まとめ
» 2022年05月09日 12時00分 公開

2022年注目のEV電子ブックレット(オートモーティブ)

MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、2022年に登場するEVに関する記事をまとめた「2022年注目のEV」をお送りします。

[MONOist]

MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、2022年に登場するEVに関する記事をまとめた「2022年注目のEV」をお送りします。

2022年注目のEV

ダウンロードはこちらから

 2022年はさまざまなEVが本格的に登場します。トヨタ自動車、日産自動車、スバル、三菱自動車といった日系自動車メーカーからはもちろん、アウディ、日本に再参入するヒョンデなども新型EVを投入します。海外では、“ワーゲンバス”のEV版も登場します。

ダウンロードはこちらから

【主な内容】
 ・トヨタのEV「bZ4X」はKINTOやリースで、リユース前提にバッテリーを確実に回収
 ・スバル「ソルテラ」の販売目標は月販150台、最上級モデルは682万円
 ・コンセプトカーそのままに、日産の新型EV「アリア」は2021年発売
 ・エンジン車と同じ室内空間や最低地上高をEVで、「K-EV concept X Style」
 ・現代自動車がEVとFCVで日本再参入、アリアbZ4Xソルテラの競合モデルを展開
 ・アウディが「Q4 e-tron」を発表、「2025年に日本でEV1万台」に向けて一歩
 ・“ワーゲンバス”がEVに、「ID.BUZZ」は欧州で2022年秋発売、北米にも展開

・ブックレットは無料でお読みいただけますが、TechFactoryの利用登録および、メールマガジンの購読が必要です。
・電子ブックレットはPDFファイルで作成されています。
・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.