ニュース
» 2023年02月17日 06時00分 公開

ASEANのEV需要を受けてミニキャブミーブを現地生産、2024年からインドネシアで電動化

三菱自動車は軽商用EV(電気自動車)「ミニキャブ・ミーブ」を2024年からインドネシアで生産する。

[齊藤由希MONOist]

 三菱自動車は2023年2月16日、軽商用EV(電気自動車)「ミニキャブ・ミーブ」を2024年からインドネシアで生産すると発表した。同モデルの海外生産は初めて。

 ミツビシ・モーターズ・クラマ・ユダ・インドネシアでミニキャブ・ミーブを生産する。軽商用EVは、物流のラストワンマイルの脱炭素化に向けた「最適解」だと位置付けている。ASEANでのEVの需要が高まっていることを受けて、現地生産を決めた。

インドネシア・インターナショナル・モーターショー2023で披露したミニキャブ・ミーブ[クリックで拡大] 出所:三菱自動車

 ミニキャブ・ミーブは生産を終了していたが、物流や自治体での脱炭素のニーズを受けて日本では2022年11月から販売を再開。三菱UFJ銀行と協業して、法人向けの提案を強化している。

 他の自動車メーカーも軽商用EVを市場投入する。スズキ、ダイハツ工業、トヨタ自動車、CJPT(Commercial Japan Partnership Technologies)は、2023年度に軽商用バンタイプのEVを投入する。ホンダは2024年に軽商用バン「N-VAN(エヌバン)」をベースにしたEVを発売する。

→その他の「電動化」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.