まとめ
» 2022年08月22日 12時00分 公開

Commercial Japan Partnership Technologies(CJPT)の歩み電子ブックレット(オートモーティブ)

MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、乗用車メーカーと商用車メーカーによる共同出資会社の活動を振り返る「Commercial Japan Partnership Technologies(CJPT)の歩み」をお送りします。

[MONOist]

MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、乗用車メーカーと商用車メーカーによる共同出資会社の活動を振り返る「Commercial Japan Partnership Technologies(CJPT)の歩み」をお送りします。
【追記】日野自動車はエンジンの認証試験における一連の不正を受けて、2022年8月24日付でCJPTから除名されました。ブックレットでまとめた記事は全て公開当時の情報です。

Commercial Japan Partnership Technologies(CJPT)の歩み

ダウンロードはこちらから

 Commercial Japan Partnership Technologies(CJPT)は、トヨタ自動車、日野自動車、いすゞ自動車の3社による共同出資会社として2021年春に発足しました。商用車向けの電動化や環境技術、自動運転、シェアリング、コネクテッドサービスなどを企画しています。このブックレットでは現在までの活動を振り返ります。

ダウンロードはこちらから

【主な内容】
 ・トヨタのバックアップでいすゞと日野が協力、「3社だからこそできる商用車の課題解決を」
 ・スズキダイハツは脱炭素時代も「ゲタを極める」、大型車と軽の商用車連合で
 ・大型商用車に水素エンジン、トヨタいすゞ日野デンソーが企画と基礎研究をスタート
 ・軽商用EVを2023年度に市場導入、スズキダイハツトヨタで共同開発
 ・ヤマトとCJPTで商用EV用交換式バッテリーを規格に、軽バンから小トラまで共通化
 ・商用車メーカーは、なぜ積極的にライバルと組めるのか

・ブックレットは無料でお読みいただけますが、TechFactoryの利用登録および、メールマガジンの購読が必要です。
・電子ブックレットはPDFファイルで作成されています。
・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.