• 関連の記事

「プラスチック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プラスチック」に関する情報が集まったページです。

JCB、最短5分の即時入会サービス開始 ナンバーレス、カードレスの土台も整う
JCBは7月1日、最短5分で手続きが完了する即時入会サービスを7月4日から提供すると発表した。モバイルアプリを介して手続きをすべてオンラインで完結。入会後は、アプリ内でクレジットカード番号が確認でき、Apple PayやGoogle Payへ登録することですぐに買い物が可能になる。1〜2週間後にはプラスチックカードも送付される。(2022/7/1)

ミニストップが“食べるスプーン”ソフトクリームで使用開始 プラスチック削減の一環で
この手があったか。(2022/6/29)

ミニストップ、ソフトクリームのスプーンを“食べるスプーン”に変更
ミニストップが、店内で提供しているソフトクリームのプラスチックスプーンをコーンでつくった「食べるスプーン」に切り替える取り組みを開始した。(2022/6/28)

Y!mobile、シンプルデザインの5Gスマホ「AQUOS wish2」を6月23日に発売
ソフトバンクは、Y!mobileブランドの新製品として5Gスマホ「AQUOS wish2」を6月23日から発売する。自然をモチーフとした色合いとシンプルなデザインで、ボディには再生プラスチック材を使用している。(2022/6/16)

ハノーバーメッセ2022:
100%再生プラスチック製の自転車を開発、igus
モーションプラスチック製品や可動ケーブルなどを展開するドイツのigusは世界最大級の産業見本市「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)」(2022年5月30日〜6月2日)において、開発を進める100%プラスチック製自転車「igus:bike」のコンセプトを公開した。(2022/6/15)

サステナブル設計:
鎌倉に「国内初」のプラスチック高付加価値アップサイクル研究拠点を開設
科学技術振興機構の「共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)」において、地域共創分野育成型プロジェクトとして採択された「デジタル駆動超資源循環参加型社会共創拠点」は、慶應義塾大学と鎌倉市、参加企業/団体21社の共創と、市民参加型実験を加速すべく、研究拠点施設「リサイクリエーションラボ」を開設した。(2022/5/31)

材料技術:
不透明なガラス繊維強化プラスチックがクリアに、高品位なピアノブラックも可能
出光興産は、「人とくるまのテクノロジー展 2022 YOKOHAMA」(2022年5月25〜27日、パシフィコ横浜)において開発中のガラス繊維強化ポリカーボネートを展示した。量産開発にめどはついている。用途に合わせたカスタマイズにも対応できる。(2022/5/27)

新建材:
LIXIL、樹脂素材と新技術で熱さを感じにくい人工木デッキ「デッキDC」
LIXILは、熱伝導率の低い樹脂素材と独自の新技術「独立気泡構造」を取り入れ、夏場の炎天下でも熱さを感じにくい人工木デッキ「デッキDC」を全国で販売開始した。基材部には木粉や再生プラスチックのリサイクル材を100%使用し、資源の循環利用も促進する。(2022/5/27)

サステナブル設計:
環境に配慮したリサイクル素材を積極的に活用した13.3型マルチモードPC
レノボ・ジャパンは、環境への配慮と優れたパフォーマンスを両立する13.3型マルチモードPC「Lenovo Yoga 670」を発表した。環境に配慮したリサイクル素材が積極的に活用されており、天板のファブリックカバーや電源アダプター、バッテリーなどにはリサイクルプラスチックが用いられている。(2022/5/18)

メカ設計メルマガ 編集後記:
プラスチック新法で求められる「環境配慮設計」は負担ではなくチャンス
避けては通れない「脱プラ」の流れ、そして「環境配慮設計」とどのように向き合うべきか。(2022/5/17)

材料技術:
エンプラをパウダー化する手法を確立、射出成形以外の製造方法への適用を提案
ポリプラスチックスは「エンプラのパウダー化に成功:新製品DURAST Powder -特性改善や製造工程の合理化、材料ロス削減が可能に-」に関する情報を同社Webサイトで公開した。従来難しいとされていたエンジニアリングプラスチックのファインパウダー化の手法を確立し、さまざまな製造方法への適用を提案する。(2022/5/16)

エイサー、法人向け15.6型ノート「TravelMate Vero」2製品を発売 PCRプラスチック素材を採用
日本エイサーは、法人市場向けとなる15.6型ノートPC「TravelMate Vero」シリーズ2製品を発売する。(2022/5/13)

いざというときの火災対策マニュアル【前編】
段ボールやプラスチックはNG? 「データセンター火災」を防ぐ基本行動
データセンターの火災は企業に甚大な損害をもたらす。最悪の事態を防ぐために、企業はどのような火災対策を取るべきなのか。(2022/4/26)

電子ブックレット(メカ設計):
東京五輪表彰台プロジェクトの軌跡〜未来へつなげるモノづくり〜
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、使用済みプラスチックを材料に、3Dプリンティング技術によって新たな命が吹き込まれた東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(東京2020大会)表彰台プロジェクトを取り上げた「東京五輪表彰台プロジェクトの軌跡〜未来へつなげるモノづくり〜」をお送りします。(2022/4/18)

4月12日から:
「ファミマ!!」のアイスコーヒー容器 プラ→紙へ
ファミリーマートは4月12日より、都市型の店舗「ファミマ!!」で販売するアイスコーヒーのカップをプラスチック製から紙製へと変更する。プラスチックの削減が目的だ。(2022/4/8)

FAニュース:
プラスチック7種を約2秒で簡単に判別できるハンディセンサー
リコーは、プラスチックの種類を簡単に判別できる、樹脂判別ハンディセンサー「RICOH HANDY PLASTIC SENSOR B150」を開発した。測定ボタンを約2秒押すだけで7種類のプラスチックを安全に判別できる。(2022/4/8)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
「プラスチック新法」に対応したらアメニティーが“ごっそり”盗まれた? 対応に右往左往する現場のリアル
4月1日に施行された通称“プラスチック新法”。「ホテルの客室からアメニティーが無くなる!?」といったうわさがまことしやかに広がったが、実際はどうなのだろうか。ほぼ毎日ホテルに宿泊する筆者が現場を調査したところ……。(2022/4/8)

リサーチ会社調査:
脱プラスチックへの工夫 エコバッグ使用が最多
クロス・マーケティング(東京都新宿区)は、脱プラスチックに関する調査を実施した。「脱プラスチックを進めていきたい」と答えた人は全体の45.7%だった。(2022/4/7)

古米配合ブラシ 木製スプーン プラごみ削減知恵絞る
プラスチックごみの削減のため、スプーンやフォーク、歯ブラシなどのプラスチック製品を提供する事業者への規制が強化され、ホテルや飲食店、クリーニング店などが対応に追われている。(2022/4/6)

加速する脱プラの動き:
ファミマ、おにぎりのフィルムを環境配慮型素材に変更 石油系プラスチック削減へ
ファミマはおにぎりのフィルムを環境配慮型素材に変更する。石油系プラスチック削減に向けた取り組みの一環。同社のおにぎり製品全てを変更した場合、年間約7トンの石油系プラスチック削減が見込まれる。(2022/4/4)

アパ、東横イン、帝国ホテルに聞いた:
ホテルのアメニティーはなくなるの? 4月のプラスチック資源循環法施行にむけた各社の取り組み
4月1日にプラスチック資源循環法が施行される。ホテル業界各社はアメニティーを廃止・有料化するのか。アパ・東横イン・帝国ホテルに取材した。(2022/3/28)

プラスチックパッケージで提供:
新たな宇宙空間向け低コストICを開発、STマイクロ
STMicroelectronics(以下、ST)の耐放射線ICの最新シリーズは、地球低軌道(LEO)での使用を念頭において設計された、最大50キロrad(Si)の耐放射線性を備えたプラスチックパッケージである。これにより、次世代衛星では、比較的安全なLEOから地球観測とブロードバンドインターネットの提供ができるようになる。従来の宇宙空間に別れを告げ、新たな宇宙空間を活用する時が目前に迫っている。(2022/3/23)

日本ものづくりワールド 2022:
CFRP対応大型3Dプリンタ、独自プロセスと高耐熱樹脂で金属並みの強度を実現
マークフォージド・ジャパンは「日本ものづくりワールド 2022」内の「第4回 次世代3Dプリンタ展」に出展し、最新の炭素繊維強化プラスチック(CFRP)対応の大型工業用3Dプリンタ「FX20」を訴求。同社独自の連続カーボンファイバー強化プロセスと、FX20で使用可能な高耐熱樹脂「ULTEM 9085」を組み合わせることで、アルミニウム合金と同等レベルの強度と軽さを実現するCFRPパーツを造形できる点をアピールした。(2022/3/23)

廃プラ削減へ:
スターバックス、店内利用時のフタ・使い捨てカップ廃止 一部店舗の全アイスドリンク対象、4月から
カフェチェーン「スターバックス」は4月18日以降、店内で提供する全アイスメニューをフタ(リッド)なしで提供する取り組みを一部店舗で始める。使い捨てプラスチック(廃プラ)の削減や、リユース(再利用)・リサイクルの促進が主な狙い。(2022/3/17)

「プラスチックの人間と写真撮らなくていいの?」 “アクリルスタンド”を知らない友達の発言に笑いつつも愛を感じた話
多様性ってこういうことかも。(2022/3/13)

マイカトラリーの利用促進を目指す:
ファミマ、プラ製フォークやスプーンの配布を休止する実証実験を開始
ファミマはプラ製フォークやスプーンの配布を休止する実証実験を実施する。プラスチック削減に向けた取り組みの一環。プラ製のフォークやスプーンの配布を休止し、竹製のマイカトラリーセットを販売する。(2022/3/9)

あの会社の「SDGs」:
ナチュラルローソンの「量り売り」 コロナ禍で模索されていた「エコ」以外の役割
「ナチュラルローソン」が、洗剤やドライフルーツの「量り売り」を一部店舗で実施している。第1の目的はプラスチック削減だが、コロナ禍では新たな収益源として活用することも想定されていた。(2022/3/9)

水にぬれても大丈夫な「紙カミソリ」ローソンで発売 “脱プラスチック”の流れ受け開発 刃部分には金属を使用
紙でそるわけじゃないのね。(2022/2/25)

組み立て式・使い捨てタイプ:
貝印、「紙かみそり」をローソンで販売開始 脱プラ仕様
貝印は全国のローソン店舗で「紙カミソリ」を販売する。ハンドルに紙、刃体に金属を使用した脱プラスチック仕様。使い切りタイプで衛生面も考慮した。(2022/2/24)

プラスチック資源循環促進法施行に向けて:
セブン、新型のスプーンとフォークを導入 脱プラを推進
コンビニ業界の脱プラスチックの動きは加速している。セブンは植物由来素材を30%配合したスプーン、フォークを導入する。プラスチック資源循環促進法への対応策だという。(2022/2/22)

ソラコム、月額1ドルから利用できるIoT通信プラン 通常の4分の1サイズ「エコSIM」採用
ソラコムが月額1ドル、通信容量5MBのIoT向け通信プランの提供を始めた。専用の識別番号を使い、日本国内だけでなく海外でも利用できる。通常の4分の1サイズのSIMカードを使い、プラスチックや温室効果ガスの削減にも寄与する。(2022/2/18)

ペットボトルの再生素材への転換も:
イオン、紙・木製カトラリーの導入を発表 プラ削減に向けて
イオンは紙・木製のカトラリーを導入すると発表した。年間で約150トンのプラスチック削減を見込み、2022年上期中に完全切り替えを目指す。ペットボトルの100%再生、植物由来素材への転換にも取り組むなど、脱プラスチックに向けた取り組みを強化する。(2022/2/17)

和歌山市沖の無人島:
「ラピュタの島」の海洋プラごみ生かせ ベンチや補強剤で新たな価値
明治時代に建造された旧日本軍の砲台跡が残る和歌山市沖の無人島・友ケ島。観光資源として打ち出す和歌山市が頭を抱えるのが、島に漂着する大量の海洋プラスチックごみだ。(2022/2/10)

フードロス低減にも:
プラ使用量を90%削減した“密封できる紙トレー” DNPなどが開発を開始
DNPと東京食品機械は、プラスチック使用量を抑えた環境配慮型の密封性を有する紙トレーの共同開発を開始した。(2022/2/8)

木製スプーン導入の選択制も開始:
ローソン、穴開きスプーンとフォークを導入 プラ削減の一環
ローソンが穴開きスプーンとフォークの導入を発表。プラスチック資源循環促進法の施行に合わせて導入開始する。木製スプーンの導入も選択制に。(2022/2/7)

「Galaxy S22」(仮)は廃棄漁網リサイクルで SamsungがSDGsアピール
Samsung Electronicsは2月9日の新製品発表イベントに向けて、SDGsの取り組みを紹介した。イベントで発表する新製品では、廃棄漁網のリサイクルプラスチック素材を採用する。イベントでは「Galaxy S22」シリーズ(仮)が登場するとみられている。(2022/2/7)

EVで需要高まる合成樹脂フィルム 日本メーカーから米社に供給
合成樹脂の加工、販売を手掛けるウェーブロック・アドバンスト・テクノロジーが、米EVメーカーから金属調の加飾フィルムを受注した。自動車は電動化でデザインの自由度が高まるとみられており、自動車向けにフィルムの採用を働き掛けていく。(2022/2/2)

「PayPayあと払い」提供開始 PayPayアプリ上で完結、最大1万円相当の還元も
PayPayは、2月1日から当月利用した金額を翌月まとめて支払える「PayPayあと払い」を提供する。「PayPayカード」のプラスチック製カードも発行し、最大1万円相当のPayPayボーナスがもらえるキャンペーンも行う。(2022/1/31)

2025年までにプラ使用量半減へ:
ハーゲンダッツジャパン、石油由来のプラスチック製スプーン順次廃止 バイオマス配合素材に
ハーゲンダッツジャパンは、同社が提供するアイスクリームの包材とスプーン素材を、石油由来のプラスチックから、環境に配慮した非プラスチック素材に順次切り替えると発表した。(2022/1/19)

プラ使用量削減:
花王、プラ製アイキャッチシールの生産を終了 商品特徴を容器へ直接記載
花王が、商品のパッケージに添付している「プラスチック製アイキャッチシール」の生産を2021年12月末で終了したと発表した。(2022/1/12)

新スプーンに続く施策:
ファミマ、フォークを軽量化 プラ削減のために工夫したことは?
ファミリーマートは1月25日から、新しいデザインのフォークを関東地方、東海地方、甲信地方における8700店舗で取り扱うと発表した。プラスチック使用量の削減が狙い。(2022/1/11)

FAニュース:
海洋プラスチックごみ問題解決へ、包装技術で貢献するオムロンの技術力
オムロンは2021年12月23日、同社の温度調節器関連技術について説明する報道陣向けのラウンドテーブルを開催。包装業界において海洋プラスチック問題への対応で新素材採用が広がる中、センシング技術とAI対応の温度調節器の組み合わせによる「Perfect Sealing」が貢献していることを紹介した。(2021/12/27)

シャープが新スマホ「AQUOS wish」発表 “シンプルで飾らない”エントリーモデル
シャープがスマートフォンの新シリーズ「AQUOS wish」を2022年1月中旬以降に発売する。「モノを持ちすぎない」「気に入ったモノを長く大切に使い続けたい」といった考えに基づき、「シンプルで飾らないスマホ」をコンセプトとしている。環境にも配慮し、本体には再生プラスチック材を35%を使用している。(2021/12/6)

ローソンが洗剤やシャンプーなど日用品の量り売りを開始 商品カテゴリーの拡大も検討
プラスチック削減のため、行われます。(2021/12/1)

イケア、プラ包装を段階的に廃止へ 2028年までに
イケアは、環境負荷の低減を目的に、商品のプラスチック包装を段階的に廃止する方針を明らかにした。2025年までに新商品、28年までに既存商品の包装を、それぞれプラスチックから、紙などの再生可能素材に切り替える。(2021/11/24)

リビングにも置ける防音テレワークブース 9万8000円で発売 サンワサプライ
オフィスや家庭のリビングなどに設置できる、プラスチック製のワークブースがサンワサプライから。9万8000円(税込)。(2021/11/24)

貝印、「紙カミソリ」22年3月に市販へ テスト販売は3日で売り切れ
貝印はハンドルを紙にしてプラスチック使用量を98%削減した「紙カミソリ」を2022年3月から全国で販売すると発表した。(2021/11/8)

FAニュース:
独自構造の発振器を搭載したCFRP用炭酸ガス3次元レーザー加工機を発売
三菱電機は、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)用炭酸ガス3次元レーザー加工機「CV」シリーズを発売した。発振器と増幅器を同一筐体に統合した炭酸ガスレーザー発振器と、独自の加工ヘッドを搭載する。(2021/11/8)

海洋プラスチックを20%配合 「Microsoft Ocean Plastic Mouse」クイックレビュー
Microsoftが新しいSurfaceと一緒に発表した「Ocean Plastic Mouse」は、その名の通りボディーに海洋プラスチックを約20%配合した環境配慮製品だ。シンプルなマウスとしての使い勝手も秀逸なので、簡単に特徴を紹介しようと思う。(2021/11/5)

nanacoがApple Pay対応 セブンカード以外からのチャージにも対応
これまでプラスチックカードおよびフィーチャーフォンとAndroid端末だけに対応していた電子マネーnanacoが10月21日、Apple Payに対応した。iPhoneやApple Watchにnanacoのアプリを使い、残高確認や決済、チャージが可能になる。(2021/10/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。