• 関連の記事

「生産現場」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「生産現場」に関する情報が集まったページです。

IIFES 2024:
検査機を軸に食品/飲料産業のモノづくりをDX、Catena-Xとの接続デモも
オムロンは「IIFES 2024」において、同社のモノづくり革新コンセプト「i-Automation!」に基づいた、制御技術やAI、現場データ活用などを駆使した各種のソリューションを展示した。(2024/2/26)

制御システムシミュレーション:
PR:実機レスでライン立ち上げを大幅に短縮 三菱電機がデジタルツインで目指すもの
モノづくりの現場における工期短縮のニーズが高まる中、三菱電機がロジックシミュレータ「MELSOFT Mirror」を新たにリリースした。生産現場の制御システムをPC上で丸ごとシミュレーションすることにより、開発工程のフロントローディング化と工期短縮を実現する。MELSOFT Mirrorの開発背景や期待される現場への効果などについて、開発チームにMONOist編集長の三島一孝が話を聞いた。(2024/2/26)

サステナビリティ:
工場の環境負荷低減や働きやすさを評価するシステムを明治工場に初導入、日建設計
日建設計と日建設計総合研究所は、工場建物の環境負荷低減や働きやすさ、品質確保などに関する取り組みを評価するサステナビリティ評価システムを開発した。明治の工場施設に導入している。(2024/2/15)

PR:「RPAが社内スケールしない」問題を解決に導く、稼働の視覚化と現場特化型RPAのススメ
RPAは業務を効率化する強力な手段として普及してきたが、社内へのスケールの際に課題が生じることがある。この課題を解消するためには「視覚化」と「現場利用」が重要なポイントだという。(2024/2/13)

組み込み採用事例:
オムロンが産業用エッジ開発にクラウドネイティブプラットフォームを採用
オムロンは、産業用エッジプラットフォームの開発に「Wind River Studio」を採用した。クラウドネイティブ開発プラットフォームとして活用し、ソフトウェア開発の効率化を目指す。(2024/2/8)

IIFES 2024:
デジタルに舵を切る三菱電機FA、新たにロジックシミュレーターなど訴求
三菱電機は「IIFES 2024」において、新たに発売したロジックシミュレーターや外観検査ソフトウェアなどを訴求した。(2024/2/2)

脱炭素:
オムロンがサプライチェーンのCO2排出量見える化実証開始、Catena-Xにも接続
オムロンは、製造現場における脱炭素化への取り組みを紹介するとともに、製品サプライチェーンのカーボンフットプリントの見える化に向けた実証実験を開始したことを発表した。実証実験では、グローバルデータ流通基盤「Catena-X」にも接続する計画だという。(2024/1/30)

現場改善を定量化する分析手法とは(6):
「工場診断」は見える化による盤石な組織づくりの手法である
工場の現場改善を定量化する科学的アプローチを可能にする手法を学習する本連載。第6回工場運営分析の後編として、見える化に基づく「工場診断」を取り上げる。(2024/1/30)

製造業DXプロセス別解説(7):
「改善」と「イノベーション」の両輪で推進するディスクリート系製造DX
製造業のバリューチェーンを10のプロセスに分け、DXを進める上で起こりがちな課題と解決へのアプローチを紹介する本連載。第7回は、実際にモノづくりを行う「生産」の「ディスクリート系製造」を取り上げる。(2024/1/29)

第8回 スマート工場EXPO:
Edgecross対応の軸受診断エッジアプリ、生産設備などの予知保全に貢献
NTNは「第8回 スマート工場EXPO」において、新たに発売した軸受診断エッジアプリケーションによるデモンストレーションを披露した。(2024/1/25)

ダイハツ不正 トヨタ流が“上滑り”した理由 露呈したガバナンス不全
トヨタ自動車がグループガバナンスの危機に直面している。ダイハツ工業が車両安全の認証不正で国土交通省から是正命令を受け、日野自動車によるエンジン性能試験の不正に続き、子会社で、トヨタが最も重視する現場に根ざした改善の文化の欠如が露呈した。(2024/1/24)

業務のムダ改革:
「文房具買うにも申請書」 紙だらけのフジッコ、”紙とハンコの撲滅”どう実現した
フジッコの社内は紙であふれかえっていた。文房具一つ買うにも申請書と検印が必要で、同社の工場では1日に2600枚もの紙が消費されていた。前時代的な慣習の中で、どのように「紙とハンコの撲滅」を実現していったのか?(2024/1/24)

製造業IoT:
AIカメラとノード統合プラットフォームの連携により生産現場のDXを促進
i-PROは、同社のAIネットワークカメラと、アステリアが提供するノード統合プラットフォーム「Gravio」との連携について発表した。AIカメラが処理した映像の検知情報をGravio上で管理することで、現場のDX促進に貢献する。(2024/1/18)

現地取材で見えてきた「イスラエルAIベンチャーの今」 データ駆動は社会をこう変える
イスラエルではガザや爆撃といったキーワードで報道されることも多いものの、実はイスラエルビジネスは従来通りにきちんと機能している。現地取材で見えてきた「イスラエルAIベンチャーの今」をお届けする。(2024/1/17)

現場に導入するコストや期間を削減:
たった2枚の画像で高度な判定、汎用外観検査AI
岐阜大学は、2枚の画像データだけでも高度な判定が可能な「汎用外観検査AI」を開発した。種類が異なる製品の検査も、1つのAIで行うことができる。このため、生産現場に導入するコストや期間を大幅に削減することが可能となる。(2023/12/28)

製造マネジメントニュース:
「使えるデータ」で変化に強く、スマート工場の展示施設が東京にオープン
デロイト トーマツ グループはロボットやデジタル技術による生産現場の自動化を体験できる施設「The Smart Factory by Delloitte @ Tokyo」(東京都千代田区)を開設した。(2023/12/13)

製造マネジメントニュース:
コニカミノルタが生産現場のDXで高機能現像ローラーの良品率を95%以上に
コニカミノルタは、東京都内とオンラインで「Konica Minolta Day 〜サステナビリティ説明会〜」を開催し、サステナビリティ経営の方針や戦略、DXの活用事例を紹介した。(2023/12/13)

製造ITニュース:
OKI、エッジデバイスを遠隔から一元管理するアプリの開発ツールを提供
OKIは、ロボットやさまざまなエッジデバイスを遠隔から一元管理するアプリケーションの開発ツール「ROMBOX SDK」を提供する。同社のリモートDXプラットフォーム技術「REMOWAY」と連携して活用できる。(2023/12/7)

iREX2023特別企画:
PR:三菱電機がロボットで描く先進の「自動化された世界」とは
人手不足が深刻化する中、ロボティクスやデジタル技術を活用した“従来以上の”自動化に期待が高まっている。「Automating the World」をビジョンに掲げる三菱電機は、どういう世界を描くのか。方向性とそれを体現する「2023国際ロボット展」(iREX2023)での展示内容を紹介する。(2023/11/24)

マテリアルズインフォマティクス:
カネカがAIシステムで樹脂プラントの乾燥設備を最適運転、年間100t増産
本稿ではカネカが独自開発したAIシステムで樹脂プラントの連続乾燥設備の最適な運転を実現し、年間100tの増産を達成した事例などを紹介する。(2023/11/15)

昭和を疾走した「小さな」名車 ダイハツが送り出したヒーローたち
物心ついたころ、洋品店を営んでいた筆者の実家には「ミゼット」があった。だから、中学、高校時代を大阪府池田市ですごした筆者は「人生の最後には、地元ダイハツの軽自動車に乗りたい」とずっと思っている。(2023/11/14)

製造マネジメントニュース:
トヨタは2023年度のEV販売見通しを引き下げ、「HEVでシェアを維持」
トヨタ自動車は2024年3月期第2四半期の決算を発表した。(2023/11/2)

FAインタビュー:
オムロン制御機器事業が進めるデータ活用とソリューションビジネスの拡大
オムロン インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー 社長の山西基裕氏が合同取材に応じ、データを活用したソリューションビジネスの拡充を図る制御機器事業について語った。(2023/11/1)

製造現場向けAI技術:
故障の兆候を7日間で学習できるAI予知保全ソフトウェア、工場のダウンタイム低減
Rockwell Automationは、AIを用いた予知保全ソフトウェア「Asset Risk Predictor」を発表した。機器の故障の兆候を7日間で学習するため、障害が発生する前に異常を発見して対処できる。(2023/10/26)

「自宅よりもオフィスの回線が遅い」問題にどう対処する?:
PR:「Web会議がカクカクする」「セキュリティが心配」 10Gbpsサービスでどう解決するか
オフィス回帰が進む一方で、コロナ禍で普及したWeb会議やクラウドサービスの利用が縮小することはなく、WAN回線の逼迫に悩む声が上がっている。ネットワーク環境の見直しを迫られる中、10Gbpsという先進的なサービスが注目を集めている。(2023/10/25)

Canon EXPO 2023:
ミラーレスカメラをモノづくり現場で活用、キヤノンが提案する映像DX
キヤノンおよびキヤノンマーケティングジャパンは新製品や技術紹介を行うプライベートイベント「Canon EXPO 2023」において、キヤノンのカメラ「EOS」やネットワークカメラを生産現場で用いた映像DX(デジタルトランスフォーメーション)を紹介した。(2023/10/23)

IT産業のトレンドリーダーに聞く!:
「100年後の人にあって良かったと思われるもの」を目指して 浮川社長と浮川専務のMetaMoJiが進める現場のDX
世界情勢の不安定化や物価の高騰、そして継続する円安と業界を取り巻く環境は刻一刻と変化している。そのような中で、IT企業はどのようなかじ取りをしていくのだろうか。大河原克行氏によるインタビュー連載の第9回はMetaMoJiだ。(2023/10/23)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタの未来を全部見せます
トヨタ自動車は、国内のメディアを招待し、愛知県内の3つの工場、貞宝工場、明知工場、元町工場で、トヨタの未来技術とその考え方を公開した。具体的にいえば、デジタル技術を軸とし、個々の製造技術の大幅な刷新がそれに加わるとどうなるかを示したものだ。(2023/10/16)

「CEATEC 2023」事前情報:
持続可能な未来に向けた「はかる技術」を紹介、アンリツ
アンリツは2023年10月17〜20日に開催される「CEATEC 2023」(幕張メッセ)に出展し、「『はかる』が創る持続可能な未来」をテーマに掲げ、身近な生活や社会課題解決に役立つ製品やソリューションを5つのエリアに分けて紹介する。(2023/10/13)

高コスト、設置の難しさ……超音波センサーの課題を克服:
PR:予知保全の概念を変える! 聞こえない音で“異常の始まり”を察知するセンサー
日清紡マイクロデバイスは、超音波を検知するセンサーとして、低コストで設置時の制約を抑えたアコースティックセンサーを開発し、間もなく量産を開始する。超音波は、振動や音よりも前に設備やインフラの異常発生の予兆として生じることが分かっており、異常をいち早く察知する予知保全システムのセンサーとしての応用が期待されている。(2023/10/4)

進むデジタル化でEAMに注目が集まる 企業が知るべきその重要性を解説
デジタル化の波を受けて、「EAMとERPをいかにうまく活用するか」に注目が集まっている。(2023/9/26)

IoT向けSIMによるノーコードIoTでDXを加速:
PR:IoT化の障壁 工場のネットワーク課題を解決するオールインワンIoTサービス
工場のIoT化を進める上で、既存のネットワーク通信量の増加やセキュリティリスク、コスト増を懸念する企業は多い。これら工場ネットワークの課題を解決できるのが、IoT機器向けモバイル回線データ処理サービス「MEEQ」だ。(2023/9/29)

ものづくり白書2023を読み解く(3):
DXを妨げる「ノウハウ/ヒト/カネ」不足、組織横断のデータ共有が進まぬ製造業
日本のモノづくりの現状を示す「2023年版ものづくり白書」が2023年6月に公開された。本連載では3回にわたって「2023年版ものづくり白書」の内容を紹介していく。(2023/9/20)

FAニュース:
汎用インバーターの主力機種シリーズを刷新、イーサネット対応機種など提供
富士電機は、汎用インバーターの主力機種「FRENIC-Ace」シリーズを刷新した。生産現場のDX推進支援に向け、イーサネット対応機種やフィンレスタイプなどの機種をラインアップしている。(2023/9/15)

約250台のカメラでデジタルツイン構築 人とロボットが協調――累計4000万台超のPCを作り続けてきた「島根富士通」の生産ラインが進化中
「LIFEBOOK」「ESPRIMO」「LOOX」ブランドで知られる富士通クライアントコンピューティング(FCCL)のPCの多くは、島根県出雲市にある「島根富士通」という子会社で生産されている。ここしばらくはノートPCとタブレットPCの生産をメインに据えてきたが、最近はデスクトップPCの生産やPCの修理も手掛けるようになった。どのようにPCが作られていくのか、写真と共にチェックしてみよう。(2023/9/13)

FAインタビュー:
現場の負担を削りモノづくりの魅力を高める、中村留が複合加工機で目指すもの
1台の機械でフライスや旋削、ギア加工などができる複合加工機による工程集約を掲げる中村留精密工業。2022年に同社 代表取締役社長に就任した中村匠吾氏に新工場建設の狙い、今後の展望などを聞いた。(2023/9/13)

セミナー:
PR:【製造業向け】今だからこそ立ち止まって考えてみませんか? 〜DX推進の目的と、それをリードする人材・支える人材について〜
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2023/9/12)

FAニュース:
直動製品の状態監視システムの開発を開始、日本精工が2024年度に市場投入へ
日本精工は直動製品の状態監視システムの実用化に向けた開発を開始した。2023年度よりパイロットユーザーで実機検証を進め、2024年度の市場投入を目指す。(2023/9/5)

FAニュース:
非接触で高精度なミツトヨのインラインレーザー測定システム
ミツトヨは、レーザースキャンマイクロメーター「LSM-02-A」「LSM-30-A」を発売した。インライン測定に特化したマイクロメーターで、円筒形状の外径や振れなどを高精度に非接触で測定できる。(2023/9/4)

金融系から産業系、品質保証からデータサイエンティスト、国内からグローバルへ:
PR:オリジナルなキャリアを紡ぐ、日立ソリューションズ 産業イノベーション事業部のエンジニアたち
金融系から産業系へ、品質保証からデータサイエンティストへ、国内からグローバルへ――チャレンジしたい分野の受け皿があり、支援する社風がある。勇気を奮って一歩踏み出すことで、可能性が広がり、新たなやりがいをつかめる。それが日立ソリューションズ 産業イノベーション事業部のエンジニアのキャリア構築法だ。(2023/9/4)

JAPAN PACK 2023:
焦点は自動化と環境、「JAPAN PACK 2023」に包装関連400社以上が出展
日本包装機械工業会は東京都内で会見を開き、包装関連機材の見本市「JAPAN PACK 2023(日本包装産業展)」の概要を発表。今回は2023年10月3日〜6日の4日間、東京ビッグサイトの東展示棟2〜6ホールで開催する。(2023/8/31)

DX 365 Life(9):
導入事例から学ぶ、他社のDXの取り組み状況(Microsoftのビジネスアプリケーションー導入事例/「ONE TEAM」編)
Microsoftのビジネスアプリケーションを活用し、さまざまな企業がDXを推進しています。本稿ではそれら企業の一部を紹介します。(2023/8/31)

スマート工場最前線:
AMRを作り活用するオムロン、綾部工場で進むThe GEMBA活動
オムロンの綾部工場ではさまざまな自動化の取り組みが進んでいる。(2023/8/14)

FAニュース:
eスポーツで磨いた性能をVRなど遠隔制御に展開、オムロンがスイッチを世界販売
オムロンは操作用マイクロスイッチの「D2FC」「D2LS」「D2FP」を2023年8月からグローバルで販売すると発表した。VR(仮想現実)などを活用した遠隔制御向け操作機器などでの利用を主に想定している。(2023/8/4)

製造業IoT:
PFUが工場の「ネットワーク見える化装置」を機能強化、より“やさしく”
PFUは、工場におけるネットワーク接続機器の見える化やネットワークの状態把握を簡単に行える装置「iNetSec FC」の機能強化版の提供を開始する。ネットワークの見える化を、より“やさしく”行えるようにしたことが最大の特徴となる。(2023/7/27)

協働ロボット:
ロボットを導入したら社員が増えた? 北陸中小企業が示す自動化と採用の好循環
金型製作、プレス加工の有川製作所は2023年7月18日、協働ロボットなどを活用した自動化システムの展示施設「小人の靴屋」を開所した。(2023/7/20)

interpack2023 最新動向レポート(後編):
フローティングリニア技術が開く新たな可能性、パッケージ産業の変化の兆し
3年に1回開かれる世界的な加工包装展示会「interpack2023」最新動向レポートの後編です。(2023/7/19)

ホワイトすぎるサプライチェーン:
ブラックサンダー「児童労働ゼロ」へ王手 取引先の「難しい」を突破した意志
ザクザク食感が特徴の大人気菓子「ブラックサンダー」を販売する有楽製菓は、2018年から商品に使用するカカオ原料を、児童労働に頼らないものに切り替えるプロジェクトに取り組んできた。その道のりは平たんではなく、主要取引先から断られることもあった。どのような道のりを経て、児童労働ゼロを達成しようとしているのか。(2023/7/14)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
2000万円超えの高級車「センチュリー」 なぜSUV化するのか
現在、日本で唯一のショーファーカー(専用運転手付きのクルマ)であるトヨタ「センチュリー」。年内にもSUVモデルの登場が予告され、注目を集めています。そこで、センチュリーがどれほど特別な存在なのかを解説します。(2023/7/13)

セミナー:
PR:【製造業向け】ステークホルダーを味方につけるDX推進とは? 〜トップダウン/ボトムアップ双方の視点で実践的な進め方をご紹介〜
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2023/7/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。