• 関連の記事

「General Motors」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「General Motors」に関する情報が集まったページです。

日本企業のDXを加速 米通信ベライゾン・ビジネスCEOに聞く5G世界戦略
米国3大キャリアの通信企業、ベライゾンが日本市場でのビジネスに注力している。なぜ、同社は日本市場に注目しているのか。法人向け部門ベライゾン・ビジネスグループのカイル・マレイディーCEOに聞いた。(2024/5/27)

テスラの「充電器部門」閉鎖、自動車業界に動揺 米GMは「状況を注視」
米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が急速充電器「スーパーチャージャー」部門の従業員を突然解雇したことを受け、充電網対応の新EV販売の準備に取り掛かっていた自動車メーカー各社の間で動揺が広がっている。(2024/5/1)

電動化:
ホンダがカナダにEV製造拠点を新設、バッテリーは自社生産
ホンダはEV専用の完成車工場やバッテリー工場の建設、材料メーカーとの共同出資会社設立など、北米でのEVの包括的バリューチェーン構築に向けた検討を開始した。(2024/4/26)

高根英幸 「クルマのミライ」:
「アジアでBEV出遅れ」は好機になる? 日本車が再び選ばれるようになる理由
タイの日本車ディーラーが中国や韓国のブランドに乗り換える動きが続出しているようだ。しかし、勢いのあるアジア勢と比べて、慎重なのが日本車メーカーの成功の理由とも言える。性能や使い勝手で再び日本車が選ばれるようになる可能性も大いにあるだろう。(2024/4/11)

和田憲一郎の電動化新時代!(51):
CHAdeMO規格、次の一手はどうするのか
2024年に入りハイブリッド車の話題が多くなってきたが、電気自動車も踊り場を経た後で再び市場が拡大するといわれている。そのような中、日本発の急速充電規格CHAdeMOの普及を進めたCHAdeMO協議会は、今後どのような方針で進めていくのだろうか。CHAdeMO協議会にインタビューを行った。(2024/4/10)

3つの理由でEV撤退したアップル “急ハンドル”で注力する「新たなビジネス」は何か
アップルが長らく水面下で続けていたEV開発から撤退したと報道があった。その背景には3つの理由があるという。加えて、新たに注力するビジネスも見えてきた。(2024/3/30)

思った以上に進化していたHPの「3Dプリンタ」 その生まれ故郷「HP Parts Manufacturing Labs」を見学してきた
世界的なプリンタメーカーでもあるHPは、大企業や工場で使う産業用に特化する形で3Dプリンタにも注力している。スペイン・バルセロナにある3Dプリンタの研究/開発拠点「HP Parts Manufacturing Labs」を見学する機会を得たので、その模様をお伝えする。(2024/3/19)

日産、ホンダとEVなどで連携を検討 各所への影響は?
日産自動車は生産コストを削減するため、電気自動車の主要部品について本田技研工業との業務提携を検討していると、日産の事情に詳しい関係者3人が明らかにした。(2024/3/15)

大山聡の業界スコープ(75):
車載半導体需要に暗雲、サプライチェーンが大きく変わるタイミングか
半導体市場の動向に異変が起きている。PC/スマホ向け半導体が回復しつつある一方で、これまで好調だった自動車向け半導体需要が減速し始めているのだ。なぜ自動車向け半導体の需要が減速し、今後どうなっていくのか。(2024/3/13)

「BYD ドルフィン」の販売目標は未達:
EVブームにブレーキ? “黒船”BYD「日本で毎年、新車種を提供」
世界市場でのEVブームにブレーキがかかりつつある中、中国BYDの日本法人であるビーワイディージャパンの劉学亮社長は、日本市場でのEV販売増に強い意欲を示した。(2024/3/14)


アップルも新規参入断念 EV市場が大きな曲がり角に差し掛かっている
電気自動車(EV)市場が大きな曲がり角に差し掛かっている。ドイツのメルセデス・ベンツや米「ビッグ3」の一角など大手メーカーがEV計画を急減速させ、米IT大手アップルはEVへの新規参入を取りやめた。(2024/3/7)

CIO Dive:
“開発はAIにおまかせ”は夢物語か? コード生成AIのメリット/デメリット
潜在的なリスクがあるにもかかわらず、開発者の4分の3以上が確立されたプロトコルではなくコード補完ツールを使用していることが明らかになった。(2024/3/6)

自動車業界の1週間を振り返る:
初めての市販車発売の翌年にF1初参戦、60年前に思いをはせる
週末です。1週間お疲れさまでした。今週末は個人的に特別です。なぜならF1のシーズンスタートだったからです。(2024/3/3)

廃止バス路線を自動運転のセレナで補完 日産の有償公共交通網構想、複数都市で展開へ
自治体や交通事業者などと連携し、公共交通網を補完する有償の乗り合いバス型の移動サービスを複数の地方都市で展開する方針。(2024/2/29)

工場ニュース:
ホンダ、GMの合弁会社が燃料電池システム生産開始、耐久性と耐低温性が向上
ホンダとGeneral Motorsが共同開発した燃料電池システムを、両社の合弁会社Fuel Cell System Manufacturingが生産を開始した。腐食耐性の高い材料を適用するなど耐久性を2倍に高め、耐低温性も大幅に向上している。(2024/2/19)

和田憲一郎の電動化新時代!(50):
EVシフトの伸び悩み期間「プラトー現象」を乗り越えるには
2024年に入り、EVシフトに関して、ネガティブなニュースも数多く見られるようになってきた。ニュースに一喜一憂する訳ではないが、これまで急激なEVシフトに対して、やや揺り戻しが起きているのではと感じる。(2024/2/16)

CIO Dive:
フォルクスワーゲンがChatGPTをクルマに搭載 自動車メーカーの「生成AI活用例」を紹介
「風邪を引いたんだけど」と告げると、一番近いドラッグストアへの道順を教えてくれる――。フォルクスワーゲンがChatGPTと社内の音声アシスタントの統合を進めているという。生成AIに積極的に利用する自動車メーカー各社の取り組みを紹介する。(2024/2/9)

業務停止中のロボタクシーCruise、大規模リストラ
人身事故発生後、無人タクシー業務を一時停止しているGM傘下のCruiseが、従業員の24%に影響するリストラを発表した。CEOは11月に辞任している。(2023/12/15)

停滞気味の米国とは対照的:
脅威的な低価格でEVシェアを広げる中国、今後10年は業界のけん引役に
中国EVメーカーは、他の国々では考えられないような安価でEVを販売することで、今後10年間で、世界のEV業界をリードしていく立場になる見込みだ。米国EE Timesが複数の専門家にインタビューし、市場の展望を聞いた。(2023/12/12)

EV用バッテリー工場の建設を再開:
物議をかもすFordと中国CATLの協業、米国内から懸念の声
Ford Motorは、中国のEV向け電池メーカーのCATLと協業し、米国ミシガン州に電池製造のためのギガファクトリーを建設中だ。ただ、米中ハイテク戦争が続く中、この協業は物議をかもしている。(2023/12/4)

シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜(5):
Simulation Governanceの技術カテゴリー「モデルと計算」の診断結果
連載「シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜」では、この10年本来の効果を発揮できないまま停滞し続けるCAE活用現場の本質的な改革を目指し、「Simulation Governance」のコンセプトや重要性について説く。連載第5回からは、各サブカテゴリーの項目のポイントやレベルの意味を解説しながら、詳細な診断データを眺めていく。まずは技術カテゴリーの「モデルと計算」に着目する。(2023/11/30)

モビリティサービス:
ホンダGMの自動運転タクシーはお台場からスタート、都心3区にも拡大
経済産業省などは「レベル4モビリティ・アクセラレーション・コミッティ」の第1回の会合を実施した。(2023/11/21)

自動運転タクシーのCruise、“女性下敷き事故”を受け全車両をリコール
GM傘下の自動運転システム企業Cruiseは、10月初旬の人身事故を受け、ソフトウェアアップデートのため950台の全車両のリコールを実施した。(2023/11/9)

自動運転タクシーは安全か? 米国では“女性が車の下敷き”など事故相次ぐ 一部事業者は営業停止に
米カリフォルニア州やテキサス州で自動運転タクシーのサービスを展開していた米Cruiseが、相次ぐ事故を受けて営業を停止した。米国では、公道を走る自動運転車が予想外のトラブルなども発生し、安全性や実用性を巡る論議が続いている。(2023/11/9)

デジタルツイン×産業メタバースの衝撃(3):
製造業に広がるメタバース活用、設計/生産/品質管理の事例を見る(後編)
本連載では、「デジタルツイン×産業メタバースの衝撃」をタイトルとして、拙著の内容に触れながら、デジタルツインとの融合で実装が進む、産業分野におけるメタバースの構造変化を解説していく。(2023/11/2)

モビリティサービス:
レベル4の自動運転に関東運輸局が認可、ティアフォーやBOLDLYの車両
国土交通省 関東運輸局は2社が申請したレベル4の自動運転車を認可した。(2023/10/23)

自動車業界の1週間を振り返る:
NACSとトヨタ、GMとホンダ……海外勢との連携に進展
北米市場での電動車の充電に関して、また動きがありました。トヨタ自動車が、2025年からEVの充電に北米充電規格を採用することでテスラと合意しました。(2023/10/21)

モビリティサービス:
2026年から無人運転タクシーを東京で、ホンダとGM、クルーズが合弁
ホンダとGMクルーズホールディングス、GMは2026年初めから自動運転車によるタクシーサービスを提供する。(2023/10/20)

自動運転タクシーサービス、2026年に日本で開始へ ホンダとGMが提携
指定場所まで迎えに来るところから、目的地に到達するまで全て自動運転のサービスになります。(2023/10/19)

日本に「自動運転タクシー」到来へ ホンダ、2026年初頭に東京でスタート
ホンダと米GM、GM傘下のクルーズが、日本での自動運転タクシーの提供を目的とした合弁会社を設立する。2026年初頭に東京都心でのサービス提供開始を目指す。(2023/10/19)

ジャパンモビリティショー2023:
いすゞとホンダは大型トラックベースFCVを初公開、2027年の市場導入へ
いすゞ自動車とホンダは「JAPAN MOBILITY SHOW 2023」において、大型トラックタイプの燃料電池車(FCV)を披露する。(2023/10/18)

Supply Chain Dive:
「半導体余り」はもう終わり? フォルクスワーゲンが調達戦略を刷新
半導体不足後に訪れた「半導体余り」の記憶が新しい中、フォルクスワーゲンが半導体をメーカーから直接調達する方針を決定した理由とは。また、大手自動車メーカーが確保に走る「半導体以外」の重要な材料は何か。(2023/10/4)

自動運転技術:
事故が多いのは無人運転車か人間のドライバーか、GMクルーズが検証
GM傘下のCruiseは、完全なドライバーレスの自動運転車での100万マイルの走行における安全面でのデータを発表した。(2023/9/29)

設計やMBOM、EBOM削減などで生成AI活用が進む:
製造業の「生成AI」導入で2033年までに105億米ドルの収益増加と予測 ABI Research
ABI Researchは、BMW、Boeing、ByteLAKE、General MotorsなどのメーカーとOpen AIなどの製造ソフトウェアプロバイダーの協業が進んでおり、今後、製造業の主要4分野で生成AIの導入が進むと予測した。(2023/9/19)

電動化:
ホンダもNACS採用、2025年中に対応EVを北米で発売
ホンダは北米向けEVで北米充電規格(NACS)を採用する。(2023/9/8)

Marketing Dive:
ヤッカリーノCEOはやっぱりただの置物? 数字が示すX(旧Twitter)の広告主流出が止まらない現状
X(旧Twitter)のCEOであるリンダ・ヤッカリーノ氏は、現時点でXが「損益分岐点に近い」状態にあり、1年前よりも健全になっていると主張した。だが、ある調査レポートが、Xを取り巻く厳しい状況を明らかにしている。(2023/9/5)

製造業DX:
PR:GMやJVCケンウッドが取り組む設計開発の効率化、VDIからデジタルツインへ
コロナ禍を経て、製造業の設計開発業務においてVDIなどを活用したリモートワークが普及しつつある。レノボ・エンタープライズ・ソリューションズとNVIDIAは、このVDIを基点にして設計者のコラボレーションをさらに促進するデジタルツインプラットフォームを提案している。(2023/8/18)

電動化:
北米で自動車メーカー7社で急速充電器を整備、少なくとも3万基設置
ホンダとBMW、GM(General Motors)、ヒョンデ、キア、メルセデス・ベンツ、ステランティスの7社は北米でEVの充電インフラを整備する合弁会社の設立に合意した。(2023/7/28)

「Microsoftは“ゼネコン”になる」の真意 Microsoft Inspireで語られたこと
MicrosoftがMicrosoft Inspireを開催した。同イベントの基調講演で語られたこととは。(2023/7/25)

和田憲一郎の電動化新時代!(49):
北米市場でテスラのNACSの採用が拡大、CHAdeMOはどうする
北米でNACSを巡る動きが激しくなる中、日本発の急速充電規格CHAdeMOの推進団体であるCHAdeMO協議会は今後どのような考え方で進めようとしているのか。CHAdeMO協議会事務局長の丸田理氏、同広報部長の箱守知己氏にインタビューを行った。(2023/7/25)

ドラッカーが教える「成功に必要なもの」:
第1回『超訳ドラッカーの言葉』経営トップ編
多くの会社は役職は明確だが、「責任」の内容は曖昧だ。この連載では会社組織における「責任」を、それぞれの立場で考えてみる。(2023/7/12)

自動運転技術:
ダイナミックマップが韓国に進出、日米韓でHDマップを提供
ダイナミックマッププラットフォームは、韓国で事業を開始した。(2023/7/4)

電動化:
ボルボもテスラの急速充電規格を採用、アダプターでCCSも利用可能
Volvo Carsは、北米のボルボユーザーがTeslaのスーパーチャージャーネットワークを利用できるようにすると発表した。(2023/7/3)

和田憲一郎の電動化新時代!(48):
EVは「普及期」へ、生き残りに向けた3つの方向性
2023年にEVとPHEVを合わせた販売比率が18%になると予測されている。マーケティング理論上はアーリーアダプターからアーリーマジョリティーの領域に入る。また、多くの環境規制では2035年が1つの目標となっている。では、このように急拡大するEVシフトに対し、日本の自動車部品産業はいま何を考えておくべきか。(2023/6/28)

シリコンアノードを開発:
高エネルギー密度バッテリーの米国Ampriusが始動
シリコンアノードを用いた高エネルギー密度バッテリーを手掛ける米国のAmpriusは、2025年に工場の稼働を開始する。数年以内には、同社製バッテリーが空飛ぶクルマに搭載可能になる見込みだという。(2023/6/13)

アナリストらが分析:
IntelとArmの協業が半導体業界にもたらすもの
Intel Foundry ServicesとArmは2023年4月、Intel 18Aプロセス技術向けにArmのIPを最適化することに合意した。この協業が半導体業界にもたらす影響と可能性について、業界の各アナリストに聞いた。(2023/5/30)

日刊MONOist月曜版 編集後記:
米国でEV用電池工場が乱立しているワケ
チャンスをつかもうという動きが広がっています。(2023/5/22)

電動化:
ホンダが日本のEV投入計画を更新、2025年に軽乗用、翌年にも2車種
ホンダが電動化など企業変革の取り組みの最新状況を発表した。(2023/4/27)

組み込み開発ニュース:
オムロンとの協業を深化させるレッドハット、今後の成長は“エッジ”にあり
レッドハットが2023年度の事業戦略を説明。同社は中長期の成長に向けて産業機器や車載機器などのエッジにおけるビジネスの基盤構築に注力しているが、その代表的なパートナーになっているのがオムロンだ。(2023/4/27)

同種の提携、自動車業界で今後増加?:
GMとGlobalFoundries、半導体不足対応で協定締結
GMとGlobalFoundriesは2023年2月、GFがGMの主要サプライヤー向けに半導体を製造するという協定を結んだ。自動車業界で半導体不足が長引く中、同様のパートナーシップが今後増加することが予測されている。(2023/4/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。