生 パスワード変更、購入履歴確認など呼び掛け
ブックウォーカーが運営する電子書籍販売サイト「BOOK☆WALKER」で、アカウントへの不正ログインが判明した。他サービスなどから流出したメールアドレスやパスワードを使ったパスワードリスト型攻撃によるものとみられる。(2022/6/10)

この頃、セキュリティ界隈で:
攻撃者が利用する不正侵入の常とう手段とは 最大の弱点は「人」、米Verizonが指摘
セキュリティ対策の不備や、不正侵入の足掛かりとして利用された弱点について、米Verizonが2022年版データ漏えい・侵害調査報告書で解説している。(2022/6/10)

ダイソンがパナソニックを提訴 「ドライヤーの広告表示が誤解を招く」
ダイソンは6月9日、パナソニックのヘアードライヤーナノケア「EH-NA0G」の広告が不正競争防止法に違反するとして、東京地方裁判所に提訴を行った。(2022/6/9)

ダイソン、パナソニックを提訴 ドライヤー広告の差し止め求める
ダイソンは9日、パナソニックのヘアドライヤー「ナノケア」の広告において「ナノイー」に関する記述が不正確で消費者に誤解を与えるとして、東京地方裁判所に広告の差し止めを求める訴訟を起こした。(2022/6/9)

日清紡Gでもセキュリティコードなどクレカ情報1000件漏えいか ECサイト改ざんで
日清紡のグループ企業が運営するECサイトが不正アクセスを受け、セキュリティコードを含むクレジットカード情報など計2218人分が漏えいした可能性がある。ECサイトの脆弱性を突かれ、利用していたWebアプリを改ざんされたという。(2022/6/8)

サイバーセキュリティのプロに聞く:
情報漏洩を半年後に公表 「スイパラ」に批判の声 どこで対応を誤ったのか
飲食店「スイーツパラダイス」を運営する井上商事(大阪市北区)は6月7日、同社通販サイトが第三者から不正アクセスを受け、顧客7409人分のクレジットカード情報が流出した可能性があると発表した。自体の把握から約半年後の公表となったことに、利用客からは批判の声があがる。(2022/6/9)

富士通の“政府認定クラウド”への不正アクセス、ロードバランサー内で任意のコマンドが実行できる状態だった 被害状況の調査結果
クラウドサービス「ニフクラ」「FJcloud-V」が不正アクセスを受け、ユーザーの認証情報などが盗まれた可能性がある件を巡り、脆弱性のあったロードバランサー内で任意のコマンドが実行できる状態だったことが分かった。(2022/6/8)

マンション大規模修繕に一括見積サービス、DeNA系スマート修繕 不信感渦巻く業界慣習に一石なるか
DeNA系列のスタートアップ、スマート修繕は6月8日、マンションなどの大規模修繕工事の一括見積サービス「スマート修繕」の提供を始めた。マンションの管理組合は、スマート修繕を通じて複数の工事会社に見積を依頼できる。コストの低減だけでなく、業界に渦巻く談合など不正行為問題に対応することを狙う。(2022/6/8)

「クレカ不正利用やフィッシング対策は最優先」 メルカリ、プライム市場移行で不正対策強調 “16億円追加出費”のその後
クレジットカードの不正利用などで、ユーザーへの補填金として2022年1月〜22年3月に計16億円の出費があったメルカリ。同社による不正対策は、今後どうなっていくのか。(2022/6/7)

スイパラ、セキュリティコードなどクレカ情報一式7000件以上漏えいか 不正アクセスで決済システム改ざん
井上商事は、ECサイト「スイーツパラダイス オンラインショップ」で、利用者のクレジットカード情報7645件が漏えいした可能性があると明らかにした。不正アクセスにより決済システムが改ざんされていたのが原因としている。(2022/6/7)

社長を解任:
川崎重工子会社、冷房機材の品質データ改ざん 1984年から
大手機械メーカー川崎重工業は6月7日、完全子会社の川重冷熱工業(滋賀県草津市)で製造した一部の冷房機材に、検査上の不正が見つかったと発表した。試運転で確認できた性能データを、実際よりも高く偽って出荷するなどの行為が発覚。不正は1984年から始まり、2022年までに1950件に上るという。(2022/6/7)

“3つの条件”がそろうと危険:
横領・不正は起こるべくして起こる──企業が未然に防ぐための3つの方策
ときどきニュースになる社員の横領や不正。明らかな犯罪行為ですが、一方で社員の横領や不正を未然に防ぐための方策を講じていなかった会社の責任でもあります。(2022/6/6)

顔認証普及の裏で進むディープフェイク対策 AI、多要素認証……
顔認証システム「eKYC」の普及が進む中、不正に顔認証を突破されるリスクへの対策が急務になっている。eKYCに他の認証方法を組み合わせたり、AIを使って偽動画を見破ったりする仕組みの構築が進んでいる。(2022/6/6)

顧客情報は攻撃受けず:
勤怠システムがランサムウェア被害 最大6841人の情報毀損、給与データも暗号化
ダイレクトマーケティングなどを手掛けるヴィアックス(東京都中野区)は6月1日、勤怠管理サーバに対する第三者の不正アクセスによる攻撃を受けたと発表した。(2022/6/3)

富士通の“政府認定クラウド”への不正アクセス、ユーザーのメール本文なども盗まれた可能性 復号されたパケットがロードバランサーを通過
クラウドサービス「ニフクラ」「FJcloud-V」が不正アクセスを受け、ユーザーの認証情報などが盗まれた可能性がある件を巡り、新たにユーザーのメールアドレスやメール本文なども窃取された恐れがあることが分かった。(2022/6/1)

製造マネジメントニュース:
デジタルで横串を通す三菱電機の経営戦略、新たなあるべき姿を打ち出す
三菱電機が経営戦略を説明。一連の品質不正問題の原因の一つとして指摘されている組織の縦割り構造を打破するとともに、顧客から得たデータを集めたデジタル空間上に関連する組織が横串を通してつながることで進化し続ける統合ソリューションを提供する「循環型デジタル・エンジニアリング企業」をあるべき姿として打ち出した。(2022/5/31)

多要素認証よりもCIEMを重視:
日本企業の84%が不正アクセスの被害に CyberArkがセキュリティに関する脅威意識を調査
CyberArk Softwareは「CyberArk2022年版 アイデンティティ セキュリティに関する脅威意識調査」の結果を発表した。日本では、セキュリティ対策として多要素認証よりも、クラウドインフラ資格管理を重視する企業が多いことが分かった。(2022/5/31)

印刷会社「デジタ」で3.6万人分の情報漏えいか メール本文やアドレスなど流出の恐れ
印刷会社のデジタは、不正アクセス被害によりメール本文やアドレスなど最大で3.6万人分の情報が漏えいした可能性があると発表した。(2022/5/27)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
三菱電機の終わらない品質不正を終わらせるのは「エンジニアリング」だ
「ネバーエンディング・ストーリー」懐かしいですね……ってそっちは「はてしない物語」ですが。(2022/5/26)

三菱電機不正拡大 製造業、相次ぐ品質面の不祥事
日本の製造業で品質に関する不祥事が相次いでいる。自社経営に打撃となるだけでなく、日本のものづくりへの信頼を揺るがしかねない。「実質的に問題がなければいい」という姿勢で定められた手続きを怠るケースもみられ、規範意識や倫理観が問われている。(2022/5/26)

三菱電機品質不正、148件に拡大 管理職関与は15件
検査不正など三菱電機の一連の不祥事で、品質不正は16拠点の148件に拡大した。全社的な調査開始後の最近まで継続したケースも複数確認された。(2022/5/26)

品質不正問題:
三菱電機の品質不正が3倍増の148件に、調査完了も2022年秋まで延期
三菱電機は、2021年6月末に判明した一連の不適切検査に関する調査報告書の第3報について説明するとともに、同年10月に発表した「品質風土」「組織風土」「ガバナンス」から成る3つの改革の取り組み状況を報告した。品質不適切行為の件数は、第1報、第2報で判明した47件に、今回の第3報で101件が加わって累計148件となり3倍に増加した。(2022/5/26)

任天堂「amiibo」の偽造品販売、容疑で中国籍の男逮捕
Nintendo Switchなどで使えるカード型周辺機器「amiibo」の偽造品を販売したとして、京都府警は商標法違反と不正競争防止法違反の疑いで、中国籍で川崎市高津区の専門学校生、グオ・リンリン容疑者を逮捕した。容疑を認めているという。(2022/5/25)

女性服ECでクレカ情報1.6万件漏えいの可能性 不正アクセス・システム改ざん被害で
女性服ECサイトを運営するmachattが、第三者による不正アクセスでECサイトの決済システムが改ざんされ、ユーザーのクレジットカード情報1万6093件が漏えいした可能性があるとして謝罪した。(2022/5/20)

Web3が切り開く新しい国家とは? 書評『僕たちはメタ国家で暮らすことに決めた』
Algaは、ブロックチェーン技術をフル活用することで不正をゼロにし、最も公正な民主主義を実現するためのツールとして作られた。Algaを導入したマイクロパブリックでは、Algaの仕組みにより横領はできず、腐敗も起きず、自治のコストは下がる。(2022/5/20)

ワクチン接種の事務アルバイトが内部情報を漏えい 仙台市の管理システムを不正使用
仙台市の新型コロナウイルスワクチン接種事業で事務センターの運営を受託しているキャリアリンクで、アルバイトがシステムを不正利用し、内部情報を第三者に伝える事案が発生した。(2022/5/19)

「不正利用を感知」「PayPayアカウントを停止する」偽SMSに注意
PayPayを装ったSMSを使い、SMS認証を求めるフィッシング詐欺が確認されている。(2022/5/19)

富士通クラウド「FJcloud-V」と「ニフクラ」で不正アクセス 実害はなし
FJCloudと「ニフクラ」で不正アクセスが報告された。利用者への被害はなかったが、一時、通信の一部を窃取可能な状態だったとされる。(2022/5/18)

富士通の“政府認定クラウド”に不正アクセス 認証情報など盗まれた可能性 ロードバランサーの脆弱性悪用
富士通クラウドテクノロジーズのクラウド基盤サービス「ニフクラ」「FJcloud-V」のロードバランサーが不正アクセスを受けた。一部ユーザーのデータや認証情報を盗まれる可能性があったが、クラウド基盤内部への侵入や情報の流出などは見つかっていない。(2022/5/18)

Innovative Tech:
“スマホのマイクでこっそり盗聴”を妨害する技術 静かな音で会話内容を改ざん
米コロンビア大学の研究チームは、不正なマイクが取得したユーザーの会話の言葉を正しく聞き取れないようにする攻撃を提案した論文を発表した。(2022/5/17)

IT補助金1700万円詐取疑い、元会社代表ら再逮捕
国の「IT導入補助金」の不正受給事件で、大阪府警捜査2課などが、中小企業34社分の補助金計1700万円をだまし取ったとして、詐欺容疑で、大阪市中央区のWebサイト制作会社「ワールドエージェント」元代表取締役と元社員を再逮捕した。(2022/5/12)

「ブラザーオンライン」に不正ログイン 最大12万件の個人情報・40万円相当のポイント流出した可能性
ブラザー製品のユーザー向け会員制サイト「ブラザーオンライン」に不正ログイン被害。ユーザーのポイントが不正利用された可能性。(2022/5/11)

クレジットカード番号が流出したときの対応方法 不正利用でも補償してもらえない場合があるぞ
クレカの会社から急に電話くると本当にドキドキします。(2022/5/13)

しまむらが不正アクセス被害に 決済システムを一時停止 情報流出は現状なし
しまむらで、不正アクセス被害が原因のシステム障害が発生している。詳しい被害状況は調査中。現時点で従業員や取引先、消費者の個人情報などは流出していないとしている。(2022/5/11)

公立小中学校教員の「6人に1人」が経験:
日本でいまだに横行する「勤怠記録の改ざん」「サービス残業」 不正行為を生み出す支配従属型組織とは
20〜50代で公立小中学校の教員として勤める人の6人に1人が勤務記録の改ざんを求められたことがあるという衝撃のニュースが明らかになった。なぜ、いまだにこうした不正が行われるのか。(2022/5/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。