ニュース
» 2023年06月28日 13時00分 公開

セパレータ保持器を採用、射出成形機用ボールねじ支持転がり軸受を発表FAニュース

NTNは、射出成形機用ボールねじ支持転がり軸受「IMT軸受」を発表した。分割してボールの間に装着するセパレータ保持器を採用し、長寿命化と高速回転対応を両立している。

[MONOist]

 NTNは2023年6月13日、射出成形機用ボールねじ支持転がり軸受「IMT軸受」を発表した。分割してボールの間に装着するセパレータ保持器を採用し、長寿命化と高速回転対応を両立している。

ボールねじ支持転がり軸受「IMT軸受」 ボールねじ支持転がり軸受「IMT軸受」 出所:NTN
「IMT軸受」の構造 「IMT軸受」の構造 出所:NTN

 IMT軸受は、ボールのサイズや個数などの内部設計を見直すことで、同社従来品に比べ、アキシアル基本動定格荷重が約1.2倍、定格寿命が約1.7倍、許容回転速度が約1.8倍に向上した。これにより、高負荷容量と高速回転対応が可能になった。

「IMT軸受」断面図 「IMT軸受」断面図 出所:NTN

 また、セパレータ保持器を採用し、内部空間容積が同社従来品比で約30%増加。軸受の寸法を変えず、軸受の片側にシールを装着でき、グリースの飛散を防止できる。グリース充填量の増加も可能で、グリース寿命の向上につながる。従来のシール無し軸受からの置き換えにも対応する。

使用箇所 使用箇所(赤丸部分) 出所:NTN

⇒その他の「FAニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.