連載
» 2015年09月10日 07時00分 公開

「MAX 10 FPGA」のテスト環境を構築するMAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門(2)(2/7 ページ)

[大原雄介,MONOist]

 まず「MAX 10 FPGA 評価キット」から話をしよう。評価キットのパッケージに入っているのはこれだけ(Photo03)で、これ単体でたいしたことはできないが動作確認はできる。

 方法は簡単。USBケーブルを評価キットにつなぎ、適当なUSBポートから給電すると、基板上のLED 1〜5が1秒間隔で点滅(正確には0.5秒点灯、0.5秒消灯)する(Movie01)。

 これは評価ボード上のMAX 10に初期状態で書き込まれているプログラムによるもので、点滅していれば正常である。逆にここで点滅しないようであれば初期不良の可能性がある。まずはこれを確認しよう。

fpga Photo03:パッケージ内容はボードとケーブル、平置き用のゴム足×4のみ
「MAX 10 FPGA 評価キット」の初期チェック

 次はUSB Blasterである。前ページで説明した通り、今回はTerasicのUSB Blasterを利用した(Photo04)。内蔵されているのはUSB Blaster本体とUSBケーブルのみである。このケーブルを評価キットのJTAGポートに装着すれば準備OKである。ちなみにまだUSB Blaster本体をUSBケーブルでPCと接続してはいけない(ドライバのインストールが必要)。これはQuartus IIのインストールの際にあわせて行うことになる。

fpga Photo04:Terasic「USB Blaster」謎のパッケージ。そういえばちょっと前からAtmelがこうした謎のロボットのパッケージを利用していたが、それにならったのだろうか?

Quartus II Web Editionのインストール

 その次がQuartus II Web Editionである。最新のダウンロードページはこちらである(Photo06)。ここから必要なファイルをダウンロードできる。

fpga Photo06:「個別ファイル」Tabで必要なものをきちんと選択しても良いが、面倒なら「一式ファイル」Tabでまとめて落とすほうが楽。ただし、ファイルサイズが5G超とデカイ

 最低限必要なのは「Quartus II Software (includes Nios II EDS)」「ModelSim-Altera Edition (includes Starter Edition)」「MAX 10 FPGA device support」だが、他にもQuartus IIのHelpやらSoftware updateやら、別途落とした方が良いものもあるので、「一式ファイル」での入手が楽だ。

 問題はこのファイルサイズが約5.5Gバイトもあることで、光接続環境でも30分ほど必要とした。ダウンロード時の回線には気を付けて欲しい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.