ニュース
» 2022年12月08日 07時30分 公開

ホンダの軽EVは2024年発売、走行距離200km、200万円以下で電動化

ホンダは2022年12月7日、軽商用EV(電気自動車)を2024年春に発売すると発表した。発売に向けて、さまざまなビジネスの現場で実用性の検証を実施する。

[齊藤由希MONOist]

 ホンダは2022年12月7日、軽商用EV(電気自動車)を2024年春に発売すると発表した。発売に向けて、さまざまなビジネスの現場で実用性の検証を実施する。

軽商用EVのプロトタイプ[クリックで拡大] 出所:ホンダ

 新型軽商用EVは2018年から販売している軽商用バン「N-VAN(エヌバン)」をベースとする。1回の充電での走行距離は200kmを目標としており、事業用だけでなく、日常の買い物や通勤通学、趣味などもカバーする。価格は200万円以下に設定し、EVの普及につなげる。

 N-VANの特徴である大容量の荷室空間、助手席側をセンターピラーレスとすることによる大開口、室内アレンジのしやすさなどを、新型軽商用EVでも踏襲する。さらに、EVならではの静粛性や、停止と発進を繰り返す交通環境に適した力強い加速を実現していく。

N-VANの室内レイアウト。新型軽商用EVでもその特徴を継承する[クリックで拡大] 出所:ホンダ

 ホンダはカーボンニュートラルの実現に向けて、2030年までに四輪車で30車種のEVを展開する計画だ。新型軽商用EVはその計画のうちの1車種となる。日本市場で軽自動車の需要が大きいことや、商用車の電動化ニーズが高いことを受けて、日本では軽EVの中でも商用バンタイプをまず投入し、軽EVの展開を広げる。

→その他の「電動化」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.