• 関連の記事

「3Dスキャナ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ


越智岳人の注目スタートアップ(2):
安価で高品質な義足を途上国へ、3Dプリンタ×AIの生産技術で社会課題を解決
数多くのハードウェアスタートアップやメイカースペース事業者などを取材してきた越智岳人氏が、今注目のスタートアップを紹介する連載。今回は、3Dプリンタをはじめとする3D技術を活用し、製造コストを従来の10分の1に抑えた義足を提供するInstalimb(インスタリム)にフォーカスし、開発のきっかけやこれまでの取り組み、今後の展望などについて、同社 代表取締役CEOの徳島泰氏に話を聞いた。(2022/1/11)

Innovative Tech:
実世界に溶け込むCG 空中に浮かずに配置し、光の当たり具合も適切に調整
オーストリアのグラーツ工科大学とVRVis Research Center、ニュージーランドのオタゴ大学の研究チームは、実世界に溶け込むようにバーチャルオブジェクトをレンダリングする技術を開発した。(2021/12/28)

メタル化した蝶野正洋さんのビンタが販売 型取り・3Dスキャンで忠実に再現
リアルすぎてガッデム!(2021/12/27)

AR活用最前線:
工場やオフィスなど現実空間を対象にARコンテンツをレイアウトできる技術
PTCジャパンはメディア向けラウンドテーブルを開催し、同社の産業向けAR(拡張現実)ソリューション「Vuforia Studio」が提供する空間コンピューティング「Area Targets(エリアターゲット)」の特長やその可能性について説明した。(2021/12/17)

【新連載】ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
孫が生まれたらマイナンバーカードが必要?
テックメディアの記者2人が互いの知らないことを調べて教え合う対談シリーズ、ここにスタート。(2021/12/10)

CAEニュース:
工場やオフィス、店舗などの効果的な換気対策を3D計測とリアルタイム解析で支援
サイバネットシステムは、エリジオンの協力の下、室内の空気の流れをシミュレーション/可視化し、効果的な換気対策の実現を支援する「3Dシミュレーションによる室内換気対策支援サービス」の提供を開始した。(2021/12/2)

工場を3Dデータ化、搬出入作業をシミュレーション コスト削減やテレワーク化に
自動車部品などを手掛ける大豊精機とデジタル総合印刷が、3Dスキャナーで撮影した工場のデータなどを活用し、設備の搬出入作業をシミュレーションできる新システムを開発した。工程やコストの削減、テレワーク化にもつなげる狙いだ。(2021/11/26)

クラウド型顔認証で何が変わる? eKYC最大手「LIQUID Auth」を提供
Liquidは11月16日、ID/パスワードに顔認証を付け加えられるサービス「LIQUID Auth」を2022年1月から提供すると発表した。eKYCで培った技術とデータを活用し、ユーザーがスマホのカメラで自分の顔を撮影することで、簡単に本人であることを認証できる、クラウド型の顔認証サービスだ。(2021/11/16)

「いいクルマなんだけど、ちょっとカタチをね」「3日で作ってね♪」 テスラも本気で改造しちゃうヒロミ流カスタム、また発動
こうして自分好みにカスタムしちゃうのです。(2021/11/8)

3Dプリンタニュース:
秩父神社所蔵の彫刻「つなぎの龍」のレプリカを高精細3D技術で製作
原製作所、晃和ディスプレイ、ミマキエンジニアリングは、埼玉県秩父神社所蔵「つなぎの龍」の5分の1サイズの高精度フルカラー複製品を奉納した。高精度3Dスキャナーとフルカラー3Dプリンタを用いて製作した。(2021/11/8)

3Dスキャナーニュース:
7つの機能をアップデートした3Dスキャンソフトウェアを発売
APPLE TREEは、SCANTECHの3Dスキャンソフトウェア「IREAL 3D V3.0」を発売した。互換性のある解像度、スマートカラーマップ、マルチシーンスイッチ、インテリジェントアライメントなど7つの機能をアップデートした。(2021/11/5)

メカ設計メルマガ 編集後記:
3Dプリンタ製ギプスは実現するのか? しないのか?
ちなみに、筆者は骨折したことがありません。(2021/10/26)

斎藤佑樹引退記念グッズに「リアルすぎる顔面立体ステッカー」登場 強烈なビジュアルが「よく本人OKしたな」と話題
いつでもどこでも佑ちゃんと一緒。(2021/10/20)

Autodesk University 2021:
オートデスクが「Forgeプラットフォーム」を軸にオープンスタンダードを主導
Autodesk主催のデジタルカンファレンス「Autodesk University 2021」のゼネラルセッションにおいて、同社 社長 兼 CEOのアンドリュー・アナグノスト氏は、クラウドベース開発プラットフォーム「Forge」のさらなる進化、活用の方向性とその価値について説明した。(2021/10/19)

半径50kmの雨雲を30秒で立体スキャン、ウェザーニューズが新レーダー開発 ゲリラ豪雨の予測精度向上
ウェザーニューズが新型の気象レーダーを開発。千葉県内で実証実験を始めた。半径50kmの雨雲を30秒で立体スキャンでき、ゲリラ豪雨や線状降水帯の推移など予測精度向上に役立つという。2年以内に日本を含むアジア50カ国での設置を計画する。(2021/10/14)

新構法:
複雑な曲面形状のガラスファサードを構築可能な構法を開発、清水建設
清水建設は、従来技術では困難だった複雑な曲面形状のガラスファサードを構築することが可能な「3次元曲面ガラススクリーン構法」を開発した。(2021/10/7)

3Dスキャナーニュース:
リモート処理に対応、3Dスキャンソフトの最新版とクラウドプラットフォーム
Artec 3Dは、3Dスキャンソフトの最新版「Artec Studio 16」とクラウドプラットフォーム「Artec Cloud」を発表した。デバイスの技術的な制限や場所にとらわれず、ブラウザを介して3Dスキャンの処理ができる。(2021/10/1)

「どう見ても実写」PS5のバイクゲーム映像が本物そっくりと話題 販売元「こんなに注目されたのは初めて」
バイクで街中を爆走する映像がTwitterで話題だ。実はゲームのプレイ映像で、「どう見ても実写」「本物と間違えられて炎上しそう」と注目を集めている。(2021/9/28)

人と機械が協調する未来へ:
PR:アンビエントコンピューティングが作る世界で「もっと楽しい」へ
コンピュータと人をつなぐウェアラブルやxR、コンピュータが人を理解するためのAIやロボット、人とコンピュータの自然な対話を支えるHCIやAugmented Human――コンピュータと人の良いところが融合すれば、世界はもっと楽しくなる。(2021/9/15)

第3回 建設・測量 生産性向上展:
レーザーで計測から3Dモデル化までを効率化する、ライカジオシステムズの多彩な測量製品群
ライカジオシステムズは、「第3回 建設・測量生産性向上展」で最先端のレーザー測量に関する製品展示を行った。なかでも、不動産の内見などで活用が広がるVRコンテンツの制作に用いるハンディタイプのレーザースキャナー、GNSSを手軽に活用するための受信アンテナは、来場者の関心を集めた。(2021/9/13)

ICT:
鹿島がVR空間を利用し現場の遠隔管理を実現、点群データや現場映像などを確認可能
鹿島建設は、リコーが開発したVRシステム「リコーバーチャルワークプレイス」の現場への導入を開始した。(2021/9/2)

メカ設計メルマガ 編集後記:
東京2020大会で感じた中小製造業の生き残り戦略?
車いす系の競技は特に迫力がありますね。(2021/8/31)

没入感:
そごう・西武、西武渋谷店に開業するメディア型OMOストアの全容公開
そごう・西武は9月2日、西武渋谷店パーキング館1階にオープンするメディア型OMOストア「CHOOSEBASE SHIBUYA(チューズベースシブヤ)」における会場構成を決定した。(2021/8/29)

3Dスキャナーニュース:
重量570gで片手操作も容易な工業測定用3Dスキャナー
APPLE TREEは、同社が日本総代理店を務めるSCANTECHの工業測定用3Dスキャナー「SIMSCAN」の取り扱い開始を発表した。同製品はハンディタイプの非接触式3Dスキャナーで、本体サイズが203×80×44mm、重量が570gと、工業測定用でありながら小型・軽量化を実現し、優れた携帯性を備える。(2021/8/25)

3Dスキャナーニュース:
3Dスキャナー市場の新レポート発刊、市場価値は2030年までに85.9億ドルに
SDKIは3Dスキャナーに関する新レポートを発刊した。品質管理と検査での活用が拡大し、市場価値は2022年に50.8億ドル、2030年までに85.9億ドルに達すると推定する。(2021/8/18)

Niantic、世界の3Dマップ構築目指し、LiDARスキャンのScaniverse買収
「Pokemon GO」のNianticが3Dコンテンツ構築アプリ「Scanverse」を手掛ける同名の企業を買収した。世界の3Dマップ構築を加速する。アプリは存続し、有料だった機能が無料で使えるようになる。(2021/8/11)

メカ設計ニュース:
3D形状認識、3D形状類推AIモデルを搭載した製造業設計支援ツール
アストライアーソフトウエアは、3D形状認識、3D形状類推AIモデルを搭載した製造業設計支援ツール「Aries」を発表した。現場で蓄積された3D CADデータや3Dスキャンデータを3次元形状AIで管理、活用できるため、生産性向上やDX推進に役立つ。(2021/7/27)

メカ設計ニュース:
Webブラウザ上で容易にシミュレーションできる3Dシミュレーター
大伸社コミュニケーションデザインは、3D CADなどのデータを使い、Webブラウザ上で3Dシミュレーションできる「ClouDali」をリリースした。CADやBIMの未経験者でも、容易に製品や壁を配置して、空間提案やバーチャルショールームなどに活用できる。(2021/7/26)

テルえもんの3Dモノづくり相談所(1):
2D CADから3D CADへの移行はどうしたらいいの?
連載「テルえもんの3Dモノづくり相談所」では、3Dモノづくりを実践する上で直面する“よくある課題”にフォーカスし、その解決策や必要な考え方などについて、筆者の経験や知見を基に詳しく解説する。第1回のテーマは「2D CADから3D CADへの移行」だ。(2021/7/14)

国宝「救世観音像」を8K画質で3DCG化 「現地調査以上の情報量」と仏像研究者も驚嘆
NHK放送技術研究所と東京国立博物館は、国宝「救世観音像」の8K画質の3DCGモデルを作成した。このCGモデルを鑑賞した仏像研究者たちからは再現性の高さに驚きの声が上がった。(2021/6/22)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(13):
【総まとめ】設計業務のデジタル変革を助ける3Dプリンタ&3Dスキャナー活用術
3Dプリンタや3Dスキャナー、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。最終回となる第13回は、これまで解説してきたデジファブ技術活用の内容から特に重要なポイントをピックアップし、“総まとめ”としてお届けする。(2021/6/10)

フワフワと宙を舞う「おきあがりドローン仏」の映像がインパクト大 制作者「最終的には26体で群体飛行させたい」
将来的には26体で群隊飛行がしたいそうです。(2021/6/9)

3Dスキャナーニュース:
「赤いきつね」の麺とお揚げを3Dスキャンして製作したルービックキューブ発売
メガハウスは、東洋水産の即席カップうどん「マルちゃん 赤いきつねうどん」の麺とお揚げを3Dスキャンして製作したルービックキューブ「赤いきつねきゅーぶ」を、2021年5月下旬から販売開始した。(2021/6/4)

DX実現に寄与するAutodesk製品群:
PR:“原則BIM/CIM化”の最新動向など、建築・土木ですぐに役立つ多彩な講演を開催「オートデスクの日」レポート
オートデスクと大塚商会は、2021年5月13日に「オートデスクの日(Otsuka & AUTODESK Collaboration DAY “2021”)」を開催。建築業界及び土木業界でのDX実現に寄与するAutodesk製品群の紹介や現場第一線でのユーザー導入事例など、多数のセミナーをオンラインで公開した。本稿では、会期中に繰り広げられたセッションのうち、オートデスクの提言「建築土木分野での変革」と、最新のBIM/CIMの法令動向を分析した土木向けテクニカルセッション「Autodesk AEC Collectionで原則BIM/CIM化へ備えよう!〜令和3年度のガイドライン、要領・基準類から読み解く対応のポイント」の2本を紹介する。(2021/5/28)

デジタルモノづくり:
3Dスキャンで伝統工芸をデジタルアーカイブ、有松絞りを転写したテーブルを制作
matomatoは、愛知県名古屋市緑区の有松/鳴海地域の伝統工芸品「有松絞り」の技術継承と保存を目的に、デジタルファブリケーション技術を活用した“デジタルアーカイブ化”に取り組み、その第1弾として有松絞りの凹凸を転写したテーブルを制作した。(2021/5/26)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(12):
設計力を高める! 3Dスキャナーを活用したリバースエンジニアリングによるDX
3Dプリンタや3Dスキャナー、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第12回は、3Dスキャナーの代表的な活用方法の1つである「リバースエンジニアリング」について解説する。(2021/5/24)

製造業を革新するデジタルツインを実現
製造業のDXには何が必要なのか
3Dスキャン技術を使って設計・製造データをデジタル化し、仮想空間で組み立て検証などを行うデジタルツインを中心に、製造業でもDXが加速している。だが、その第一歩でつまずいてしまう例が多い。ハードル解消のポイントは何か。(2021/5/10)

木彫り作家の川崎誠二さん作「木彫りの動物たち」がカプセルトイに! シークレット有りの全7種類で8月発売
和むかわいさ!(2021/4/28)

「8.2秒展」レポート:
自動車メーカーが8.2秒で伝えるガラスの魅力、「真面目禁止」でJAIDとAGCが協創
国内自動車メーカーに所属するカーデザイナーが参画するJAIDとAGCは、デザイナーらによるクリエイティビティと、AGCが保有する先端材料・技術を融合させたアート展「8.2秒展」を開催(会期:2021年3月23日〜6月19日)。100以上のアイデアから厳選した6社7作品をAGCの未来創造スペース「AGC Studio」で展示している。(2021/4/19)

医療AIウェビナーレポート:
PR:コンピュータ診断支援とAIが融合するAI-CAD時代が到来、医療AIの最前線に迫る
医療分野におけるAI活用に向けた開発が加速している。中でもコンピュータ診断支援(CAD)とAIを融合した「AI-CAD」への期待は大きい。NVIDIAのウェビナー「医療AIの社会実装への加速―多様化する医療機器ソリューションへの提案―」では、AI-CADの最新動向をはじめ、医療AIの現状や将来、またAI実装に役立つ最新情報などが紹介された。(2021/4/14)

3Dスキャナーニュース:
3次元計測データを用いた検査業務を支援、ポリゴン編集ソフトの最新版登場
日本ユニシス・エクセリューションズは、ポリゴン編集ソフトウェアの最新バージョン「POLYGONALmeister Ver6.0.0」の提供開始を発表した。3次元計測データの検査機能を強化した「POLYGONALmeister Inspection」がパッケージに加わった他、ポリゴンデータの修正/編集機能を強化した。(2021/4/12)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(11):
3Dスキャナーと3D設計による効果的な検査アプローチ、そして製造業DXの実現へ
3Dプリンタや3Dスキャナー、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第11回は、3D CADで設計した3Dデータと現物の3Dスキャンデータを基に“形状比較”を行う「検査」について取り上げ、その重要性とアプローチ、検査ソフトウェアの選定基準などを解説する。(2021/4/12)

3D計測・AIレコメンド・アバター接客:
5秒で身体をスキャン、ぴったり下着提案 ワコールがすごすぎるデジタル店舗を作る理由
“下着選び”に、デジタルトランスフォーメーションが起きている。インナーウェア大手のワコールが、3D計測・AIレコメンド・アバター接客と最新技術を盛り込み、デジタル化した店舗を作っている理由とは?(2021/4/8)

精密鍛造技術で再現したステンレス製「福山城」、精密部品メーカーが発売 重量は約5キロ
精密部品メーカーのキャステムが、精密鍛造技術を用いて製作した250分の1スケール「福山城」を販売する。ステンレス製で重量は約5kg。(2021/4/6)

VRニュース:
大空間でのAR体験・空間コンピューティングを実現する「Area Targets」を発表
PTCは、AR(拡張現実)エンタープライズプラットフォーム「Vuforia」ファミリーの新製品「Vuforia Engine Area Targets」を発表した。最大30万平方フィートの空間領域を対象とするAR体験の構築を支援する。(2021/4/6)

3Dプリント:
高さ4.2m曲面形状の柱を「繊維補強モルタル」で3Dプリント、豊洲の現場に初適用
清水建設は、繊維補強モルタル「ラクツム」をマテリアルに使用した3Dプリンティング技術で、埋設型枠となる自由曲面形状の大規模コンクリート柱を製作し、現場に初適用した。(2021/4/5)

マフィア梶田が史上初(?)「フリーライターのフィギュア」に いかついルックスを3Dスキャンでリアルに再現
シン・ゴジラで石原さとみのSPを演じたあの人。(2021/4/1)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(10):
そのままでは使えない!? 3Dスキャン後に必要となるデータ処理
3Dプリンタや3Dスキャナー、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第10回は、3Dスキャン後に必要となる基本的なデータ処理作業について詳しく解説する。(2021/3/16)

製造業DX推進のカギを握る3D設計(8):
現地現物のデジタル化でDXを促進する
日本の製造業が不確実性の高まる時代を生き抜いていくためには、ITを活用した企業の大変革、すなわち「デジタルトランスフォーメーション(DX)」への取り組みが不可欠だ。本連載では「製造業DX推進のカギを握る3D設計」をテーマに、製造業が進むべき道を提示する。第8回は“現地現物のデジタル化”という観点で、DXをどのように進めていくべきかを考察する。(2021/3/4)

NetApp INSIGHT Japan:
3Dスキャナーで実現する3つの「デジタル○○」と効率的なデータ活用
ネットアップ主催のオンラインイベント「NetApp INSIGHT Japan」において、丸紅情報システムズ(MSYS)が登壇し、「製造業必見! 3D測定によるデジタルツイン×NetAppで効率データ活用!」をテーマに、3Dスキャナーを活用したデジタルツインの取り組みとその活用例などを紹介した。(2021/3/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。