• 関連の記事

「慶應義塾大学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「慶應義塾大学」に関する情報が集まったページです。

医療技術ニュース:
安全性が高く、高効率なアレルギー治療用経口ナノ粒子製剤を開発
慶應義塾大学と九州大学は、アレルギー治療に用いることが可能な、安全性および治療効率の高い経口ナノ粒子製剤の開発に成功した。これまで適用が難しかった、重症患者や乳幼児も適用できる可能性がある。(2024/2/1)

超高感度磁気センサーの実現に期待:
フレキシブル基板上の磁性薄膜で創発インダクタンスを観測
慶應義塾大学とブラウン大学、中国科学院大学らの共同研究チームは、フレキシブル基板上の磁性薄膜において、室温かつ低磁場の環境で「創発インダクタンス」を観測し、そのメカニズムについても解明した。(2024/1/30)

医療技術ニュース:
精神科のオンライン診療は、対面診療と同等の治療効果があることを証明
慶應義塾大学ら19機関が参加した共同研究グループは、国内初の無作為化比較試験により、精神疾患に対するオンライン診療の治療効果が、対面診療と同等であることを明らかにした。(2024/1/18)

夢の糸で「繊維革命」幕開け バイオ素材量産 慶大発スパイバー
丈夫で環境にも優しい“夢の糸”が、石油を原料としたポリエステル以来ともいわれる繊維革命を起こそうとしている。(2024/1/16)

Innovative Tech:
令和のピョン吉? 光る目が愛らしい、服を引っ張り動く衣服内ロボット 慶應大が開発
慶應義塾大学の杉浦裕太研究室に所属する研究者らは、腹部に装着するウェアラブルロボットを使用し、衣服を介した視覚・触覚提示手法を提案する研究報告を発表した。(2024/1/10)

バンドエンジニアリングの適用拡大:
ナノ半導体間界面で「エネルギー共鳴現象」を発見
理化学研究所(理研)と筑波大学、東京大学、慶應義塾大学らの共同研究グループは、異なる次元性を持つナノ半導体間の界面で、バンドエネルギー共鳴により励起子移動が増強する現象を発見した。(2023/12/25)

「令和ロマン」高比良くるま、学歴巡り飛び交う“誤情報”に注意喚起 「最弱の中退」「私なんかを輩出する訳がないでしょ!!」
「私が慶應を卒業したという誤情報が」(2023/12/22)

3Dプリンタニュース:
三浦工業と慶應義塾大学SFC研究所、3D積層造形を用いて高性能な熱交換器を開発
三浦工業と慶應義塾大学SFC研究所は、高性能な熱交換器を共同開発した。熱交換器の内部構造に3D積層造形によるジャイロイド構造を採用しており、より高い熱交換性能と機械的強度を得られる。(2023/12/5)

Innovative Tech:
「本人の声とそっくりな合成音声」の悪用に対して法的権利はあるか? NTT社会情報研究所が調査
NTT社会情報研究所と慶應義塾大学の研究者らは、音声合成技術によって生成された、本人の声と酷似した合成音声が利用される場面において主張しうる権利について、著作権、パブリシティ権、個人情報の観点からの解釈を探求した研究報告を発表した。(2023/11/22)

「4大生保に強い大学」ランク 2位「慶應」「同志社」、1位は?
今週は、住友生命保険、第一生命保険、日本生命保険、明治安田生命保険の就職者が多い「4大生保就職者数ランク」を見ていこう。就職者数は、大学通信が各大学にアンケートし、集計した。(2023/10/20)

私立大学の躍進:
「時代にマッチしているなあ」と思う関東の大学 3位「明治」、2位「慶應」、1位は?
マイナビ(東京都千代田区)が運営する「マイナビ進学総合研究所」が、2024年3月卒業予定の高校3年生を対象に「大学認知度・イメージ調査」を行った。(2023/9/20)

“慶応SFC生”公表のアイドル、ファンとの私的交流で解雇処分→本人謝罪 「就活頑張る」「約束も守れなくてごめんなさい」
両グループのSNSで発表されました。(2023/9/14)

清原和博、次男所属の慶応が甲子園優勝に歓喜 PL学園時代のメダルと並べ父の本音吐露「自分の時より遙かに嬉しいもの」
夏の甲子園を静した慶応高校に所属している次男の勝児さん。(2023/8/28)

清原和博さんの元妻・亜希、次男所属の慶応が甲子園優勝後に待っていたもの 「いっときの夢から覚めて」「現実です笑」
「ご飯、洗濯、掃除、片付け…」などの家事に追われる亜希さん。(2023/8/26)

経済の「雑学」:
慶應107年前の優勝投手のその後…… トヨタ正規販売店第1号創業
慶應義塾高校の107年ぶり2度目の優勝で幕を閉じた、今年の全国高校野球選手権大会。前回優勝時の胴上げ投手を調べると卒業後、トヨタ自動車の正規ディーラー1号店の創業者だったことが分かった。(2023/8/26)

「ハンカチ王子」の次は「美白王子」…… 慶應107年ぶり優勝で「日焼け止め」に脚光 「ニベア」に聞く反響
慶應義塾高校が107年ぶり2度目の優勝を果たした今年の全国高校野球選手権大会。一部部員が「日焼け止め」を使用していたことがSNSで話題になるなど野球以外でも注目。日焼け止めを手掛けるニベア花王に反響や近年の動向を聞いた。(2023/8/27)

AIの遺電子と探る未来:
“人を動かすAI”は賢くなくてもいい 親しすぎるのは危険だから規制するべき? 専門家と漫画家で議論してみた
今回の記事は、感情に訴えるふるまいをするロボットやAIの可能性について。日本SF作家クラブ会長でもあり、人とエージェントの関係性を研究する慶應義塾大学准教授の大澤博隆さんと、AIの遺電子原作者・山田胡瓜さんの対談でお届けする。(2023/8/25)

電光掲示板に「優勝!優勝!優勝!」 東急「日吉駅」、慶應の107年ぶり全国制覇を祝福
夏の全国高校野球選手権大会で慶應義塾高校が107年ぶりに優勝したことを受け、最寄り駅の東急電鉄「日吉駅」が祝賀ムードに包まれている。駅構内の電光掲示板には「優勝!優勝!優勝!」の文字が表示されている。(2023/8/24)

早稲田大も祝福:
慶應義塾高107年ぶり優勝、地元商店街は祝勝ムード 「優勝丼」登場
夏の全国高校野球選手権大会で慶應義塾高校(塾高、神奈川)が107年ぶりに優勝したことを受け、地元「日吉商店街」が祝勝ムードに湧いている。加盟店の担当者によると「完全にお祝いムード一色」だという。(2023/8/24)

「一夜明けてもまだ頭が回らず」清原和博の元妻・亜希、慶応高校の107年ぶり優勝に喜び 次男は決勝戦で代打登場
次男・勝児さんとは優勝後、まだ会えていないそうです。(2023/8/24)

慶応の甲子園優勝伝える号外、メルカリで出品横行…… 各紙セットで4000円も 「めちゃくちゃだ」「悲しくなる」
すでに売れているものも多数見られます。(2023/8/24)

「応援の圧」「応援のせい」 慶応優勝・仙台育英準優勝の甲子園、SNSでは“応援”関連ワードが続々トレンドに
野球ファンに大きなインパクトを与えたようです。(2023/8/23)

甲子園決勝「慶応の応援」めぐり議論に 「すごい」称賛の一方で…… 「相手のアウトで大歓声」に疑問も
仙台育英-慶応戦の応援巡り議論。(2023/8/23)

「オオカミちゃん」出演女子高生TikToker、模試で慶応A判定の健闘も“不正”疑う声→反論「一切してないです」
誹謗中傷も受けたと明かしています。(2023/8/22)

組み込み開発ニュース:
ブロックチェーン技術をIoTに活用するための現実的なプロトコルを研究
ぷらっとホームと慶應義塾大学SFC研究所は共同で、「サイバーフィジカルワールドを実現させるための現実的なプロトコルの研究」を開始した。これまでの研究成果となる標準的プロトコルを、より現実的な課題に適用し、実用段階に進める。(2023/8/2)

低融点と高結晶化温度を両立:
相変化メモリ向け新材料「テルル化ニオブ」を発見
東北大学の研究グループは、産業技術総合研究所や慶應義塾大学とともに、相変化メモリ(PCRAM)の電力消費を大幅に抑え、高速動作や高温環境での使用を可能にする相変化材料として、二次元層状物質の「テルル化ニオブ(NbTe4)」を発見した。(2023/7/10)

雇用とリスクへの見解:
ChatGPT創業者が慶大生に語る AIの進化で資本主義はどう変わるか?
ChatGPT開発企業である米OpenAI社のサム・アルトマンCEOが6月12日に来日し、慶應義塾大学三田キャンパスで学生たちの質疑に答えた。AIの進化によって資本主義経済はどう変わるのか。学生の前で語った真意に迫る。(2023/6/20)

リーダー論と組織論:
ChatGPT創業者が慶大生に明かした「ブレイクスルーの起こし方」
ChatGPT開発企業の米OpenAIのCEOが来日し、慶應義塾大学の学生達と対話した。いま世界に革命をもたらしているアルトマンCEOであっても、かつては昼まで寝て、あとはビデオゲームにいそしむ生活をしていた時期もあったという。そこから得た気付きが、ビジネスをする上での原動力にもなっていることとは?(2023/6/16)

AGIの定義とは?:
「生成AIで人類はよりクリエイティブになる」 ChatGPTアルトマンCEOが断言する理由
ChatGPT開発企業である米OpenAI社のサム・アルトマンCEOが6月12日、慶應義塾大学三田キャンパスで学生と対話した。一問一答で3回にわたってお届けする。今回は1回目。(2023/6/14)

慶応大で対話:
ChatGPT開発企業のアルトマンCEO「AIはiPhoneのように平等化に役立つ技術」
ChatGPT開発企業「米OpenAI」のサム・アルトマンCEOは慶応義塾大学で学生と対話し、同社が開発する生成AIについて「貧しい人の方が救われる平等化に役立つ技術」だと語った。(2023/6/13)

量子技術の教材、勢ぞろい NIIが無料公開 東大、慶應などがコンテンツ提供
NIIが、量子技術に関する教材を集めたデータベースを公開した。コンテンツはNIIに加え、東京大学、慶應義塾大学、名古屋大学、九州大学が提供する。(2023/6/12)

医療機器ニュース:
注射針と同等サイズの極細ディスポーザブル内視鏡を開発
慶應義塾大学とエア・ウォーターは、GI型POF技術を応用した極細硬性内視鏡を開発した。外径0.1〜0.5mmのGI型POFレンズを内視鏡の先端に設置し、低侵襲で関節内部を観察できる。(2023/5/22)

「内心ホッとした」 野口健、18歳娘の慶大入学&帰国に本音 小学校以来の体験に「これからは一緒にご飯でも」
中学校から海外に渡っていた絵子さん。(2023/4/5)

医療機器ニュース:
リアルハプティクス技術搭載の脊椎手術用骨ドリルを開発
慶應義塾大学は、リアルハプティクス技術を実装した、脊椎手術用ドリルを開発した。リアルハプティクス搭載の骨ドリルを利用した場合、手術経験の浅い外科医でも正確かつ安全な手術が可能になることを実証した。(2023/4/4)

miwa、32歳で慶應・大学院修士課程の修了を報告 頑張る1児のママに「マスターmiwaさん」と声援飛ぶ
miwaさん「音楽がもっと好きになり、もっと学びたいと思える2年間でした」(2023/3/29)

「4月から再び女学生に」エド・はるみ、筑波大学大学院に合格 博士号の夢を追いかけ2年前に勉強開始
エド・はるみさんは慶應義塾大学大学院で修士号を授与されています。(2023/3/28)

医療技術ニュース:
皮膚に貼るバイオセンサーで汗の乳酸値を測定する運動評価法を開発
慶應義塾大学は、皮膚に貼るだけで汗の乳酸値を測定できる、バイオセンサーを活用した運動評価法を開発した。心血管疾患患者の運動評価が可能かを検証する医師主導の治験を実施し、その有効性を確認した。(2023/3/23)

第8回 国際バイオマス展 春:
3Dプリンタを活用した小型アップサイクルシステムで循環型社会の実現を後押し
エス.ラボと慶応義塾大学は「第8回 国際バイオマス展 春」に共同出展し、ペレット式3Dプリンタ、粉砕機、押出成形機、ネットコンベヤー、ペレタイザーで構成される「アップサイクルシステム」を披露した。(2023/3/20)

サステナブル設計:
COI-NEXTの地域共創分野本格型に採択、共生アップサイクルの実践と理論化へ
慶應義塾大学は、同大学が代表機関となり、鎌倉市や参画企業/大学との共創により応募提案した「リスペクトでつながる『共生アップサイクル社会』共創拠点」が、JSTのCOI-NEXTの地域共創分野本格型プロジェクトとして採択されたことを発表した。(2023/3/16)

唯一2万人超え:
社長の出身大学、日本大学が12年連続の1位 早稲田、慶應は?
日本で最も社長を輩出している大学はどこなのか? 東京商工リサーチは「全国社長の出身大学」調査を実施した。(2023/3/14)

3Dプリンタニュース:
デジファブ技術を活用した“光るベンチ”が建築と一体化した屋外空間演出を実現
三菱ケミカルグループ、竹中工務店、エス.ラボ、慶應義塾大学 SFC 田中浩也研究室は、バイオエンプラを用いた3Dプリント樹脂ベンチを共同製作し、三菱ケミカルグループの研究開発拠点の敷地内に設置した。(2023/2/10)

医療技術ニュース:
ビールの苦味成分が自律神経の活動を調整し、注意力を向上させることを確認
慶應義塾大学とキリンホールディングは、熟成ホップ由来苦味酸の単回摂取が、自律神経活動を調節し、注意力を向上させる機能があることを臨床試験で確認した。(2023/2/7)

静電反発を軽減し分極構造を導入:
双極子の荷電π電子系を積層した集合体を形成
立命館大学は、京都大学や慶應義塾大学、近畿大学、愛媛大学、JSRと共同で、双極子を有するπ電子系カチオンを同種電荷種間で積層し、集合化形態に起因する物性の変調や、半導体特性の発現が可能であることを解明した。(2023/2/6)

室温で高エネルギー動作が可能に:
マグネシウム蓄電池向けの酸化物正極材料を開発
東北大学や慶應義塾大学などの研究チームは、マグネシウム蓄電池の正極材料として、スピネル型のマグネシウムマンガン系酸化物を開発した。(2023/2/2)

日吉・三田エリアが対象:
「慶應義塾大学」キャンパス周辺で家賃相場が安い駅 2位「糀谷」、1位は?
リクルートはニュースサイト「SUUMO ジャーナル」にて、「慶應義塾大学の日吉キャンパス・三田キャンパスに通いやすく、家賃相場が安い駅ランキング」を発表した。(2023/2/16)

清原和博、次男在籍の慶応センバツ出場決定を祝福 「私自身が初めて甲子園に出たとき以上の緊張感が湧き起こっています」
次男・勝児さんは同校で内野手を務め、昨秋の関東大会4強入りに貢献。(2023/1/28)

BAS:
パナソニック、空調システムが健康症状と生活の質に与える影響調査
パナソニック ホームズは、住宅用全館空調システム導入が健康症状・生活の質に与える影響について、慶應義塾大学 理工学部 伊香賀教授と共同で調査研究し、結果を2022年9月に開催された日本建築学会および空気調和・衛生工学会で発表した。(2023/1/24)

東京商工リサーチ調べ:
女性社長の出身大学ランキング 2位「慶應義塾大学」、1位は?
東京商工リサーチは、保有する約400万社の経営者情報(個人企業を含む)から、「女性社長」を抽出し分析した。調査は今回が11回目。女性社長の出身大学を調べたところ、1位は「日本大学」だった。(2022/11/22)

網浜直子、イケメン次男が“ミスター慶応SFC”に! 苦難乗り越え見事グランプリへ「自分の居場所が分からなくなった時も」
ママの美を受け継いだイケメン次男・秦崚馬さん。(2022/11/16)

慶大、世界中の伝統芸能をWebで体験できる「Global Jukebox」公開 1026民族・5776件の音声記録へ自由にアクセス可能
膨大な音声記録を多彩な検索方法で追えます。(2022/11/15)

PR:学生マンション検索サイト 専門学校、大学別の賃貸物件検索サイト学生ウォーカー


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。