ニュース
» 2015年09月15日 19時00分 公開

「マツダ越 KOERU」は「魂動デザイン」が進化、生命感とともに品格も表現フランクフルトモーターショー2015(2/2 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

次世代「CX-5」のコンセプトモデル?

 マツダ越 KOERUはの外形寸法は全長4600×全幅1900×全高1500mmで、ホイールベースは2700mm。同社の中型クロスオーバーSUVである「CX-5」は、外形寸法が全長4540×全幅1840×全高1705mmで、ホイールベースは2700mmなのでかなり近いサイズだ。パワートレインについては、SKYACTIVの全面採用をうたっているだけなので、数年後に正式発表する次世代CX-5を示唆するコンセプトモデルである可能性もある。


「マツダ越 KOERU」(左)と現行の「CX-5」(右)の外観比較(クリックで拡大) 出典:マツダ

 ただし、全高で約200mmの差があるので、5ドアハッチバックとSUVの中間のような、新カテゴリーの車両のコンセプトカーと見ることもできる。

 当初、マツダ越 KOERUについては、大型SUVである「CX-9」のフルモデルチェンジ時期に近いことから、新型CX-9のコンセプトモデルという見方が強かった(関連記事:マツダのコンセプトカー「越(KOERU)」は「既存の概念や枠組みを越える」)。しかしCX-9は、外形寸法が全長5071×全幅1936×全高1734mm、ホイールベースが2835mmと、マツダ越 KOERUよりはるかに大きい。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.