• 関連の記事

「コンプレッサー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「コンプレッサー」に関する情報が集まったページです。

FAニュース:
機能特化で小型化と低コスト化を実現したモーター制御製品用ソフトスターター
シュナイダーエレクトリックは、モーター制御製品用ソフトスターター「Altivar Soft Starter」を発売した。シンプルな機能に特化することで、小型化、低コスト化を図っている。(2024/4/12)

FAニュース:
電気、水、エアなど工場インフラ設備の最適運転効率を算出する診断サービス
NECファシリティーズは、「工場インフラ設備最適運転診断サービス」の受け付けを開始する。工場インフラ設備の最適な運転効率を算出し、効率の期待値と実態値の乖離を可視化して設備の最適運転を提案する。(2024/4/11)

施工:
天井工事の負担を減らす「天井ボード楊重装置」を開発、建ロボテックが今夏に市販
建設現場向けロボットソリューションを提供する建ロボテックは、内装工事の天井施工を対象に、省力化を実現する楊重装置を開発した。(2024/3/21)

吸音材を注文 → ペラペラのマットが届く だまされたのかと思ったら“予想外の変貌”をする商品だった話が話題に
こんなことになるの!?(2024/2/18)

メイドインジャパンの現場力:
新型冷蔵庫は整理整頓の促進で省エネ貢献、三菱電機 静岡製作所のモノづくり
三菱電機では静岡製作所において報道陣に冷蔵庫の新製品を発表するとともに、静岡製作所の冷蔵庫の生産ラインを公開した。(2024/1/18)

1Dモデリングの勘所(27):
快適性をデザインする 〜快適性を保つエアコンの運転法〜
「1Dモデリング」に関する連載。連載第27回は、ひとが感じる快適さを熱的視点で考え、モデル化、評価可能であることを示した前回の内容を踏まえ、快適性を具体的に評価するとともに、快適性のモデリングから分かったことを整理する。(2024/1/17)

サンケン電気 SAM265M50BS3、SAM212M05BF1、SAM212M10BF1:
産業機器向け3相ブラシレスモータードライバー
サンケン電気は、産業機器向けの3相ブラシレスモータードライバーとして、650V耐圧の「SAM265M50BS3」、1200V耐圧の「SAM212M05BF1」「SAM212M10BF1」を発表した。出力スイッチング素子や制限抵抗付きブートストラップダイオードなどを搭載する。(2024/1/12)

保全改革:
PR:盤内機器の把握で古い設備の“ドカ停”を防げ ダイキン工業が取った対策とは
製造現場の自動化によって設備が増え、保全業務の負担が高まっている。そのような中、「止まらない工場」を目指して保全が必要な設備の再点検を進め、効率化に取り組んでいるのがダイキン工業だ。ダイキン工業 堺製作所 臨海工場の保全業務変革を紹介する。(2023/12/20)

脱炭素:
パナソニック、エアコン室外機の解体作業を自動化するシステムを開発
パナソニック くらしアプライアンス社は、エアコン室外機の解体作業を自動化する「廃家電自動解体システム」を開発した。室外機の解体工程で最も時間がかかる、カバーからコンプレッサー外しまでの工程を自動化する。(2023/12/5)

2023国際ロボット展:
機能の拡張と絞り込みで協働ロボットを普及へ、ロボット展で新製品を世界初公開
協働ロボット大手のユニバーサルロボットは「2023国際ロボット展」において、世界初公開となる新製品をはじめ、さまざまなアプリケーションを披露する。日本支社 代表の山根剛氏らに出展のコンセプトや今後の展望などを聞いた。(2023/11/27)

モノづくり最前線レポート:
エアコンは社会インフラ、だからこそ日立「白くまくん」は国内生産回帰を進める
「ITmedia Virtual EXPO 2023秋」の「スマートファクトリーEXPO」において、日立ジョンソンコントロールズ空調の泉田金太郎氏が「日立ルームエアコン『白くまくん』国内生産回帰とその狙い」と題して行った講演について紹介する。(2023/11/24)

調査レポート:
建設現場でモノが見つからない?探す時間は平均35.1分/日と判明
MAMORIOは、建設現場の機材や物品を探す負担をアンケートしたところ、全体の40.9%が建設現場で機材や物品が見つからず、仕事に影響が出た経験があると回答した。(2023/11/2)

サンケン電気 SIM6895M:
従来より低ノイズを実現、高圧3相モータードライバー
サンケン電気は、白物家電向け高圧3相モータードライバー「SIM6895M」の量産を開始した。同社従来品「SIM6892M」のスイッチング特性を調整し、低ノイズ化したものとなる。(2023/10/5)

協働ロボット:
自ら移動と充電を行う双腕型協働ロボット、SMC/THK/HDSが合同展示会で連携デモ
SMC、THK、ハーモニック・ドライブ・システムズは「第2回 3社合同メカトロニクスショー」を開催し、3社連携デモンストレーションとして移動型人協働双腕ロボットを披露した。(2023/9/6)

金属3Dプリンタ:
日本AM協会が第2回総会開催、金属3Dプリンタによる金型活用事例などを紹介
日本AM協会は、第2回総会を開催し、AM(Additive Manufacturing:付加製造、積層造形)に関する動向や事例の共有などを行った。(2023/8/29)

サンケン電気 技術開発本部 パワーモジュール開発統括部長 舩倉清一氏:
PR:開発/生産のスピードアップで成長を実現――サンケン電気パワーモジュール事業
サンケン電気は自動車、産業機器/民生機器、白物家電用のパワーモジュール事業の強化を継続する。需要拡大に備えて効率的な増産投資を実施すると同時に開発スピードを加速させ、付加価値の高い新製品の売上比率を引き上げることで事業拡大を狙う。同社技術開発本部でパワーモジュール開発統括部長を務める舩倉清一氏に、製品/技術開発戦略について聞いた。(2023/8/21)

電力密度を向上させシステムコスト低減に貢献する:
PR:チップもパッケージもすごい! インフィニオンの「新世代・車載用SiCパワーMOSFET」
インフィニオン テクノロジーズは2023年6月、車載向けSiC(炭化ケイ素)パワーMOSFETの新世代製品「1200V CoolSiC MOSFET」を発売した。オンボードチャージャーやDC-DCコンバーター、インバーターなど各種車載電力変換システムの最新ニーズに応える次世代型のSiC-MOSFETとして開発された1200V CoolSiC MOSFETの特徴を詳しく紹介する。(2023/8/22)

組み込み開発ニュース:
複数の音声処理技術を1つのICチップに統合したサウンドソリューション
CRI・ミドルウェアは、複数の信号処理ICチップの機能を統合した、サウンド1チップソリューション「CRI SOLIDAS(仮)」の提供を開始する。多チャンネル出力やノイズキャンセルなど、音声処理技術を1チップにまとめる技術をIP化して提供する。(2023/8/10)

スマート工場最前線:
パナソニックが進めるリサイクル工程の自動化、エアコン室外機をAI活用で分解
パナソニックHDなどは、エアコン外装自動分解設備と、分解に必要な情報を蓄積する分解データベースによるエアコン室外機外装自動分解システムを開発し、同設備を導入したパナソニック エコテクノロジー関東を公開した。(2023/8/2)

知らないと損!?業界最前線:
工事いらず、4万円の「ポータブルクーラー」で部屋はどのくらい冷やせるか? 検証してみた
室内でも熱中症のリスクがある夏本番。エアコンのない部屋や使えない部屋で重宝するのがスポットクーラーだ。工事不要で使える置き型のエアコンで、エアコンの故障時、交換までに時間がかかるときにも便利。近年広がりを見せているが、本当に実用性があるのかを、実際に使って検証してみた。(2023/7/31)

映画で見たやつだ! クルマの助手席を射出する「脱出装置」がクレイジーながら好評
脱出より排除に使われるヤツ。(2023/7/8)

脱炭素:
燃料電池車は2030年から拡販フェーズ、水素エンジンは直噴がベター?
水素に対する自動車メーカーの関心が高まっている。過去に先行したのは乗用車のFCVだったが、現在関心を寄せられているのは商用車だ。(2023/6/29)

PLMシステム:
PR:「PLMは導入が大変」は本当? 短期間で運用開始できた荏原エリオットの戦略
PLMシステムのメリットは数多くあるが、導入に多大な苦労が伴うと考える人も多い。現場へのスムーズな導入に必要な考え方や施策について、PTCのPLMパッケージ「Windchill」を先進的な取り組みにつなげた荏原エリオットの事例を紹介する。(2023/6/8)

まさかの組み合わせの理由とは:
ダイソン初のヘッドフォンは「空気清浄機つき」?
ダイソンが初のオーディオ端末として空気清浄ヘッドフォン「Dyson ZONE」を発売した。得意分野の空気清浄機と新たな領域であるヘッドフォンを1つの商品にした理由や気になる使用感を探るべく、メディア体験会に参加した。(2023/6/1)

12万1000円から:
ダイソンが空気清浄機付きANCヘッドフォン「Dyson Zone」を日本でも発売 試して分かった装着感
スタイリッシュな掃除機や扇風機で知られるダイソンが、初のウェアラブル製品として「Dyson Zone 空気清浄ヘッドホン」を発売した。直販価格は12万1000円〜13万7500円で、空気清浄機能とアクティブノイズキャンセリング機能を兼ね備える。その実力を試してみよう。(2023/5/26)

ダイソン「空気清浄ヘッドフォン」日本でも発売 12万1000円から
ダイソンは23日、空気清浄機能を持つヘッドフォン「Dyson Zone 空気清浄ヘッドフォン」を国内でも発表した。価格はオープンで、直販価格は12万1000円から。(2023/5/23)

Ankerが30製品を一挙発表 持ち運べる冷蔵庫に360度オーディオ対応スピーカーやドッキングステーションなど
アンカー・ジャパンは4月19日、新製品や展望を紹介するイベント「Anker Power Conference 2023 Spring」を開催。ポータブル冷蔵庫、高性能ワイヤレスマイク、モバイルバッテリー、USB-AC急速充電器など30製品を一挙発表した。(2023/4/21)

知らないと損!?業界最前線:
Ankerも参戦、モバイルできる「ポータブル冷蔵庫」がいま注目を集めるワケ
ステイホームやアウトドアブームで、近年注目を集めているのがポータブル冷蔵庫だ。もともとはアウトドア利用のニーズが高い製品だったが、リチウムイオンバッテリーの性能向上により進化。電源がない場所でも利用できるようになり、さまざまなメーカーから発売されている。(2023/4/20)

高根英幸 「クルマのミライ」:
トヨタが奮闘する燃料電池は、再び脚光を浴びるのか
トヨタのFCEV「MIRAI」の販売台数がいまひとつである。直近の販売台数を見ると、月に24台だ。このままでは「近未来のカーボンニュートラル」は絵に描いた餅で終わってしまいそうだが、業界ではどのような動きがあるのだろうか。取材して分かったことは……。(2023/3/31)

ワクワクを原動力に! ものづくりなヒト探訪記(2):
「かわいい」切子づくりは未来のため! 事務職から大転身した切子職人
本連載では、厳しい環境が続く中で伝統を受け継ぎつつ、新しい領域にチャレンジする中小製造業の“いま”を紹介していきます。今回は切子グラスなどを製造する椎名切子(GLASS-LAB)を取材しました。(2023/3/14)

“10年に1度”の花粉到来:
空気清浄機は「一部屋に一台」の時代に? 花粉対策の売れ筋家電をビックカメラで聞いた
花粉症の流行シーズンが到来した。家電量販店では例年より早く花粉症対策家電の売れ行きが好調だという。ビックカメラ池袋本店の担当者に、トレンドや売れ筋の商品を聞いた。(2023/3/3)

サンケン電気 SIM2-151A:
高圧3相ブラシレスモータードライバー
サンケン電気は、高圧3相ブラシレスモータードライバー「SIM2-151A」の量産を開始した。出力素子やプリドライバー、制限抵抗付きブートストラップダイオードを搭載。DCB構造の採用により、同社従来品と比較して40%以上小型化している。(2023/2/14)

パワー半導体を中心に積極投資を実施:
PR:需要が拡大する業務用空調システムのキーデバイスを網羅するインフィニオン
エネルギー価格の上昇と環境保護意識の高まりを受け、業務用空調システムの需要が拡大している。パワー半導体など業務用空調システムのキーデバイスの供給不足が懸念される中で、インフィニオン テクノロジーズは業務用空調システム用デバイスの開発、増産投資を強化している。(2023/2/15)

脱炭素:
パナソニックが自動車部門のCO2排出を実質ゼロに、今後は年3%の省エネを継続
パナソニック オートモーティブシステムズは、グローバルの全拠点でCO2排出実質ゼロを達成した。(2023/1/30)

家に酒蔵ができちゃった!? 一升瓶を立てたまま12本置ける日本酒専用冷蔵庫「俺の酒蔵 朝霧」発売
温度調節や紫外線対策も。(2022/12/31)

電動化:
2045年の自動車部品市場見通し、コンプレッサーは電動化で大きく明暗
富士キメラ総研は2022年12月27日、自動車部品の市場調査結果を発表した。自動車部品34品目のグローバル市場は、2045年に2021年比59.3%増となる38兆7773億円に拡大すると見込む。(2022/12/28)

にじさんじ・月ノ美兎、YouTubeチャンネル登録者100万人を達成! 大物VTuberからも祝福の声殺到
おめでとうございます!(2022/12/13)

ダイソン、「ノイキャン付き空気清浄ヘッドフォン」を2023年に発売 外でもキレイな空気が吸える
ダイソンは12月8日、ノイズキャンセリング付き空気清浄ヘッドフォン「Dyson Zone ノイズキャンセリングヘッドホン」の全仕様を公開した。2022年初頭に発表されたもので、2023年1月の中国を皮切りに、3月には米国、英国、香港、シンガポールで発売予定としている。(2022/12/8)

FAニュース:
統合生産制御システムの機能を拡張、コンプレッサー全体を一括で保守費を削減
横河電機は、コンプレッサー駆動用蒸気タービンと複数コンプレッサートレインを統合制御できる統合生産制御システム「CENTUM VP R6.10」を発表した。機能拡張により、1つのシステムでオペレーション、調達、保守を効率化できる。(2022/12/5)

製造業×脱炭素 インタビュー:
もうけて進めるカーボンニュートラル、問題の見える化でコスト削減
欧米を筆頭に機運が高まるカーボンニュートラル。iSTCおよび旭鉄工で代表取締役社長を務める木村哲也氏は「自社のカーボンニュートラルの推進はまだ先だ、というような発想ではなく、電力料金が企業の収益を圧迫している状況」と語る。(2022/12/2)

検査・維持管理:
ホンダの完成車工場とエンジン工場でインフラ設備点検を受託、NECファシリティーズ
NECファシリティーズは、本田技研工業埼玉製作所の完成車工場とエンジン工場でのインフラ設備点検、監視業務を受託した。BCP対応の実績や人材の豊富さが評価され、今回の受注に至ったという。(2022/11/22)

JIMTOF2022:
顔認証や遠隔操作も、新NC搭載のファイバーレーザーマシンなど3機種を国内初披露
 アマダは「第31回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2022)」(2022年11月8〜13日、東京ビッグサイト)において、新NC装置「AMNC 4ie」を搭載したファイバーレーザーマシン「VENTIS-3015 AJ e」などを国内初披露した。(2022/11/14)

SABIC ELCRES HTV150A:
従来品比40%薄膜化した誘電体フィルム
SABICは、同社従来品と比較して40%薄膜化した誘電体フィルム「ELCRES HTV150A」を発表した。膜厚が3μmと薄いため、コンデンサーのエネルギー密度が向上し、小型化や軽量化が図れることから、より柔軟な設計が可能になる。(2022/11/10)

省エネ機器:
省エネ性能を高めた「サステナ自販機」、在庫に応じた飲料の価格変更にも対応
富士電機が大幅な省エネを実現する「サステナ自販機シリーズ」を発表。同社の従来製品比で消費電力を最大20%削減できる他、販売価格を変動させるダイナミックプライシングにも対応する。2023年1月からの販売を予定している。(2022/10/21)

サプライヤーを巻き込んだ脱炭素化:
PR:中堅製造業が取り組む“リアルな”カーボンニュートラル、支えるDXの真価とは
製造業に対するカーボンニュートラル実現への要求が高まっている。ただ、これらを推進するためには、サプライチェーン全体での温室効果ガス排出量の把握や実測値での計測など、現状のままでは難しいことが多いのが実情だ。こうした中でDX(デジタルトランスフォーメーション)プロジェクトの一環としてカーボンニュートラル対応を積極的に進め、成果を残しているのが、旭鉄工である。同社の事例を紹介する。(2022/10/6)

サステナビリティに注目、CEATEC 2022にも出展!:
PR:TE Connectivity、先進的なソリューションで持続可能な未来を創り出す
TE Connectivity(日本法人:タイコエレクトロニクスジャパン合同会社)は、インダストリアル・テクノロジーリーダーとして、「より安全で持続可能な社会の実現、より豊かな、つながる未来の創造」をパーパス(存在意義)として掲げる。先進的なソリューションを提供していくことで、持続可能な未来の実現に貢献していく。(2022/9/27)

「走ってたら煙出た」 ロンブー亮、トラブル続出の「昭和カルタス」に嘆く 「次から次へと……」「しばらく入院です」
夏にエアコンなしはさすがに無理ですが、「ここから乗り継げるかがクルマ愛の見せ所!」との声も!(2022/9/17)

モーター制御向けに最適化:
ルネサス、32ビットRISC-Vコア搭載のASSPを開発
ルネサス エレクトロニクスは、32ビットRISC-Vコアを搭載したASSP「R9A02G020」を開発、量産を始めた。家電製品やビルディングオートメーション、医療機器、ドローンなどのモーター制御用途に向ける。(2022/9/12)

産業機器や生活家電製品向け:
ST、モータードライバー用レファレンス設計を発表
STマイクロエレクトロニクスは、産業機器や生活家電製品に搭載されるコンプレッサー用モータードライバーの開発を簡素化することができるレファレンス設計「STEVAL-CTM011V1」および「STEVAL-CTM012V1」を発表した。(2022/8/24)

第4回 建設・測量生産性向上展:
CO2を排出せずに電気を生む、工事現場に適した燃料電池式のデンヨー製発電装置
工事現場では、工事内容や期間などに応じて、さまざまなタイプの発電機が導入されている。従来は、発電能力で選ばれていた感がある発電機だが、昨今は環境に配慮したタイプにも注目が集まっている。工事現場周辺への影響を抑えるため“静音”や“低振動”をアピールする発電機は現在でも多いが、最近は加えて、燃料電池タイプの製品も登場している。(2022/7/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。