ニュース
» 2023年12月11日 06時00分 公開

ホンダが燃料ポンプで113万台のリコール、「検証を受けて対象を拡大」製造マネジメントニュース

ホンダは低圧燃料ポンプの不具合に関するリコールを国土交通省に届け出た。

[齊藤由希MONOist]

 ホンダは2023年12月8日、低圧燃料ポンプの不具合に関するリコールを国土交通省に届け出た。対象となるのは、2017年6月20日〜2020年9月21日に生産された合計113万8046台だ。過去5回にわたってリコールを届け出ていたが、検証を進めた結果、対象を拡大する必要性が判明したとしている。

 該当するのは、軽自動車の「N-BOX」「N-VAN」「N-WGN」「N-ONE」「S660」の他、「フィット」「フリード」「ヴェゼル」「ステップワゴン」「シャトル」「オデッセイ」「グレイス」「ジェイド」「シビック」「アコード」「CR-V」「クラリティ」などの合計25車種だ。市場での不具合件数は394件。なお、同日にホンダオブアメリカも低圧燃料ポンプが原因で「NSX」のリコールを届け出ている。

 不具合が起きる低圧燃料ポンプはインペラ(樹脂製羽根車)の成形条件が不適切なため、樹脂密度が低くなり燃料によって膨潤して変形することがある。インペラがポンプカバーと接触して燃料ポンプが作動不良となり、走行中エンストに至る恐れがある。全車両、低圧燃料ポンプを対策品と交換する。

リコール対象の低圧燃料ポンプ[クリックで拡大] 出所:国土交通省

ブレーキオペレーティングシミュレーターの改善対策も

 ホンダは同日、ブレーキオペレーティングシミュレーターの改善対策も届け出た。電動サーボブレーキシステムのブレーキオペレーティングシミュレーターの製造工程が不適切なため、製造時に使用する組み付け油が圧力センサー内に浸入することがある。そのため、センサーの抵抗部が腐食して出力値が異常となる。警告灯が点灯するとともに、フェイルセーフが働いてブレーキペダルの操作力が増大する恐れがある。

 2018年7月2日〜2022年3月1日に生産された14車種52万5568台が対象となる。タイで生産されている「アコード」(6625台)でも同様の改善対策を届け出ている。これらは改善対策を2023年3月31日に届け出ているが、新たな原因が判明したため改善内容を変更して再度届け出を行った。

改善対策の対象となるブレーキオペレーティングシミュレーター[クリックで拡大] 出所:国土交通省

→その他の「製造マネジメントニュース」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.