「アルゴリズム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!プログラミング→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でプログラミング関連の質問をチェック

医療機器ニュース:
妊産婦のうつの予兆検知技術を開発する共同研究を開始
島津製作所は、「妊娠うつ・産後うつの発症・重症化を防ぐための兆候を検知する技術」に関する共同研究を開始した。心電デバイスと心拍変動解析技術を組み合わせ、汎用アルゴリズムを開発する。(2022/6/29)

医療技術ニュース:
ひきこもりに特徴的な血液バイオマーカーを発見
九州大学は、ひきこもり状況にある人の血液中の代謝物や脂質を測定し、ひきこもりに特徴的な血液バイオマーカーを発見した。また、機械学習アルゴリズムを作成し、ひきこもり者と健常者を高精度に識別した他、重症度予測にも成功した。(2022/6/28)

メカ設計ニュース:
生成したハイトマップ画像から、触感の評価を予測できるアルゴリズムを開発
アプリクラフトと広島大学は「Grasshopper」を使用して、表面処理生成機能の拡張と、デジタル上で生成された3Dデータハイトマップを画像化し出力するアルゴリズムを作成した。デジタルオブジェクトの表面触感を予測できる。(2022/6/27)

食べログ提訴の飲食チェーン、飲食店に集団訴訟を提案
レストラン検索・予約サイト「食べログ」のアルゴリズム変更により損害を被ったとしてカカクコムを提訴した飲食チェーン「韓流村」が、同様の被害を受けた飲食店を募り、集団訴訟を提案した。(2022/6/22)

フリーFEMソフトとExcelマクロで形状最適化(12):
領域最適化のアルゴリズムについて考える
原理原則を押さえていれば、高額なソフトウェアを用意せずとも「パラメトリック最適化」「トポロジー最適化」「領域最適化」といった“形状最適化”手法を試すことができる! 本連載ではフリーのFEM(有限要素法)ソフトウェア「LISA」と「Excel」のマクロプログラムを用いた形状最適化にチャレンジする。連載第12回では、前回に引き続き「領域最適化」をテーマに具体的なアルゴリズムについて考えながら、その理解を深めていく。(2022/6/22)

アルゴリズムによる人事管理【前編】
顕在化してきた「AIベースの人事管理」のリスク
人間から偏見を排除するのは難しい。これを克服するために導入したアルゴリズムにもやはりリスクがある。既に発生しているリスクとは何か。(2022/6/20)

「食べログ」独禁法違反、地裁判決は「不当」 カカクコムが即日控訴
カカクコムは、「食べログ」のアルゴリズム運用に独禁法違反があったと認めた東京地裁判決は「不当」だとし、東京高裁に即日控訴した。(2022/6/17)

「食べログ」運営会社に3840万円の賠償命令 アルゴリズム変更→点数ダウンで客足減 東京地裁
カカクコムが運営するレストラン検索・予約サイト「食べログ」で実施したアルゴリズム変更により損害を被ったとして飲食チェーンが提訴した件について、東京地方裁判所は、カカクコムに対し3840万円の支払いを命じる判決を言い渡した。(2022/6/16)

量子コンピュータ:
BMWや日本製鉄が採用、最新の量子計算化学向けソフトウェアプラットフォーム
Quantinuumは、量子計算化学ソフトウェアプラットフォーム「InQuanto」を発表した。計算化学分野において、量子コンピュータの量子アルゴリズムを容易に活用できるようにする。(2022/6/9)

AI技術で子宮頸がんと闘うGoogleとHologic【後編】
医師よりも高精度――Googleが「AIがん診断」に抱く自信と“2つの願い”
Googleは医療機器メーカーHologicと共に、AI技術による子宮頸がん診断支援システムの共同研究を進めている。このプロジェクトが目指すものと、両社の技術提携で生まれた診断アルゴリズムの評価は。(2022/6/3)

BMWとPasqalが協業:
自動車の設計に量子コンピューティングの適用を目指す
自動車メーカーのBMWと、量子コンピューティング技術の開発を手掛けるフランスの新興企業Pasqalは、協業の新たなフェーズに入った。その中で両社は、金属成形のアプリケーションモデルに対する量子計算アルゴリズムの適用性を分析することを目指す。(2022/5/30)

NTTなど3社が出資 量子コンピューティングの開発プラットフォームを提供するClassiqが3600万ドル調達
Classiqの2回目のシリーズBにHSBCやNTTファイナンス、インテーザ・サンパオロの3社が参加した。NTTデータはClassiqのプラットフォームを活用してあるアルゴリズムを構築中だという。(2022/5/19)

CAEニュース:
AI活用でクルマの空力解析の結果をわずか数分で予測できるアプリケーション
科学計算総合研究所は、自動車の空力シミュレーションの結果を高速に予測するアプリケーション「RICOS Lightning」を正式リリースした。同社独自のAIアルゴリズム「IsoGCN」を用い、これまで計算結果を得るまでに数日かかっていた自動車の空力シミュレーションを高速化し、高精度な予測結果が得られる。(2022/5/9)

MRIへのAI適用上の問題点を実証:
画像データベースの想定外使用がAIアルゴリズムにバイアスをもたらす恐れ――米大学研究チームが明らかに
「オープンソースデータセットが想定外の方法でAIアルゴリズムのトレーニングに適用されると、そのアルゴリズムは、機械学習のバイアスに影響されて整合性が損なわれ、出力の精度が低くなる恐れがある」。カリフォルニア大学バークレー校とテキサス大学オースティン校の研究者のチームが、新しい研究によって明らかにした。(2022/4/28)

Instagram、オリジナルコンテンツ優先のランキングシステム改善
Meta傘下のInstagramは、オリジナルのコンテンツがコピーコンテンツより目立つようランキングアルゴリズムを調整すると発表した。「ゼロからなにかを創造するのはどこかで見つけたものの再共有より価値がある」とアダム・モッセリ氏。(2022/4/21)

Coinbase NFTマーケット、β公開 SNS機能も搭載
Coinbaseが昨年10月に予告したNFTマーケットプレイスのβ版を公開した。コメント機能やアルゴリズムによるお勧めなどのSNS的な機能を盛り込んだものになっている。Mastercardによる支払いにはまだ対応していない。(2022/4/21)

8時間を0.01秒に短縮 「アルゴリズムの素晴らしさが2分で分かる動画」が今すぐ勉強したくなる分かりやすさ
アルゴリズムってすごい。(2022/4/14)

Fitbitの心房細動検出機能を米FDAが認可
Google傘下のFitbitは、同社開発の心房細動検出アルゴリズムをFDAが認可したと発表した。米国では一部の製品で心房細動検出機能を利用できるようになる。同様の機能はApple Watchには搭載済みだ。(2022/4/13)

Google LensにMUM採用の画像+テキストのマルチ検索
Googleは、AndroidおよびiOSのGoogleアプリの新機能「マルチ検索」を発表した。「Google Lens」の画像検索結果にテキストでの検索を重ねられる。検索アルゴリズム「MUM」(Multitask Unified Model)を採用している。(2022/4/8)

車載ソフトウェア:
自動運転向けセンサーシミュレーションソリューションを発表
dSPACEは、自動運転機能のテストや妥当性確認用のセンサーシミュレーションソリューション「AURELION」を発表した。仮想テストドライブで自動運転アルゴリズムをシミュレートできる。(2022/4/4)

Google、検索アルゴリズム「MUM」で自殺などの危機にある個人のクエリを検知する取り組み
Google検索に、向こう数週間中に検索アルゴリズム「MUM」が採用される。MUMはクエリの背後にある意図を検知し、自殺を考えるなど個人的な危機にあるユーザーにより適切な検索結果を提示する。(2022/3/31)

理論的に「ReDoS脆弱性がないこと」を保証:
正規表現の脆弱性を自動修正するアルゴリズムを開発 NTTと早稲田大学
NTTと早稲田大学は、正規表現の脆弱性に対する実用的な自動修正技術を開発した。論理モデルを定義し、脆弱性がないことを保証した正規表現を出力するアルゴリズムを考案した。(2022/3/28)

Instagram、フィードの時系列表示を可能に(デフォルトにはできず)
Meta傘下のInstagramが、フィードの時系列表示機能を追加した。フォロー相手の投稿を時系列に表示できる。ただし、アプリを再起動するとアルゴリズム順に戻ってしまう。(2022/3/24)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2022年3月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。TecgenceがECプラットフォーム製品カテゴリーのデータ抽出アルゴリズムをアップデートしたため、前月度顧客ドメイン数との比較は表示しておりません。(2022/3/22)

産業動向:
地下水流動を考慮した止水壁・浄化壁の新たな配置設計支援システム、大成建設
大成建設は、地下水流動シミュレーションと汎用最適化アルゴリズムを組み合わせて、複数設計案を効率的に解析し、地下水流動を考慮した止水壁と浄化壁の最適配置を自動的に導き出す設計支援システムを開発した。新システムは、施工計画を策定する際に使用することで、短時間で1000件を超える配置案を解析し、その結果を踏まえ、汚染濃度分布や施工における制約条件を考慮した最適な配置設計を算出する。(2022/3/11)

IoTセキュリティ:
量子耐性を備えたPQCアルゴリズムを搭載、インフィニオンがTPMの新製品
インフィニオン テクノロジーズ ジャパンは、同社でマイコンやセキュリティICなどを展開するCSS(コネクテッドセキュアシステムズ)事業の概況を説明するとともに、量子コンピュータ時代に対応する新世代のTPM(Trusted Platform Module)製品「OPTIGA TPM SLB 9672」を発表した。(2022/2/22)

ソニーが新型ワイヤレスヘッドフォン「LinkBuds」を2月25日に発売 耳をふさがないリング型ドライバーユニットを搭載
ソニーが新型ワイヤレスヘッドフォン「LinkBuds」を発売する。耳をふさがないリング型ドライバーユニットを搭載し、AI学習したアルゴリズムで環境ノイズを抑えて装着者の声をクリアに抽出する。(2022/2/16)

人工知能ニュース:
Cortex-M0+マイコンで動作する軽量エッジAI、オンプレミスの開発環境を提供
エイシングは、同社の軽量エッジAIアルゴリズム「MST」などを用いたAIモデルをオンプレミスで構築できる開発環境「AiiR On-premises β版」を発表した。同日から募集しているモニター企業5社を対象に順次提供を開始する。(2022/2/16)

AI・機械学習の用語辞典:
データ中心のAI(DCAI:Data-Centric AI)とは?
用語「データ中心のAI」について説明。性能を向上させるために、モデルやアルゴリズムを改善する「モデル中心」のアプローチではなく、機械学習ライフサイクル全体を通じてデータを改善する「データ中心」のアプローチの方が大切だとする、AIの開発方法に関する考え方を指す。(2022/2/10)

製造ITニュース:
ベルトコンベヤー予兆保全システムのPoCパッケージをワンストップで提供
サイバネットシステムは、機械学習やIoTを活用したベルトコンベヤーの状態監視および予兆保全システムについて、PoCパッケージの提供を開始した。センサーや機器の提案から、データ分析や異常検知、アルゴリズム改善までトータルで提供する。(2022/2/3)

人工知能ニュース:
超軽量エッジAIアルゴリズムをWeb上で試用できる開発環境をリリース
エイシングは、AIモデルを構築するための開発環境「AiiR Cloud β版」をモニター企業へ順次展開する。超軽量エッジAIアルゴリズム「MST」を試用可能で、モデルの性能評価や活用イメージの具体化を支援する。(2022/1/11)

量子コンピュータ:
「古典的」な量子アルゴリズムを融合、分類問題解決を効率化し得る手法開発
グリッドは2021年12月23日、量子アルゴリズムに着想を得た機械学習アルゴリズム「量子インスパイア型分類アルゴリズム」を開発したと発表した。量子アルゴリズム研究においては「古典的」とされているアルゴリズムを活用することで、学習をより効率的に行う。(2022/1/6)

FAニュース:
ウエハー表面の研磨工程を効率化、新機構で高性能化したCMP装置
荏原製作所は、ウエハー表面を効率的に研磨するCMP装置「F-REX300XA型」を発表した。新たに開発した高効率搬送機構やWPH最適化アルゴリズムを搭載するなど、デバイスの高性能化により生産性を向上する。(2021/12/24)

Instagramのフィード時系列表示は来年オプションとして提供へ
Instagramのアダム・モッセリ氏がストーリーズのQ&Aで、フィードの時系列表示は来年初旬に提供開始を目指していると語った。アルゴリズムによるランキング順とのいずれかをユーザーが選択できるようにする計画だ。(2021/12/13)

アスクルと電通大などがAIで在庫配置最適化 最適化アルゴリズムで「個口割れ」防ぐ
アスクルが電通大などと共同で、AIによる物流センターの在庫配置最適化アルゴリズム開発に向けた実証実験を開始した。在庫配置を最適化するシステムの開発を目指す。(2021/12/13)

物流のスマート化:
アスクルと電通大などAIによる在庫配置最適化アルゴリズム開発の実証実験開始
アスクル、電気通信大学、タイムインターメディアは共同で、AIによる物流センターの在庫配置最適化アルゴリズム開発に向けた実証実験を開始した。進化計算手法を活用した、在庫配置を常に最適化し続けるシステム開発を目指す。(2021/12/9)

Innovative Tech:
J-POP曲をファミコン音楽風に自動編曲 遺伝的アルゴリズムを利用、日大が開発
日本大学北原研究室の研究チームは、遺伝的アルゴリズムを使ったファミコン風自動編曲システムを開発。既存のJ-POP曲をファミコン風音楽へアレンジするシステムで、音楽知識がない人でも気軽にファミコン風音楽への自動編曲が行える。(2021/11/29)

人工知能ニュース:
マイコンでCBMを実現する異常検知アルゴリズム、逐次学習による高精度化も
エイシングは、機器の状態を監視しながらメンテナンス時期を決定するCBM向けの異常検知アルゴリズム「MSAT++」を開発したと発表した。モデルサイズは数KBと省メモリであるとともに、正常データからモデルを構築しての異常検知が可能で、逐次学習によりモデルの精度を向上できることなどが特徴となっている。(2021/11/16)

Social Media Today:
Googleの新しい検索アルゴリズム「MUM」で何が変わる?
視覚的な検索を強化。SEOの観点から留意すべきこととは?(2021/11/12)

KDDI、「Beyond 5G/6G」に向けた処理速度138Gbpsの暗号アルゴリズムを開発
KDDIが兵庫県立大学院情報化学研究科と協力し、「Beyond 5G/6G」に向けた暗号アルゴリズムを開発した。処理速度は138Gbpsを記録し、米標準暗号アルゴリズム「AES」の4.5倍の速度を達成したという。(2021/11/10)

家族の利用を想定:
独自アルゴリズムで被写体を追尾/調整 キヤノンが自動撮影カメラ「PowerShot PICK」11月末に一般発売 当初は直販のみ
キヤノンがクラウドファンディングで先行販売した自動撮影カメラ「PowerShot PICK」の一般販売を決定した。独自のアルゴリズムによって、被写体の認識や追尾、構図の調整を自動で行いながら静止画や動画を撮影できることが特徴だ。(2021/11/9)

KDDI総研ら、世界最速の暗号アルゴリズム開発 6G時代見据え
KDDI総合研究所と兵庫県立大学が、Beyond 5G・6G通信に対応できる処理速度をもった暗号アルゴリズム「Rocca」を開発した。処理速度は138Gbpsで世界最速としている。(2021/11/9)

「Pixel 6」の「指紋認証が遅い」というツイートにGoogleがリプライ
ディスプレイ内センサーを採用した「Pixel 6」の指紋認証の反応が悪いというツイートにGoogle公式が返答。「強化されたセキュリティアルゴリズム」を採用したため、時間がかかると説明した。(2021/11/8)

JINS MEME、集中力が常に最高の「ZONE」判定になる現象を修正へ
ジンズは、内蔵センサーでまばたきや視線の移動を計測できるメガネ型ウェアラブルデバイス「JINS MEME」の測定アルゴリズムを修正すると発表。専用スマホアプリの集中力を測定する機能で、最高レベルを示す現象を複数のユーザーから指摘されていた。(2021/11/4)

3つのアルゴリズムを活用:
スパコンも量子も不要 「組み合わせ最適化問題」を高速で解くDNPの新発表とは?
大日本印刷は、GPUを使って組み合わせ最適化問題の解を高速で求める「DNPアニーリング・ソフトウェア」を開発した。開発の過程では3つの異なるアルゴリズムを実装した。(2021/10/27)

Twitter、AIバイアス調査結果 政治家のツイートはなぜか右派優勢
Twitterは「ホーム」タイムラインの推奨アルゴリズムのバイアス調査結果を発表した。政治的コンテンツの場合、右派の方が左派よりも増幅されていることが判明した。原因の特定は困難だが、改善の必要があるとしている。(2021/10/22)

CEATEC 2021:
エイシングの「MST」がランダムフォレストの完全上位互換へ、CEATEC AWARD受賞
エイシングは、「CEATEC 2021 ONLINE」に出展した独自の軽量エッジAIアルゴリズム「MST(Memory Saving Tree)」が、「CEATEC AWARD 2021」の「スタートアップ・ユニバーシティ部門賞グランプリ」を受賞したと発表した。(2021/10/19)

AIで「くも膜下出血か脳梗塞か?」を即座に判別 千葉市で年度内に実用化へ
Smart119社が開発した、AIによる脳卒中診断アルゴリズムについての論文が国際科学誌「Scientific Reports」に掲載された。救急患者の容体など情報を基に、脳卒中の中でも「くも膜下出血」「脳梗塞」「脳出血」「主管動脈閉鎖」のいずれに該当するかを判別できるという。(2021/10/18)

医療機器ニュース:
医療用リアルタイム画像鮮明化装置を発売、医療機器分野へ本格参入
ロジック・アンド・デザインは、同社初の医療機器となる、医療用リアルタイム画像鮮明化装置「MIEr」を発売する。今後、独自技術の高精細画像鮮明化アルゴリズムを活用し、医療機器分野へ本格参入する。(2021/10/18)

「Call of Duty」のカーネルレベルのチート対策「RICOCHET Anti-Cheat」始動
人気ゲーム「Call of Duty」でのチート行為対策「RICOCHET Anti-Cheat」が発表された。年内に「Warzone」と「Vanguard」に適用される見込みだ。サーバ側の機械学習アルゴリズムやカーネルレベルのドライバで構成される。(2021/10/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。