ニュース
» 2022年06月15日 07時30分 公開

NTNが「しゃべる軸受」を開発、センサーと発電/無線ユニットを内蔵FAニュース

NTNは、センサーと発電ユニット、無線デバイスを軸受に内蔵することで、温度、振動、回転速度の情報を無線送信する「しゃべる軸受」を開発した。装置内部に組み込まれる軸受がセンサーを内蔵するとともに、発電デバイスによって軸受の回転時に得られる電力を用いて無線デバイスを動作させ、センサーデータを自動で無線送信できる。

[朴尚洙,MONOist]

 NTNは2022年6月14日、センサーと発電ユニット、無線デバイスを軸受に内蔵することで、温度、振動、回転速度の情報を無線送信する「しゃべる軸受」を開発したと発表した。装置内部に組み込まれる軸受がセンサーを内蔵するとともに、発電デバイスによって軸受の回転時に得られる電力を用いて無線デバイスを動作させ、センサーデータを自動で無線送信することにより“しゃべる”ことができるというコンセプトである。

NTNが開発した「しゃべる軸受」 NTNが開発した「しゃべる軸受」。写真はサンプル品で、実際の商品では、半周分だけ見えている電子回路基板は回路保護剤で覆われている[クリックで拡大] 出所:NTN

 しゃべる軸受は、寸法と負荷容量を変更することなく、標準軸受にセンサーと発電ユニット、無線デバイスを内蔵している。軸受の内輪と外輪の間に組み込まれている転動体を覆う保持器の円周上に電子回路基板を設置し、さらにその表面を回路保護剤で被覆している。この電子回路基板にセンサーと発電ユニット、無線デバイスの機能を集積している。

「しゃべる軸受」の構造 「しゃべる軸受」の構造[クリックで拡大] 出所:NTN

 標準軸受と寸法、負荷容量が同じなので、既存設備に使用されている軸受を置き換えることが可能だ。装置や設備の状態監視を行う際、センサーを外付けすることが多いが、しゃべる軸受を使えば、装置や設備の内部で起こる変化を感度良く検出できるのでより早期に異常を診断できる。電源供給やデータ送信のためのケーブルも不要なので、軸受の状態監視を容易に実現できるとする。

「しゃべる軸受」の利用イメージ 「しゃべる軸受」の利用イメージ[クリックで拡大] 出所:NTN

 NTNは、しゃべる軸受のテストマーケティングを開始し、具体的なニーズの探索と市場への提案を進める計画。まずは、生産設備で多く使用されている深溝玉軸受の商品化を進め、その後適用する軸受の種類や品番などを段階的に拡大する予定である。

 同社はこれまでに、2014年に開発した大型風力発電用軸受の状態監視システムが多くの顧客に採用されている他、工作機械主軸用のセンサー内蔵軸受ユニット、産業用IoT(モノのインターネット)プラットフォーム向け軸受診断アプリ、NTNポータブル異常検知装置などを開発し、軸受の状態監視に関する技術を高めてきたという。

⇒その他の「FAニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.