• 関連の記事

「SUV」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Sport Utility Vehicle:スポーツ多目的車

マツダ、新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-70」初公開 今春北米に投入
マツダノースアメリカンオペレーションズが新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-70」を初公開した。今春に米国・カナダで発売予定。(2024/2/2)

Perfume、親交深い共演芸人の“海外SUV”に大歓声「めっちゃカッコいい!」 所有者は購入激押しの3人に感謝「人生のきっかけを作ってくれて」
Perfumeと“とーやま校長”のコラボ。(2024/1/15)

「消耗品だもん」 狩野英孝、8年乗った“高級外車SUV”の買取額にため息 とんねるずとのキズナも「ダメかぁ」「こんな下がるんだね……」
悲しい現実。(2024/1/11)

本木雅弘の長男・UTA、“最高級の海外SUV”で家族旅へ 13歳差の脚長兄弟が絵になりすぎ「成長されましたね」
玄兎くんもスタイルいい。(2023/12/24)

ランボルギーニ、スーパーSUV「ウルス」をイタリア警察に納品 ハイパフォーマンスモデルをカスタムした特別モデル
臓器の輸送など医療に関する任務に就きます。(2023/12/21)

フォルクスワーゲンの日本市場「全方位戦略」 商品の個性を確立させる秘策は?
フォルクスワーゲン初のフル電動SUV「ID.4」。ゴルフなど車のレベルの高さが評価され、同社は日本市場で確固たる地位を築いてきた。今は電気自動車(BEV)推進を積極的に進めている。フォルクスワーゲン ジャパン 広報・マーケティング本部のディレクターに、日本でのBEV戦略を聞いた。(2023/12/12)

Marketing Dive:
ディズニー100周年に相乗り、ヒョンデの電動SUV「アイオニック5」の超マニアックなブランド戦略
ヒョンデの電動SUV「アイオニック5」の特別仕様車は、Disneyの100周年を記念して放送された「Dancing with the Stars」でお披露目された。(2023/11/13)

LEXUS、新型コンパクトSUV「LBX」発表 12月下旬に発売
LEXUSは11月9日、新型コンパクトクロスオーバーSUV「LBX」の国内仕様を発表した。12月下旬頃の発売を予定している。(2023/11/11)

製造マネジメントニュース:
日産がブラジルへの投資を拡大、SUV2車種とターボエンジンの生産で
日産自動車は2023〜2025年のブラジル事業への投資額を最大28億レアルに拡大すると発表した。(2023/11/9)

Marketing Dive:
ホンダが初の全電動SUV「Prologue」で展開する最先端の広告キャンペーンの中身
「Keep Dreaming」の60秒のスポットCMでは、2024年に北米で発売する新型SUVと共に、排出ガス、ハイブリッド車、電気自動車(EV)、航空・宇宙への取り組みに関するHondaの革新の歴史と2050年までのグローバルカーボンニュートラルへのコミットメントを紹介している。(2023/10/20)

SUVの新型「クラウン スポーツ」登場 「ロングセラーのブランドに育てたい」
トヨタ自動車は6日、4つのボディータイプで構成する新型「クラウン」シリーズの第2弾となるSUV「クラウン スポーツ」の受注開始と初のクラウン専門販売店の設置を発表した。(2023/10/7)

元TBS・安東弘樹アナ、2000万円オーバーの高級SUVに感嘆 「装備満載」「エロい」「めちゃくちゃ速い」
見かけたら、思わず目で追っちゃいそう。(2023/10/6)

Marketing Dive:
トヨタの新型SUV発売で実践された“常識外れ”のキャンペーン手法とは?
トヨタが北米で新たに発売する中型SUV「Grand Highlander」(日本での発売は未定)。家族団らんという統一テーマを掲げつつ複数の代理店と連携して実現したキャンペーンの中身はどのようなものか。(2023/10/4)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新型センチュリーに見える形 これがSUVではない理由
筆者は新型センチュリーを見た時、なるほどこれはセンチュリーだと思った。まずもって、センチュリーに見えるという最初のハードルを越えられなければ何もスタートしない。新型センチュリーはそれを越えてきたのだ。(2023/10/2)

なぜ、トヨタは「センチュリー」をSUV化したのか 発表会の壇上にヒント?
トヨタ自動車が発表した、最高級車「センチュリー」の新型モデル。その発表会の壇上にはセンチュリーだけでなく、クラウンやアルファードなども並んだ。その背景には何があるのか。(2023/9/10)

全く違う、若い世代のための「センチュリーSUV」 開発陣が「広さ」を突き詰めたワケ
トヨタ自動車が世界初披露した、高級車「センチュリー」のSUVモデル。開発が進められた背景には、前社長・豊田章男氏のある一言と、それを受けた開発陣の試行錯誤があった。(2023/9/7)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
なぜ、新型センチュリーは“SUV”と名乗らないのか 副社長が語った「その先」の戦略
9月6日、ついに新しいトヨタの「センチュリー」が初公開されました。ところが、トヨタのニュースリリースには、どこにも「SUV」「クロスオーバー」との文言はありませんでした。これは一体、どういうことなのでしょうか?(2023/9/7)

トヨタ、初のSUV「センチュリー」 2500万円から、静粛性と走りを両立するPHV
トヨタ自動車は9月6日、高級車「センチュリー」の新型を世界初公開した。センチュリーならではの静粛性やデザインを受け継いだSUVモデルだ。プラグインハイブリッド車(PHV)として、今年中に発売。現行のセダンも継続して販売する。(2023/9/6)

「MAZDA CX-5」一部改良 レトロな特別仕様車も登場、10月中旬発売
マツダは9月4日、クロスオーバーSUV「MAZDA CX-5」を一部改良した。10月中旬の発売を予定している。(2023/9/5)

電動化:
電動車はSUVやコンパクトカーで台数増加、ピックアップトラックも
富士経済は電動車のセグメント別市場調査の結果を発表した。世界的に人気なSUVで電動車の台数が大幅に増加する他、小型車の電動化が加速すると見込む。(2023/8/25)

スバル、新型SUV「LEVORG LAYBACK」今秋発売へ 日本向け新車種
スバルは8月3日、今秋発表予定の新型SUV「LEVORG LAYBACK(レヴォーグ レイバック)」を公式サイトにて先行公開した。2014年6月に発売したステーションワゴン「LEVORG」のSUVモデルとなる。(2023/8/4)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
2000万円超えの高級車「センチュリー」 なぜSUV化するのか
現在、日本で唯一のショーファーカー(専用運転手付きのクルマ)であるトヨタ「センチュリー」。年内にもSUVモデルの登場が予告され、注目を集めています。そこで、センチュリーがどれほど特別な存在なのかを解説します。(2023/7/13)

大阪北新地No.1キャバ嬢・ひめか、ベンツの超高級SUV購入にご満悦 「エンジン最強」「しばらく車は買いません」
かっこいい!(2023/7/10)

車両デザイン:
レクサスにBセグメントの小型SUV、日本では2023年秋以降発売
トヨタ自動車はレクサスブランドのBセグメントの新型車「LBX」を世界初公開した。(2023/6/6)

LEXUS、最小SUV「LBX」世界初公開 日本では今秋発売
トヨタ自動車がLEXUS(レクサス)ブランドの新型SUV「LBX」を世界初公開した。レクサスのSUVとしては最小モデル。コンパクトでありながら、高級感を求めるニーズに応える。日本では今秋の発売を予定している。(2023/6/17)

2025年から:
トヨタ、米国で初のBEV生産へ 3000億円の追加投資
トヨタ自動車が米国で初めてバッテリー式EV(BEV)の現地生産に乗り出す。同社が6月1日に発表した。2025年の稼働を目指し、米ノースカロライナ州に建設中の現地工場で車載バッテリーを生産し、新型SUVに搭載する方針だ。(2023/6/1)

電動化:
ホンダが欧州2車種目のEV、2023年秋から発売
ホンダはBセグメントのSUVタイプの新型EV「e:Ny1」を発表した。(2023/5/15)

どこから飛んできた!? 民家の2階にSUVが突っ込んで屋根上に着地する交通事故 米カリフォルニアで
屋根が抜けそうでヒヤヒヤする……!(2023/4/21)

上海モーターショー:
日産、中国市場特化の新型SUV「パスファインダー」世界初公開 「キャシュカイ」も販売へ
日産自動車は「上海モーターショー」で、中国市場向けの新型SUV「パスファインダー コンセプト」を発表した。人気SUVの「パスファインダー」シリーズを中国市場向けにアレンジした車種で、発表したのはコンセプトモデルとなる。(2023/4/19)

上海モーターショー:
トヨタ、SUVタイプのBEV2車種発表 「bZ」シリーズに投入、狙いは中国市場
トヨタ自動車はSUVタイプのバッテリー式EV(BEV)の新型2車種を発表した。人気の「bZ」シリーズから2024年に中国市場に投入する。(2023/4/18)

西野未姫、おしゃれな色のスバルSUVを購入報告 納車直後にトラブルも「かわいいなぁ」「車はぶつけても直ります」
似合ってる!(2023/4/5)

「走りの味」を深化:
販売停止の「レクサスNX」受注再開 インテリアはより華やかに
LEXUSは、ラグジュアリークロスオーバーSUV「NX」を一部改良して3月2日に発売、注文の受付を再開する。価格は445万〜753万5000円。(2023/3/3)

ココリコ遠藤、“木梨流”カスタムのSUV「バディ」を本人から譲り受ける いかつい前っ面に2人で注目
かっこいい!(2023/3/2)

先行者利益を獲得できるか:
トヨタのライバル、フォルクスワーゲンが描く「日本市場でのEV戦略」
トヨタ自動車の最大のライバル、フォルクスワーゲン(VW)は、同社初のフル電動SUV「ID.4」を発売した。日本でもBEVの機運が高まりつつある中、このタイミングで導入した理由は何なのか。同社の責任者に、日本市場でのEV戦略を聞いた。(2023/2/22)

電動化:
マツダのラージ商品群第2弾「CX-90」、米国で2023年春から導入
マツダは、新型3列シートSUV「CX-90」を発表した。(2023/2/2)

ラージ商品群の第2弾:
マツダ、新型クロスオーバーSUV「MAZDA CX-90」初公開 米国から今春投入
マツダの北米事業を統括するマツダノースアメリカンオペレーションズ(Mazda North American Operations)は1月31日(現地時間)、新型ミッドサイズクロスオーバーSUV「MAZDA CX-90」を初公開した。(2023/2/1)

ソロキャン“満喫”セレナ、SUV仕様のフェアレディZ!? 「東京オートサロン2023」日産自動車大学校の生徒が作ったカスタムカーを展示
どちらも魅力的な仕上がり。(2023/1/9)

安全システム:
マツダがドライバー異常時対応システムの国連協定規則に国内初対応
マツダは2022年12月20日、ドライバー異常時対応システムに関する国連協定規則第79号第4改訂を踏まえた道路運送車両法の最新の改正保安基準に適合するとして、クロスオーバーSUV「CX-60」が型式指定を取得したと発表した。(2022/12/21)

23年1月下旬に発売:
日産ノート「AUTECH CROSSOVER」に新グレード「+Active」 SUVらしさを強調
日産自動車と日産モータースポーツ&カスタマイズ(神奈川県茅ヶ崎市)は12月20日、ノート「AUTECH CROSSOVER +Active(プラスアクティブ)」を発表した。(2022/12/21)

ステーションワゴンも人気:
アウトドア時に乗りたいクルマは「ミニバン」か「SUV」か 世帯年収で比較
アウトドアに出かけるとき、どんなクルマで行きたいと思っている人が多いのだろうか。18〜65歳の男女に聞いた。(2022/12/14)

電動化:
ホンダが2024年に新型FCV、プラグからの充電にも対応
ホンダは2022年11月30日(現地時間)、SUV「CR-V」をベースにした燃料電池車(FCV)を米国オハイオ州で2024年から生産すると発表した。(2022/12/2)

5代目:
LEXUS、新型「RX」を発売 全面刷新で「スピンドルボディ」採用
LEXUSは11月18日、ラグジュアリークロスオーバーSUV新型「RX」を発売した。今回の全面刷新で5代目となるRXは、次世代LEXUSの目指す走りやデザインを追求したという。(2022/11/22)

フォルクスワーゲン、世界照準のフル電動SUV「ID.4」発表 日本仕様は「499万円から」の挑戦価格キター!
「bZ4x」「アリア」の強そうな対抗キタ? 世界で既にかなり人気だそうですよ。(2022/11/22)

4つのドライブモードを搭載:
ホンダ、新型SUV「ZR-V」を2023年4月に発売 開発コンセプトは「異彩解放」
本田技研工業は11月17日、新型SUV「ZR-V」を2023年4月21日に発売すると発表した。開発コンセプトは「異彩解放」で、ドライバーが同車に乗ることで自信と余裕を持ち、自分らしさを解放して新たな行動を起こしてほしいという思いを込めたという。(2022/11/18)

フロントグリル、デケー! BMWの高級SUV「X7」一部改良して発売 シフトレバーも廃止に
お値段1339万円から。(2022/11/17)

価格は182万円〜:
SUBARU、同社初となる小型SUV「新型REX Z」を発表
SUBARUは11月11日、新型小型SUV「REX(レックス)」を発表した。同社が小型SUVを発売するのは初めてとなる。(2022/11/11)

マツダ、クロスオーバーSUV「CX-8」を2年ぶりに大幅改良 顔が変わり「かっこいい」の声
オフロードを意識した特別仕様車も!(2022/11/2)

特別仕様車も追加:
マツダ、クロスオーバーSUV「MAZDA CX-8」を大幅商品改良
マツダは11月2日、3列シートクロスオーバーSUV「MAZDA CX-8」を大幅商品改良したと発表した。同日から予約を開始し、発売は12月下旬を予定している。(2022/11/2)

魅力1位は車体デザイン:
支持率は80%超だが SUVで不満に思っているポイントとは?
ネクステージは、20〜51歳の男女を対象に「SUV」に関する調査を行った。「SUV」を現在所有している人は28.6%、いつか所有してみたいと答えた人は31.0%だった。(2022/10/28)

重視するポイントは「価格」がトップ:
子育てで人気の車種 3位「ステーションワゴン・SUV」、2位「軽自動車」、1位は?
ファブリカコミュニケーションズが運営する新車・自動車ニュースのWebマガジン「CarMe」および動画メディア「CARPRIME」が、「子どもと車に関するアンケート」を実施。子育てに人気の車種が明らかになった。(2022/10/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。