まとめ
» 2022年11月01日 12時30分 公開

ソニーとEV電子ブックレット(オートモーティブ)

MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、ソニーの自動車の取り組みをまとめた「ソニーとEV」をお送りします。

[MONOist]

MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、ソニーの自動車の取り組みをまとめた「ソニーとEV」をお送りします。

ソニーとEV

ダウンロードはこちらから

 2020年1月、ソニーがEVのコンセプトカーを披露して自動車業界を驚かせました。2022年春には、ホンダと共同出資で新会社を設立し、ソニーとホンダで共同開発したEVを2025年に発売する計画も明らかになりました。そもそもソニーはどんな思いで自動車の取り組みを発信するようになったのでしょうか。2020年からのソニーの動きを振り返ります。

ダウンロードはこちらから

【主な内容】
 ・ソニー・ホンダモビリティは合計800TOPSの高性能SoCを採用、自動運転はレベル3
 ・ソニーとホンダの新会社は「ソニー・ホンダモビリティ」、CEOはホンダ水野氏
 ・ホンダとソニーは2025年に何を発売? 他社と共同開発中のサービスとのすみ分けは
 ・ソニーが2台目のEVを披露、レベル2の自動運転や5Gによる遠隔操作も開発中
 ・ソニーが本気で取り組む自動車開発、間近に見たケータイの勢力図変化が背景に
 ・ソニーが描く“走るコンピュータ”としてのクルマ
 ・ソニーがクルマを作ったのは「車両のシステムアーキテクチャまで理解するため」

・ブックレットは無料でお読みいただけますが、TechFactoryの利用登録および、メールマガジンの購読が必要です。
・電子ブックレットはPDFファイルで作成されています。
・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.