ニュース
» 2023年12月11日 15時00分 公開

リアルタイムPCR技術を基にした全自動遺伝子解析装置を発売医療機器ニュース

ロシュ・ダイアグノスティックスは、リアルタイムPCR技術を基に、操作性と機能性を向上させた遺伝子解析装置「LightCycler PRO システム」を発売した。リアルタイムPCR法を原理とし、核酸の増幅、検出、結果解析を自動で実施する。

[MONOist]

 ロシュ・ダイアグノスティックスは2023年11月20日、リアルタイムPCR技術を基に、操作性と機能性を向上させた遺伝子解析装置「LightCycler PRO システム」を発売した。リアルタイムPCR装置「LightCycler」シリーズでは初めて、医療機器として販売する。

キャプション 「LightCycler PRO システム」使用イメージ[クリックで拡大] 出所:ロシュ・ダイアグノスティックス

 リアルタイムPCR法を原理とし、核酸の増幅、検出、結果解析を自動で実施する。DiagnosticモードとRUOモードの2つのワークフローを搭載し、臨床応用や研究など、用途に応じて切り替えられる。

 2005年に発売したリアルタイムPCR装置「LightCycler480」の高性能な光学モジュールやサーマルサイクラーの性能を踏襲しつつ、結果の精度向上を図るため、温度均一性を改良した。カスタマイズ可能な7チャンネルマルチプレックスと、交換可能な96/384ウェルサーマルサイクラーを採用している。

 また、操作を簡便化するため、15.6型の大画面タッチパネルを搭載。臨床検査情報システム(LIS)への接続が可能で、情報のインポートや検査結果のエクスポートにより、正確なデータを効率的に導き出せる。

キャプション 「LightCycler PRO システム」の外観[クリックで拡大] 出所:ロシュ・ダイアグノスティックス

 なお、同日付で理化学機器「LightCycler PRO System」を発売。日本ジェネティクスが販売する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.